テーマ部門別 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

日本人英語教師の英語観
―「国際語としての英語」を中心として―

東京都/立教大学大学院 在籍 行森 まさみ

▼研究概要
本研究では,日本人英語教師の「国際語としての英語」に対する意識とそれを構成する要因を検証し,教師の英語観の実態を明らかにすることを目的としてアンケート調査を行った。調査協力者は288名の高校教師で,t検定と探索的因子分析を用いて結果分析を行ったところ,英語でのコミュニケーション実践において,NS により強い意識を置いていることがわかった。その理由を表す英語観には,規範主義や英語圏への文化的関心,英語への言語学的関心,英語教育の知識志向および実用志向があることが明らかになった。自由記述回答では,実用性を重視する近年の英語教育の傾向が過度に進むことへの懸念も見られ,学校という場における英語教育のあり方を問うものもあった。そのような立場からすると,NNS として,NS だけではなく,より広く NNS とのコミュニケーションをも意識した「国際語としての英語」という概念は,実用主義を単に強化するものとしてとらえられる可能性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
世界諸英語
研究関連テーマ
EFL(English as a Foreign Language)
英語観
テスト・分析方法
因子分析
自由記述アンケート
5件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

Peer Coaching が授業改善に与える影響・効果の検証
―拠点校・協力校制度の中での英語教師の意識―

秋田県/大仙市立大曲中学校 教諭(兼)教育専門監 吉澤 孝幸

▼研究概要
本研究は、同僚とのティームティーチングを通した授業改善であるPeer Coachingの影響・効果を「拠点校・協力校制度」の中で検証しようとしたケーススタディである。実践の切り口として、暗記や原稿を読み上げて話すスタイルからの脱却をめざした「メモに基づいたスピーキング指導」を設定し、授業改善を拠点校と協力校で共通実践した。これらの実践項目を、拠点校から協力校へ波及させる際に、教員が受ける影響・効果は拠点校と協力校の間で、どの程度違いが生じるのかどうかについて教師や生徒への質問紙などを中心として調査した。この実践で取り入れた指導に対する「肯定の度合い」は3校の間で有意な違いはないものの、Peer Coachingの実施回数に起因すると思われる違いは認められた。また、協力校の教員はPeer Coachingに対してどのような意識を持っているか、この点についても明らかにすることを試みた。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
ティームティーチング
研究関連テーマ
Can-do リスト
授業計画
スピーキング指導
ティームティーチング
プレゼンテーション
テスト・分析方法
授業観察
4件法アンケート
必要技能
リーディング
スピーキング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

新旧中学検定教科書のメタ分析
―語用論的観点からのテキスト分析―

東京都/上智大学大学院 在籍 日浅 彩子

▼研究概要
本研究は、平成20年に改定された新学習指導要領の影響を調査目的とし、学習指導要領が規定する「言語の働き」という項目に着目して、教科書会話文の言語機能としての取り扱いのされ方、すなわち語用論的観点に着目して教科書の新旧比較を行い、指導要領の改訂と教科書の変化の関係について検証した。中学3年生の英語教科書6種のうち、会話文を対象に、指導要領「言葉の働き」の具体例の項目を基にして類型化し、主として量的な分析を行った。分析の結果、「言葉の働き」の扱いについて、教科書間で共通した変化の傾向は見られなかった。指導要領による「言葉の働き」の取り扱いに対する教科書への直接的な影響はなかったということが示唆されたのである。本研究の結果を基に、「言葉の働き」にも十分な配慮をした教科書の作成が望まれる。
▼キーワード
研究対象
教科書
研究メインテーマ
検定教科書
メタ分析
研究関連テーマ
学習指導要領(中学校)
検定教科書
語用論
テスト・分析方法
-
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

定時制高校における英語学習にかかわる学習者要因
―ビリーフと動機づけに注目して―

神奈川県/厚木清南高等学校定時制 教諭 小金丸 倫隆

▼研究概要
本研究では、高等学校定時制課程に在籍する生徒による英語学習にかかわる学習者要因について、英語学習についてのビリーフ(学習観)や動機づけに注目して調査した。具体的には、高等学校定時制課程に通う生徒148名対象に、「英語学習についてのビリーフ」と「英語学習への動機づけ」についてアンケート調査を行い、探索的因子分析および共分散構造分析を用いて結果を分析した。生徒による自由記述も参考にしながら考察したところ、英語によるコミュニケーションに対して肯定的なビリーフを抱いている生徒が比較的多い反面、従来の英語授業に対しては否定的なビリーフを抱いている生徒が比較的多いことや、自らの英語力について否定的なビリーフを抱いている生徒が多いことなどがわかった。また、英語によるコミュニケーションに関してどのようなビリーフを抱いているかということが、英語学習への動機づけの度合いに大きく影響していることなども明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
定時制高校
研究関連テーマ
外発的動機づけ
コミュニケーション
自己効力感
内発的動機づけ
ビリーフ
テスト・分析方法
確認的因子分析
共分散構造分析
自由記述アンケート
探索的因子分析
4件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

新課程版高校検定教科書における英検 Can-do リストと関連のあるタスク【共同研究】

新潟県/長岡工業高等専門学校 准教授 田中 真由美

▼研究概要
本研究では「英検 Can-do リスト」、英語教科書に見られるタスク、そしてパフォーマンス評価の関係を明らかにし、教材、指導そして評価のあり方について示唆を得ることを目的として2つの調査を行った。調査1では、「コミュニケーション英語Ⅰ」と「英語表現Ⅰ」の検定教科書における「英検 Can-do リスト」と関連のあるタスク数を調査した。その結果、教科書内の「書く」タスクと「話す」タスクのほとんどが「英検 Can-do リスト」の「まとめ表現」と関連することがわかった。調査2では教科書のタスクが英語の授業でどのように修正されているかを調べた。教科書のタスクはそのまま使われるのではなく、話題の修正やパフォーマンス評価基準の設定により生徒の実生活や英語力に合った難易度に変えられることがわかった。
▼キーワード
研究対象
教科書
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
検定教科書
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
学習指導要領(高等学校)
学習到達目標
検定教科書
コミュニケーション
テスト・分析方法
インタビュー
質問紙法(アンケート)
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

日本とフィンランドにおける英語教育の比較

東京都/上智大学大学院 在籍 中村 啓子

▼研究概要
英語が国際社会で共通語として使用されることが多い現代では、日本と同様フィンランドでも多くの人々が英語を学んでいる。日本語の言語の系統は不明であるが、フィンランド語はウラル・アルタイ語族に分類され、両言語ともインド・ヨーロッパ語族に属すると考えられている英語とは語族が異なる。両国では英語を外国語として学習する環境にあるものの、その英語力には差があるように見える。例えば、両国のTOEFL iBT(January 2012からDecember 2012まで)の結果では、フィンランドはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの平均スコアが95(フルスコアは120)という好成績である。これは、英語と同じインド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に分類されるドイツ(スコア96)やデンマーク(スコア98)に近い水準である。一方、日本の平均スコアは70で、アジア30か国中、下から3番目の成績である。そこで、本研究では、フィンランドの英語教育の現状を調べる一方、日本の現状や英語教員25名を対象としたアンケート調査の結果を比較しながら、日本の英語教育における課題と向上のヒントを探りたい。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
フィンランドの英語教育
研究関連テーマ
ノングレイドカリキュラム
テスト・分析方法
5件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

海外インターンシップと事前研修が日本人英語学習者に与える英語学習の動機・英語能力試験への影響

東京都/東京工業高等専門学校一般教育科 専任講師 樫村 真由

▼研究概要
本研究は、高等専門学校における海外インターンシップとその事前事後学習が、海外インターンシップおよび本調査に参加した学生の英語学習・使用の態度およびモチベーション、英語運用能力試験、英語運用能力の自己評価に与える影響を検証したものである。 本調査には、学生の英語学習・使用の態度およびモチベーションを測るために、GardnerのAttitude / Motivation Test Batteryに手を加えたリッカート形式のアンケートが、英語運用能力の測定には、TOEICと同形式の問題が、学生自身の英語運用能力自己評価を測るためには、TOEIC Can-Do Listを高等専門学校用に加筆修正した高専版Can-Do Listが使用された。 インターンシップ参加前と参加後のデータを統計学的に分析したところ、海外インターンシップ参加者のインターンシップ参加後の英語使用への不安が減少し、英語運用能力試験の達成度に向上が見られた。また、学生自身の英語運用能力の自己評価にも改善が見られた。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
海外インターンシップ
研究関連テーマ
英語運用能力
世界諸英語
テスト・分析方法
TOEIC
t検定
5件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

在外日本人学校の高校生の持つ特異性の検討と新たな教育活動の提案
―学習ビリーフ,学習動機,学習ストラテジーに着目して―

中国/上海日本人学校高等部 教諭 関谷 弘毅

▼研究概要
本研究では、在外日本人学校高校生に対して効果的に機能する教育活動を模索し、それとともに在外日本人学校の高校生が持つ学習ビリーフ、学習動機、学習ストラテジーを日本の一般の高校生と比較検討をした。 調査1では、語学力研鑽のための宿泊合宿プログラムを実施し、参加者の学習観、学習動機、情緒要因に与える影響を検討した。その結果、文法に対する意識が高まり、正確に英語を理解し使おうとする態度が高まる傾向が見られた。 調査2では、在外日本人学校の高校生が持つ学習ビリーフ、学習動機、学習ストラテジーを日本の一般の高校生と比較検討した。その結果、日本の高校1年生の方が上海日本人学校高等部2年生よりも文法を重視する傾向が高かった。また、他人につられて学習行動をとりがちであることを示す「関係志向」が在外日本人学校の高校において、2年生の方が3年生より高かった。今後、現地語をESLの習得と同じ環境で学ぶ在外日本人学習者にとって、その経験が英語学習にも影響を与えるという視点を持って研究がなされることが望まれる。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
在外日本人学校
研究関連テーマ
ESL(English as a Second Language)
学習動機
情意面
テスト・分析方法
t検定
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
プレゼンテーション
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中等教育現場に有意な資格試験のあり方に関する研究
―実用英語技能検定とTOEIC,その他資格試験との比較,および今後における課題―

三重県/日生学園第一高等学校 教諭 山西 敏博

▼研究概要
本論は以下の8点に対して分析を行い、提言をしていくことを研究目的とする。 1.英検とTOEIC.TOEIC Bridge、工業英検における中等教育現場に対する有益性 2.英検の優位性:英検とセンター試験との関連性、TOEICとの比較 3.英検のTOEIC、TOEIC Bridgeと比較しての課題 4.英検の中等教育現場への取り組み方 5.中等教育学校現場の教員が欲している資料 6.保護者に対して有益性を訴える資料 7.その他に対する意見・提言 8.総括:課題と提言 これらに関して、外部試験として定評のある資格英語試験である英検とTOEIC(Bridge)を、大学入試センター試験英語科目との獲得得点などの相関性と比較検討しながら、今後の指標としていくことをめざす。 その結果、英検は中等教育現場において、語彙や学習内容項目他の点でTOEICやTOEIC Bridge、その他の試験よりも優位性を示すことがわかった。
▼キーワード
研究対象
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
資格試験
研究関連テーマ
語彙
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(スピーキング)
英検問題(ライティング)
英検問題(リスニング)
英検問題(リーディング)
センター試験
必要技能
-
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級
英検5級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

英文読解力評価のための英文和訳テストの信頼性と妥当性

大分県/大分県立大分上野丘高等学校 指導教諭 麻生 雄治

▼研究概要
日本の高等学校における英語教育において、英文和訳テストは多用されているにもかかわらず、これまで英文和訳テストの信頼性や妥当性について検討した研究は少ない。 そこで、本研究では、日本人高校生の英文和訳テストの解答サンプルを用いて、現職高校英語教員がどのように採点するかを調べ、評価者間信頼性と評価者内信頼性を検討した。 さらに、多肢選択クローズテストの結果と比較し、基準連関妥当性を調べた。その結果、評価者間信頼性、評価者内信頼性ともに比較的強い相関関係があることがわかったが、かなり低い相関も見られ、採点結果は絶対的なものではなく、採点者に依存することがわかった。 また、英文和訳テストと多肢選択クローズテストとの比較においては、強い相関関係は認められず両者のテストでは読解力の測定する部分が異なっているということが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
英文読解力評価
研究関連テーマ
評価者間信頼性
評価者内信頼性
リーディング能力
テスト・分析方法
英文和訳テスト
多肢選択式テスト
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

海外留学は学習者の何を変えるのか
―英語圏長期留学が学習者の情意面に与える影響を探る―

大阪府/関西大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC・在籍 植木 美千子

▼研究概要
本研究では、海外留学前・後に収集した質問紙データを用いて、大学生英語学習者のL2学習にかかわる情意(L2動機、L2不安、自己効力感)の変化を、L2 Motivational Self Systemの枠組みを用いて調べ、海外留学の効果を情意面から検証した。 本研究の参加者は、1年間の海外留学プログラムに参加した日本人大学生英語学習者151名。彼らに、留学前・後において質問紙調査を実施し、データを得た。これらのデータをもとに多母集団同時分析を行った結果、 1)留学前においては、理想L2自己(L2学習者としてこうなりたいと思う理想自己像)がL2動機の主な原動力だったのに対し、留学後は自己効力感もあわせて原動力として作用すること、 2)留学前は、義務L2自己(L2学習者としてこうならなければならないと思う義務自己像)はL2不安に強い正の影響を与えていたが、留学後では、L2不安ではなく、L2動機づけの方に正の影響を与える傾向があること、 3)留学前は、L2不安がL2動機づけに負の影響を与えていたが、留学後には、ほとんど影響がなくなったこと、そして 4)留学後にL2動機が有意に向上し、また、多くの要因によって、より安定した状態で支えられていることなどが、本研究から明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
海外留学
研究関連テーマ
コミュニケーション
自己効力感
情意面
動機づけ
テスト・分析方法
共分散構造分析
質問紙法(アンケート)
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

小学校外国語活動嫌いを誘発させる要因
―学習者の質的データと量的データの分析を中心に―

和歌山県/和歌山大学教育学部附属小学校 教諭 辻 伸幸

▼研究概要
児童たちの外国語活動嫌いに焦点を当てた研究は数が少なく、児童の個性や学習環境を熟知している小学校教員の視点から客観的になされたものは.ほとんどない。本研究では、その小学校教貝が外国語活動嫌いを誘発させる要因を量的研究と質的研究の両アプローチで明らかにしようとした。 量的研究では、外国語活動嫌いとは対極である好意的因子を探るための因子分析を行い第1因子「英語運用力向上希望因子」をはじめとする5つの因子を特定することができた。質的研究では、量的研究のデータから外国語活動嫌いの児童と嫌いでも好きでもない児童を特定し個別にインタビュー調査を行った。その中で、外国語活動のさまざまな活動で嫌いな場面や好きな場面を特定し理由も聞き出すことができた。外国語活動嫌いでは、英語のスキル面、指導方法、指導内容の順位で嫌いにさせる要因を特定した。また、外国語活動嫌いの児童たちは、授業中ほめられる経験が少ないことも判明した。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
英語嫌い
小学校英語活動
研究関連テーマ
英語運用能力
学習指導要領(小学校)
テスト・分析方法
インタビュー
主因子分析
5件法アンケート
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

高等学校ライティング教科書における「書くこと」の課題比較分析

茨城県/筑波大学大学院 博士後期課程・在籍 小早川 真由美

▼研究概要
高等学校ライティング教科書23冊における「書くこと」の課題を分類し、どのような課題が教科書内で多用されているのか、それらの課題は学習指導要領が求めるライティング能力を育成するのに適切な課題か、分析を行った。各ライティング教科書では制限作文や和文英訳の課題が多く設定されていたが、全体的な特徴として、誘導作文と自由英作文の課題の占める割合は少なかった。さらに、現行の学習指導要領の記述内容がどのように教科書内でライティング課題として具現化されているか、検証した。自由英作文の課題として、自分の考えなどを整理して書く活動や、文章の構成や展開に留意しながら書く活動は設定されていたが、書き直す活動や読み手を想定して書く活動を設定している教科書は少なかった。そのため、教科書内の自由英作文の課題にこのような書く活動を取り入れていくことにより、「実践的コミュニケーション能力」の育成を支援する必要があると示唆される。
▼キーワード
研究対象
教科書
研究メインテーマ
検定教科書
研究関連テーマ
学習指導要領(高等学校)
コミュニケーション能力
テスト・分析方法
Χ²検定
自由英作文
和文英訳テスト
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

高校生の会話における対人コミュニケーション指導の効果

東京都/立教大学大学院 博士課程・在籍 行森 まさみ

▼研究概要
本研究の目的は、(1)高校生の英語での会話における対人コミュニケーションへの意識と動機づけの関係、(2)指導・練習という教育介入を受けることによる、意識と動機づけの変化を明らかにすることである。(1)については、言語行動よりも非言語行動により多く依存しており、「話し手として相手に返してもらえるような話題選びや話し方」、「聞き手として、興味・関心を示しながら質問をする」などという相手にも話しやすい配慮をするという点において特に改善の余地が見られ、それらは動機づけとも関係していた。(2)については、指導・練習後、言語行動に対する意識の高まりが確認され、実際の会話にもそれが表出している例が見られた。しかし動機づけについては、教育介入による意識の変化のみが動機づけに影響を与えているとは言いきれないことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
コミュニケーション指導
研究関連テーマ
コミュニケーション
動機づけ
テスト・分析方法
t検定
スピーキングテスト
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

読解ストラテジー調査と語彙ストラテジー調査から見る自立的学習者の傾向について

新潟県/新潟県立長岡工業高等学校 教諭 根本 栄一

▼研究概要
新潟県立柏崎翔洋中等教育学校SELHi研究『自立的・自発的学習者の育成を目指した中高一貫リーディングプログラムの開発』は、英検2級取得者は自立的学習者である、と定義づけ、研究を行ったが、統計的に定義を実証するに至らなかった。今回はその継続研究として、英検2級取得直後と2級取得後1年経過した同じ生徒の読解および語彙ストラテジー意識調査を分析し、生徒が自立的学習者となりうる転換点を探し出すことを目的とした。各ストラテジーから3要因[トップダウン(TD)、トップダウン+ボトムアップ(TD+BU)、ボトムアップ(BU)]の計6つの質問項目群を抽出し、分析を行った。その結果、2級取得直後と2級取得1年後でともに整合性が示された質問項目は読解BU、語彙BU、読解TD+BUの3群であった。次に読解と語彙ストラテジー意識の変化を検討するため、下位尺度得点の平均点を比較した。この結果、読解TD(r = .50、p < .01)、読解TD+BU (r=. 77、p<.001).語彙TD(r= .51、pく.001)、語彙TD+BU(r=.63、p<.001)の4群で有意であったが、読解BUと語彙BUでは有意でなかった。最後に読解および語彙の下位尺度聞における2級取得直後と1年後の関係を検討し、読解と語彙との問で中程度の相関が認められた。認知ストラテジーならびにメタ認知ストラテジー意識の変容は.自立的学習者の特徴である、スキルの自動化が図れるレベルに達しておらず、2級取得1年後では英文読解における自立的学習者への変容は期待できないと結論づけた。
▼キーワード
研究対象
高校生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
自立学習
研究関連テーマ
自立学習
ボトムアップ処理
メタ認知
テスト・分析方法
クラスター分析
主因子分析
テューキー法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

中学校検定教科書で学習される語彙,学習されない語彙
―延べ語数、異なり語数、語彙レンジの視点から―

東京都/日野工業高等学園 教諭 村岡 亮子

▼研究概要
本研究の目的は,1)中学英語教科書に出現する語彙の特徴を明らかにすること,2)それをもとに指導者が学習者に適切な語彙指導を行う助けとなる資料を提供すること,である。英語学習において語彙習得の必要性は言うまでもないが,本格的な英語学習入門期である中学校での教科書を使用した語彙学習は特に重要だと考えられる。  本研究では,6社の教科書を2つの視点から調査した。まず,各社の教科書に出現する異なり語数(token),品詞の割合,各社にまたがって出現する語彙のレンジを調査し,6社の教科書に出現する語彙の特徴を明らかにした。次に,最も異なり語の出現が多かった SUNSHINE ENGLISH COURSE 1-3. の延べ語数(total)を調べ,語彙の出現頻度を調査した。また,出現回数が多いほど語彙を習得できるという仮説のもと,反復回数別に語彙を集計し,学習されやすいと思われる語とそうでない語を分類した。  研究の結果,中学英語教科書に出現する語彙には以下のような特徴があることが明らかになった。 1) 使用する教科書によって,学習する語彙に相当なばらつきが出る。 2) 6社の異なり語の品詞の割合はほぼ同じである。特徴的な違いは名詞である。異なり語を多く扱っている教科書は名詞の割合が高い。 3) SUNSHINE ENGLISH COURSE 1-3. に関して,繰り返しの回数が多く学習効果が高いと思われる語は全体の約24%,比較的効果があると思われる語は全体の約7%であり,この2つの合計でも31%程度である。 4) 以上のことから,語彙指導には特に注意を払わなければ中学生の語彙力は不足する傾向だと言える。
▼キーワード
研究対象
教科書
研究メインテーマ
検定教科書
研究関連テーマ
異なり語数
語彙指導
テスト・分析方法
-
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

授業を見つめる視点
―教員や生徒には授業がどう見えているか―

岩手県/岩手県立釜石高等学校 教諭 三野宮 春子

▼研究概要
本調査は,教員と生徒が授業のどの要素に注目し,どのように意味づけするかを関心事とする。協力者が自覚的・選択的に言語化した認知情報をデータとして,その内容と表現における一般傾向と個別性を扱う。授業を正確に(間違えて)観察しているかどうかを評価するものではない。  初めに,教員29名と高校生29名の協力を得てVTR視聴を伴う質問紙調査を実施し,自由記述式の回答をカテゴリー分類した。続いて,教員6グループ18名と筆者が視聴 VTRについて協議を行い,そのうち2グループの談話を分析した。  その結果,教員の回答の特徴として,「ねらい-評価」,「導入-展開-終末」など論理的・時間的関係を強く意識することなどが明らかになった。しかし,これらが必ずしも授業理解に役立っていないのではないかという疑問が生じた。一方,協議からは,相互作用の中で協力者が自身のビリーフを対象化しスキーマの特徴を自覚する様子を報告する。さらに,質問紙の回答,協議の発話それぞれに特徴的だった表現使用を比較する。  以上をもとに,「教員が授業を見る・理解する」ことの意味を考察する。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
授業研究
研究関連テーマ
英語運用能力
授業計画
ビリーフ
テスト・分析方法
自由記述アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英語授業における教師の考えとコミュニケーション志向との関連
―教師をめざす大学生が行った模擬授業の分析を中心に―

北海道/旭川実業高等学校 教諭 志村 昭暢

▼研究概要
本研究では教師をめざしている教員養成課程の大学生が行った中学校と高等学校での授業を想定した模擬授業について,Frölich,Spada and Allen(1985)で開発された授業分析手法である,Communicative Orientation of LanguageTeaching Observation Scheme(COLT)を用いて分析し,それぞれの授業におけるコミュニケーション志向の特徴を分析した。その後,分析結果をもとに授業者に面接調査を行い,授業の背景にある授業者のビリーフ(考え)を明らかにした。  結果は授業分析により活動形態,活動内容,学習者の使用技能,教師・学習者の言語使用の観点により,それぞれの学生教師(教育実習生)が行った授業のコミュニケーション志向の特徴を明らかにできた。また,面接調査の分析により,学生教師のビリーフが模擬授業のコミュニケーション志向の特徴に反映されていることが明らかになった。また,各教師が行った模擬授業の背景にあるビリーフも明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
授業研究
研究関連テーマ
コミュニケーション
スピーキング能力
ビリーフ
テスト・分析方法
COLT(Communicative orientation of Language Teaching Observation Scheme)
グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

大学入試英作文の語彙分析
―異なるコーパス間の比較から―

新潟県/長岡工業高等専門学校 教諭 占部 昌蔵

▼研究概要
本研究は,入試英作文の中で出題されることの多い和文英訳問題に的を絞って英文を収集し,それをコーパス化したものを分析し,その特徴を明らかにすること,および,高校生の書いた自由英作文コーパスと比較することによって,それぞれどのような相違点があるのかを探ることであった。主な分析に使用したソフトはAntConcとRangeである。主な分析結果は,次の4点である。 (1) 入試英作文の方が,多くの種類の語を使用しているということ。 (2) 頻度順で上位30位までの分析では,自由英作文の方が,わずかに内容語の使用が上位に来ているということ。 (3) 語彙難度分析では,大きな違いは示されなかったが,入試英作文の方が,難度の高い語をより多く使用しているということ。 (4) 特徴語分析では,自由英作文に比べて入試英作文では what が顕著に使用されており,その品詞が関係代名詞であったということ。  最後に,データ収集の方法やタグ付けなど今後の課題を提示した。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
語彙分析
大学入試
研究関連テーマ
異なり語数
コーパス
語彙力
産出量
テスト・分析方法
コンコーダンス分析
和文英訳テスト
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

チームティーチングにおける構成員のチーム認知の比較研究
―チーム力をつけるための提案―

三重県/三重県立四日市工業高等学校 教諭 橋爪 真理

▼研究概要
JETプログラムのチームティーチングが日本の英語教育に導入されて23年となるが,教育現場ではチームティーチングにやりにくさをいまだに感じている。  本論では,このやりにくさの原因はどこにあるのか,そしてチームをよりよく機能させ,チームワークを高め,教育効果を上げていくにはどうすればよいのか,またやりにくさを解消させるポイントは何かを探索的に考察した。  まず,質問紙を用意して三重県の中学校,高等学校に勤務する日本人英語教師と外国人指導助手に回答を依頼し,その回答結果から因子分析を行い,チームティーチングを構成する4尺度を作成した。次にこの尺度得点を使って,日本人英語教師と外国人指導助手が,チームおよびチーム活動をどのように考えているのか特性を探った。  そして,両者を比較分析することにより,やりにくさの要因を明らかにし,チーム機能を高めるには何を,どのように取り組んでいけばよいのか,可能性をいくつか提案した。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
ティームティーチング
研究関連テーマ
ALT
JETプログラム
JTE
ティームティーチング
テスト・分析方法
因子分析
7件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

「話し手」の英語スピーキング力を促す「聞き手」の育成
―カウンセリング技法、スピーキングテスティング技法教授の効果―

東京都/東京大学大学院教育学研究科 在籍 関谷 弘毅

▼研究概要
本研究は,ペアワークによるスピーキングの学習場面において,聞き手に質問スキルを教授することの話し手のスピーキング力向上への効果とその個人差について,中学生を対象に検討した。質問スキル教授群,事前準備を加えた質問スキル教授群,統制群を設定し実験授業を行った。質問スキル教授の有無,事前準備の有無の対比を用いて検定を行った結果,質問スキルの教授は話し手の発話の複雑さに,事前準備を加えた指導は発話の複雑さ,正確さに効果を持つことが示された。また,学習観を個人差変数とした適正処遇交互作用(ATI)の検討の結果,文法規則を重視する学習者には,事前準備を行った聞き手を相手にした方が発話の流暢さ,正確さ,および知識レベルの文法規則の習得に高い効果が得られた。情緒性格要因に関しては,衝動性が高い学習者にとっては事前準備を行っていない聞き手を相手にした方が,発話の流暢さを高めることが示された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
スピーキング能力
研究関連テーマ
学習動機
スピーキング能力
非言語行動
テスト・分析方法
スピーキングテスト
適正処遇相互作用(ATI)
ピクチャーカード提示課題
文法テスト
プリテスト/ポストテスト
4件法アンケート
5件法アンケート
6件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

中学校・高等学校英語教師の,英語学習動機づけに対する認識に関する調査

兵庫県/兵庫県立西宮南高等学校 教諭 篠原 みゆき

▼研究概要
本研究の目的は英語学習動機づけ方略にかかわり,(1) 日本の英語教師の英語学習動機づけ方略重要認識度と,(2) 方略重要認識度と使用頻度の違いを調査することである。調査に参加したのは,日本全国の中学校・高等学校英語教師762名で,調査は2008年6月から8月に行われた。その結果,(1)については,重要認識度が高い順に,「適切な教師行動」,「適切な活動提示」,「生徒の自信を高める」,「学習活動を面白くする」,「学習習慣の確立を支援する」,「個人の違いに合わせる」,「生徒の自律を高める」,「生徒の努力を認める」,「心地よい教室雰囲気作り」,「グループの結束と規範を高める」,「生徒の目的意識を高める」,「生徒を英語関連価値に親しませる」であった。(2)については,重要認識度に比べて使用頻度が低かったのは「学習活動を面白くする」と「個人の違いに合わせる」で,高かったのは「学習習慣の確立を支援する」と「生徒の努力を認める」,どちらも低かったのは「生徒の目的意識を高める」,「グループの結束と規範を高める」,「生徒を英語関連価値に親しませる」であった。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
動機づけ
研究関連テーマ
学習意欲
動機づけ
内発的動機づけ
テスト・分析方法
6件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

英文の速読力を高めるための指導方法考察

神奈川県/神奈川県立川崎高等学校 教諭 小林 潤子

▼研究概要
入試問題の英文読解の長文化やインターネットの英語での情報収集の必要などから,生徒の速読力をつけさせる指導法が,課題となっている。本実験は,1)継続的な速読の練習の必要性,2)速読の補助に貢献するもの,3)音読などの指導の効果,という課題を中心に速読力を上げるための効果的な指導方法を考えて研究,検証した。  2006年度に行った小規模なリサーチで,継続的な指導で速読力に統計的な有意差が出た結果を踏まえて,2008年にリサーチの規模を拡大して研究をした。読解の助けとなる語彙の提示の方法を変えたり,また,音読やシャドウイングを指導しながら速読指導を行った。2008年でも,事前・事後の速読の速さに有意差は出たものの,それぞれの指導に統計的な有意差は出なかった。音読などの指導をしながらの速読では,速度は伸びたが,有意差は出なかった。その他語彙サイズや読解の助けとなる事項を検討して,速読指導について考察を行う。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
速読
研究関連テーマ
音読
語彙力
シャドーイング
速読
リーディング能力
テスト・分析方法
t検定
英検問題(リーディング)
分散分析
4件法アンケート
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検準2級
英検3級

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

英語活動で ALT が行う授業の調整
―ALTと子供のコミュニケーションの検討に基づいて―

京都府/京都大学大学院 在籍 黒田 真由美

▼研究概要
経験の浅い ALT(Assistant LanguageTeacher)は子供とのかかわり方を工夫するが,授業計画の変更には困難を抱えることが知られている。本研究では,経験を積むことによって,ALTの授業調整がどのように変化するのかを明らかにすることを試みた。公立小学校で行われている5,6年生(全4クラス)の観察に基づき,ALTが主導する英語の授業内容の変化について検討した結果,授業計画を踏まえながら授業内容を取捨選択したり,時間配分を調整する様子がとらえられた。また,子供の反応をもとに臨機応変にかかわり方を変えるだけでなく,長期的な視野に基づいて授業計画を調整することが明らかになった。さらに,初期の授業で持っていた方針の変更を明示することはなかったが,子供に合わせて実質的に方針を変化させ,子供の力に応じた授業となるように子供とのかかわり方を工夫することが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
ALT
研究関連テーマ
ALT
コミュニケーション能力
自己効力感
授業計画
テスト・分析方法
インタビュー
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響
―英語学習歴調査と中学校3年間の英語力追跡調査の分析―

東京都/筑波大学附属中学校 教諭 肥沼 則明

▼研究概要
本研究は,中学校入学以前の英語学習経験が中学校における英語力に及ぼす影響を実証的に明らかにしようとしたものである。入学時ですでに存在する影響を明らかにするとともに,それが中学校3 年間の間にどのように変化するのかを調査した。  具体的な方法は,保護者に対する生徒の英語学習歴をアンケート調査し,その結果をもとに生徒を7つのグループに分類し,グループごとの差を① 音素聞き取りテスト,② 面接テスト,③ 定期考査の各得点で分析した。そして,次のような結果を得た。 ・①では,入門期に帰国子女の得点が小学校英会話授業経験者の得点に対して有意に高かったが,その他のグループ間には差がなく,卒業時には全グループ間に差がなかった。 ・②では,統計処理は行わなかったが,平均点は帰国子女が最も高く,次いで高頻度・長期間の英会話学校経験者,同その他の学習経験者であり,小学校英会話授業経験者と未経験者はほぼ同点で最下位であった。 ・③では,統計処理は行わなかったが,放送による「表現理解」の平均点は, 3年間帰国子女が第1位を保った一方,初期の頃に高かった高頻度・長期間の英会話学校経験者と同その他の学習経験者と他のグループの差は3年後にはほとんどなくなった。  以上の結果により,小学校における英語活動で言語教育として効果を上げるには,「週1回・3年以上」の授業が必要であるという示唆を得た。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
小学校英語活動
リスニング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
スピーキングテスト
定期テスト
テューキー法
リスニングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

小学校での英語活動経験者は中学1年時にその活動をどう評価しているか【共同研究】

福岡県/福岡教育大学大学院 在籍・代表者 渕上 啓子

▼研究概要
本研究の目的は,小学校で英語活動を経験した中学生が,中学1年生の1学期と3学期の時点で英語活動をどのように評価しているか,英語活動に対する評価は調査時期によって変化するのか,また英語活動の指導内容・方法・取り組みの違いよって,英語活動の評価は影響を受けるかについて調べることである。本調査に参加したのは九州北部の K 市内の12の小学校を卒業した1,197名(7月調査)と1,206名(3月調査)で,意識調査は2007年7月と2008年3月に行われた。調査の結果から,調査参加者が英語活動を肯定的に評価していること,中学校での英語学習の進行により「楽しさ」の評価は影響を受けないが,「有用性」や「学習内容」の評価はマイナスの影響を受けること,調査参加者が小学校の英語と中学校の英語を区別する傾向が示唆された。また英語活動の指導内容,指導方法,取り組みの違いが「英語活動の評価」や「英語が嫌いになる時期」に影響を与えることがわかった。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
英語嫌い
自己評価
テスト・分析方法
スピアマンの相関係数
5件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

高校入門期における生徒と教員の学習内容に関する意識調査【共同研究】
―中高連携を改善するために何が必要か?―

東京都/東京都立美原高等学校 副校長・代表者 桑原 洋

▼研究概要
中学校の学習内容を踏まえた指導を高等学校教員が行っているか。約200名の全国の教員の協力を得て,中学校英語教科書6社で共通な語彙数,語彙・連語(既習,未習),言語材料(既習,未習),教員の経験などについて,アンケートを実施した。さらに,都立高校の生徒約360名を対象に,中学校における既習語彙・連語,既習言語材料,英語学習の習慣などについて,アンケートを実施し,教員対象のアンケート結果と比較した。教員の正解率は,6社の教科書に共通な語彙数(15%)<未習語彙・連語(18%)<既習語彙・連語(50%)<言語材料(59%)の順番で高くなった。言語材料に教員の知識が偏重しているとも考えられる。一方,高校生では,言語材料の正解率(51%)と語彙・連語の正解率(48%)にあまり差がなく,理解が同じ程度とも言える。中学校英語教科書や中学校学習指導要領などを直接読み,高校教員が中学校における既習内容を正確に把握することが喫緊の課題である。
▼キーワード
研究対象
高校生
教師・教職者
研究メインテーマ
中高連携
研究関連テーマ
学習指導要領(中学校)
検定教科書
語彙
テスト・分析方法
自由記述アンケート
3件法アンケート
4件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

教師が推測する高校生のリスニング中の意識・方略使用と実態との比較

大分県/大分県立安心院高等学校 教諭 渡辺 眞一

▼研究概要
本研究の目的は, (1) 日本の高校生の英語リスニング中の意識及び方略使用を把握するためのリスニング専用の質問紙を作成する,(2) 高校生,日本人英語教師双方に同じ質問紙調査を実施し,各グループの特色と相違とを明らかにし,効率的なリスニング指導に役立つ示唆を得ることである。質問紙調査は113名の進学希望の生徒,23名の進学高の教師に対して行われ,生徒はリスニングテストを受けた後,自らの意識・方略を質問紙に回答し,教師は自分が担当する生徒がどのようにリスニングを行っているかを推測して回答した。結果として,(1) 教師が生徒のリスニング時の行動を低めに評価する傾向,(2)「計画 / 評価」を指導することの重要性,(3)「問題解決」とリスニング成績との相関,(4) 生徒の「集中」重視,「計画 / 評価」軽視の傾向,などが解明された。また,教師が推測する生徒の意識と実態との間にはかなりの相違があり,質問紙調査などを利用して実態を把握し,現状に即した指導を行うことの重要性が明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
教師・教職者
研究メインテーマ
リスニング能力
研究関連テーマ
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
MALQ(Metacognitive Awareness Listening Questions)
t検定
ピアソンの積率相関係数
6件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

小学校英語研究開発校に見られる英語能力の検証【共同研究】
―表現及び語彙における理解度と記憶の定着度を中心に―

奈良県/奈良女子大学附属中等教育学校 非常勤講師・代表者 福智 佳代子

▼研究概要
平成9年から10年間英語活動を行っている研究開発校と,平成18年度より同様の英語活動を行った小学校,及び当地域の児童が進学する中学校1年生に対して,活動の中で取り扱われた表現や語彙がどの程度理解され記憶の中に取り込まれるか,評価や活動の種類が違ってくる中学校英語学習における言語理解や表現にいかに寄与するかをテーマに,仮説として次の3項目 1. 背景や場面などから,ルールによらない定型表現を理解する力に差があるのではないか 2. 文法的結束性のある表現ばかりでなく,意味的に一貫性のある適切な応答の表現の理解にも差ができるのではないか 3. 理解できる語彙に差があるのではないかを設定し,測定可能な規準テストを用いて測る。結果から,合計得点及び各問題の正答率による比較,分散分析による比較を行う。さらに分散分析で有意と認められる結果が出た問題に関しては因子分析を行う。
▼キーワード
研究対象
小学生
中学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
語彙知識
小学校英語活動
定型表現
テスト・分析方法
Χ²検定
主因子分析
児童英検
分散分析
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

日本の小学生の英語に対する動機・態度と英語の熟達度との関係
―児童英検参加者の分析を通して―

東京都/津田塾大学大学院 在籍 カレイラ 松崎 順子

▼研究概要
本研究の目的は,英語学習にとって重要な要因である内的動機づけ,道具的動機づけ,外国に対する興味,不安,親の励ましに注目し,これらの情意要因と英語の熟達度の関係を調べていくことにある。本研究に参加したのは2006年10月に実施された児童英検を受験した小学校3年生から5年生の児童80名である。児童英検のグレード別に情意要因と児童英検の正答率の関係を調べた結果,最も難易度の高いGOLDでのみ,内的動機づけ,道具的動機づけが正答率と弱い正の相関を示し,不安は弱い負の相関を示した。なお,BRONZEとSILVERではそのような相関は認められず,親の励ましと弱い負の相関が見られた。すなわち,最も難易度の高いGOLDを受験した児童においてのみ情意要因と英語の熟達度が関係していたことから,学習歴が長くなるほど情意要因が英語の熟達度に影響を与える傾向があると考えられる。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
小学校英語活動
研究関連テーマ
小学校英語活動
熟達度
情意面
動機づけ
内発的動機づけ
リスニング能力
テスト・分析方法
児童英検
ピアソンの積率相関係数
4件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

小学校におけるALT と子供のかかわりの変化の一例
―子供の発音に対するALTの応答に注目して―

京都府/京都大学大学院 在籍 黒田 真由美

▼研究概要
ALT主導で行われる英語活動を観察し,ALTが問いを発する場面の変化について検討した。9月から3月に実施された,小学校4年生の授業を対象に分析を行った。カテゴリー分析からは,ALTの個々の子供への働きかけが減少すること,学級担任への問いが増加することが見られた。また,子供の不適切な応答や無反応な状態に対して,ALTは子供に他の可能性を提案していた。さらに,事例分析から,ALTの変化として,子供の発話を活発化させ,クラス全体を巻き込んだ授業へと移行すること,1つの問いの機能を複雑化させること,子供観の変化が見られた。授業実践を通して,ALTの発話には「教師」らしさが現れるようになったと言えよう。
▼キーワード
研究対象
教師・教職者
研究メインテーマ
ALT
研究関連テーマ
ALT
ティームティーチング
テスト・分析方法
-
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

Constructing a Japanese Secondary School Students’ Beliefs Model
―日本人高校生の英語学習に関するビリーフモデルの構築―

神奈川県/神奈川県立神奈川総合高等学校 教諭 鈴木 栄

▼研究概要
学習者のビリーフに関する研究は,Horwitz(1987)が開発したビリーフを測る尺度としての質問紙であるBeliefs about Language Learning Inventory(BALLI)を使用した研究から,さらに学習者のストラテジー,動機付け,不安などの研究へと発展してきている。学習者が持っているビリーフを知ることは,カリキュラム編成,授業改革,評価などにおいて必要なことである。本研究は,これまであまり研究対象とされてこなかった高校生(1,143名)のビリーフについて改訂版BALLI を使い調査したものである。 分析には,試行研究では確認的因子分析を行い,本研究では因果モデルを構築した。分析の結果,生徒のビリーフの特徴の1つとして,日本語による確認志向が強いことがわかった。これは,オーラル・コミュニケーションを推進する教師のビリーフとの食い違いを生むことを暗示している。 今回できた日本の高校生のビリーフのモデルは,1,000人を超える被験者を得,信頼性も妥当性も確認されており,現在時点での高校生の英語学習に関する考えを表していると言える。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
ビリーフ
研究関連テーマ
EFL(English as a Foreign Language)
ビリーフ
テスト・分析方法
BALLI(Beliefs about Language Learning Inventory)
確認的因子分析
共分散構造分析
探索的因子分析
4件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

日本語と英語の読解方略使用の比較

北海道/北海道立札幌工業高等学校 教諭 松本 広幸

▼研究概要
習熟度が低い第二言語(L2)の読解プロセスは第一言語(L1)の読解プロセスとは異なると,先行研究で報告されている。本研究では,日本語と英語の読解方略使用について質問紙調査を行い,両者を量的に比較した。結果として,(1)習熟度が低い英語の読解方略使用量は日本語の読解方略使用量よりも小さかったが,(2) 英語の読解方略使用量パターンは日本語の読解方略使用量パターンと類似し,(3) 英語における読解方略使用の関係性は日本語における読解方略使用の関係性と差はなかった。これらの結果は先行研究と一致しない面もあるので,この点も含めて検討した。また,本研究は,読み手が用いる読解方略の組み合わせについてもその概略を提供している。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
読解方略使用
研究関連テーマ
リーディング能力
テスト・分析方法
t検定
共分散構造分析
探索的因子分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

日本人英語学習者のための英語語彙力測定と語彙学習方略診断調査表の開発

広島県/広島県立広島皆実高等学校 教諭 田頭 憲二

▼研究概要
本研究は,コンピューターを用いた日本人英語学習者に対する語彙学習支援としてのオンライン支援システムの構築を目的として行われ,英語語彙力測定と語彙学習方略診断調査表の開発がなされた。英語語彙力測定としては,望月(1998)の改訂版を作成し,項目応答理論を用いてより簡易な語彙力測定テストとそのテスト項目が作成された。また,語彙学習方略診断調査表としては,前田・田頭・三浦(2003)の調査項目を使用し,これまでの第二言語語彙研究結果をもとに個々の学習者に即した助言が作成された。今後,コンピューターを用いてこれらの測定・診断を学習者に提供することにより,語彙学習をより効果的に行うことができ,個々の学習者に対応した指導が可能となる。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
オンライン学習
語彙知識
語彙力
テスト・分析方法
項目応答理論(IRT)
語彙テスト
4件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

英語と日本語のリズムの違いに着目した音声指導
―強勢拍リズムを身に付ける英語活動―

徳島県/鳴門教育大学大学院総合学習開発コース 在籍 松永 健治

▼研究概要
本研究の目的は,小学校英語の学習者である2年生(下学年)と5年生(上学年)を対象とした,英語と日本語のリズムの違いに着目した音声指導の効果を探ることである。具体的には,音声指導の前後に学習者の発話する英語のリズムを調査・比較し,変容をとらえるようにする。また,音声指導の対象者が,英語あるいは英語の授業に対して持つ意識についても調査する。これら2つの調査を実施する意図は,リズム調査を技能面,英語に対する意識を情意面ととらえることで,児童を両面から見つめることが可能となるからである。双方から得られた結果を相互補完的にとらえ,音声指導のみならず小学校英語の在り方についても言及する。
▼キーワード
研究対象
小学生
研究メインテーマ
音声指導
研究関連テーマ
音声指導
情意面
テスト・分析方法
三元配置分散分析
実験群/統制群
自由記述アンケート
スピーキングテスト
探索的因子分析
単純主効果検定
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

学習方法の違いによる語彙習得率の比較研究

千葉県/千葉県立匝瑳高等学校 教諭 中池 宏行

▼研究概要
語彙習得については,過去,様々な研究がなされてきた。しかし,それは主に英語を外国語とし,他のヨーロッパ言語を母国語とする研究者が行う英語の語彙習得に関するものか,英語を母国語とする研究者の英語(母国語)の語彙習得に関するものが多かった。日本での英語の語彙習得の研究は少なく,その方法,評価もばらばらであったように思える。そこで,筆者は日本人の英語の語彙習得研究について,過去の代表的な実験を,その実験の欠点を補いつつ,新たな実験をし,それを過去の先行研究と比較してみることとした。特に,映像・音声学習,意味的まとまりを利用する学習方法,接頭辞・接尾辞・語根学習,キーワード法に関しては,今までにその効果を調べる研究があまりなされていなかったという経緯があり,それらが,果たして,生徒の語彙習得の手助けになるのかを調査してみることとした。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
音声指導
語彙力
リーディング指導
テスト・分析方法
-
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

高校生の英語学習に対する意識と取り組み
―英語科と普通科の生徒の比較を通して―

宮城県/宮城県仙台東高等学校 教諭 畠山 喜彦

▼研究概要
英語科と普通科を併設している本校(宮城県仙台東高等学校)で指導をしていると,英語科と普通科の生徒の違いに驚かされる。両学科の生徒の特徴を調査・比較することは本校の英語指導を向上させるのはもちろん,高等学校における効果的な英語指導を模索するために意義があると考える。そこで,本研究では(1)「普通科と英語科の生徒の英語及び英語学習に対する意識と取り組みの傾向を,調査紙法により明らかにする」,(2)「各科ごとの傾向・差異・習熟度による差などを分析することを通して,学校現場における英語指導を向上させるための示唆を得る」の2点を目的とした。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
意識と取り組み
研究関連テーマ
学習意欲
自己評価
テスト・分析方法
分散分析
5件法アンケート
必要技能
-
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

中学生(英検3級)はALTの修正フィードバックをどの程度知覚するのか
―対話者と傍聴者のlistening positionの違いによる知覚量の分析―

北海道/伊達市立伊達中学校 教諭 大塚 謙二

▼研究概要
本研究は,中学3年生(英検3級取得者)が,ALT(Assistant Language Teacher)とのjigsaw task を用いたinteraction(相互交渉)を通して,ALT から戻される修正feedback をどの程度理解しているのかを質的量的に調査することを目的としている。 また,英語の授業に目を向けてみると,教室環境ではALT や日本人教師(JTE)が学級全体の中で生徒と英語でinteraction をすることも多く見られる。それが行われている場面では,生徒たちは対話者(interlocutor)と傍聴者(auditor)という2種類の立場になっている。本研究では,このlistening position の違いがfeedback の知覚量にどのような影響を及ぼすのかについても調査した。 更に,task 活動を繰り返すことや普段の触れあいによって生じるALT との親近性の増加(緊張感の低下)がfeedback の知覚にどのような影響を及ぼすのかも検証してみた。 結果としては,task を実施する上で,意味のやり取りに大きく影響する発音と語彙に関するfeedbackは比較的知覚されていたが,言語の構造に関するものは,それに比べてあまり知覚されていなかった。また,listening position の違いでは,傍聴者の方が対話者よりもfeedback を10%程度多く知覚することができていた。さらに,ALT との親近性が高まるとともに緊張感が低下し,feedback の知覚量が増加した。
▼キーワード
研究対象
中学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ALT
フィードバック
研究関連テーマ
ALT
インタラクション
英語運用能力
フィードバック
テスト・分析方法
スピーキングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
英検3級

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

英語ドラマ活動は、中学生の英語習得・英語学習にどのような影響を与えるのか

兵庫県/兵庫教育大学大学院 在籍 井村 哲也

▼研究概要
東京都中学校英語教育研究会の事業部は,既に50年以上にわたり「東京都英語学芸大会」を実施している。毎年12月の第1日曜日に,東京23区及び各地域ブロックの代表の中学生が「スピーチ」と「英語劇」の2つの部門に分かれて発表を行い,互いに高いレベルで競い合い学び合う。10数年前に,一観客としてこの大会を鑑賞した筆者は,そのレベルの高さに驚き,翌年から10年以上にわたって英語劇を実践することとなった。 「ドラマは心の叫び~魂を言葉に乗せて」これは筆者が1999年,『STEP 英語情報』7,8月号に,東京都大会の体験をもとに書かせていただいた実践報告と英語劇の指導に関する拙文のタイトルである。皮肉なことに,ドラマの本質を語るこの言葉は,科学的なデータをもとに現象を検証する実証的な研究領域においてドラマ活動の価値の検証がいかに難しいかをも示唆しているのである。Edmonson(1985)は,「ドラマ活動は様々な要因が複雑に絡み合ってできているconstruct(構成概念)である」と指摘している。実証的研究分野でのドラマ研究が少ないのはこのことも大きくかかわっているものと考えられる。筆者は,実践者であり研究者であるという自らの利点を生かして,この多面性を持ったドラマ活動の「英語学習,習得における価値」を,先行研究(実証的でない文献も含める)を土台に,実証的研究分野の枠組みで検証すべく本研究に取り組んだ。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
ドラマ活動
研究関連テーマ
英語運用能力
オーラル・コミュニケーション
情意面
内発的動機づけ
メタ言語能力
テスト・分析方法
自由記述アンケート
スピーキングテスト
分散分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

幼児英語学習者のコミュニケーション分析
―イマージョンスクールにおけるケーススタディー―

北海道/北海道大学大学院 在籍 田村 有香

▼研究概要
概要なし
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
イマージョン
幼児英語学習者
研究関連テーマ
イマージョン
コミュニケーション能力
非言語行動
テスト・分析方法
授業観察
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-