テーマ部門別 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

スピーキング分野における「英検 Can-do リスト」活用の工夫【共同研究】
―ルーブリックの活用を通して―

茨城県/茨城大学教育学部附属中学校 教諭・代表者 小沢 浩

▼研究概要
本研究は CAN-DO リストについての意義と目的について概観し,真正の評価(authentic assessment)の意義や目的が CAN-DO リストと類似していることについて明らかにする。また,「英検 Can-do リスト」の能力記述文と真正の評価の採点ツールであるルーブリックを統合し,その効果ならびに波及効果について,スピーキング分野に絞り検証する。検証の結果,次のことが明らかになった。教師と生徒が「英検 Can-do リスト」およびルーブリックを単元導入時に共有すれば,めざすべき目標が双方に具体的に設定され, 1 )教師はその目標を達成させようと具体的に支援できる(授業改善につながる)。2 )生徒は身に付けるべき力を身に付けようと努力し,単元末に行うパフォーマンステストに向けて主体的かつ意欲的に学ぶことができる(自己学習力の向上,自己啓発促進,学習意欲向上)。3 )生徒は「英検 Can-do リスト」にある能力を身に付けたと実感することができ,話すことに対して自信を持つことができる(パフォーマンス力の向上)。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
自立学習
ルーブリック評価
テスト・分析方法
スピーキングテスト
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準2級
英検3級

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

医学英語CAN-DOリストの開発【共同研究】

東京都/東京外国語大学大学院 在籍・代表者 高橋 良子

▼研究概要
本研究の目的は,医学英語 CAN-DO リストを開発し,その開発過程を詳細に記述することである。現在,ヨーロッパ共通言語参照枠( Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment, CEFR)や CAN-DO リストの概念は日本の英語教育にも広く応用されているが,その多くが一般英語(English for General Purposes)教育に関連してであり,特定の目的のための英語(English for Specific Purposes, ESP)に関して十分とは言えない。医学英語という高度に専門的な分野において CAN-DO リストを開発し,その開発過程を克明に記録すれば,CEFR やCAN-DO リストの ESP への応用可能性を明らかにできる。本研究における医学英語 CAN-DO リストの開発は,開発目的の明確化→提示方法の明確化→タスクの選定→能力記述文の特徴の明確化→能力記述文の作成,という手順を踏んで行われた。能力記述文の作成過程では,英語圏で出版されている医療コミュニケーション関連の書籍や,医学英語に関する資格試験など,さまざまな資料を参考にした。今後は,本研究で開発された医学英語 CAN-DO リストを実際の授業で活用しその妥当性を検証することによって,より進歩した医学英語 CAN-DO リストを開発したり,他分野の ESP における CAN-DO リストの作成を試みることが必要である。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
CAN-DO
研究関連テーマ
ESP(English for Specific Purposes)
テスト・分析方法
-
必要技能
-
英検 対象級
-

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

能力記述文による自己評価と実際のスピーキング能力の関係
―英検 Can-do リストと CEFR-J を使って―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 横内 裕一郎

▼研究概要
本調査は、英語スピーキング能力を英検Can-doリストやCEFR-Jの記述文を用いた自己評価が、再話課題への回答で得られた実際のスピーキングパフォーマンスとどのような関係があるかを調査したものである。近年、英語スピーキング能力の評価を大学入試でも行おうという動きがある中、実際に中・高等学校でスピーキング能力を評価する機会は多くない。また、各中・高等学校が学習指導要領に基づいた学習到達目標をCANDOリストの形で具体的に設定するよう文部科学省が提言したことにより、今後CAN-DOリストの開発と妥当性の検証を行うことが多くなると考えられる。本調査では、Shojima(2007a、 2007b)による潜在ランク理論を用い、自己評価と再話課題のパフォーマンスから得られた潜在ランク推定値をクロス集計によって比較した。その結果、英検Can-doリストとCEFR-Jの能力記述文を使用した自己評価は同じ方向性を示したものの、再話課題によるパフォーマンスとの関連性は低かった。
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
学習到達目標
自己評価
スピーキング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
スピーキングテスト
潜在ランク理論
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

到達目標,指導,評価の一体化の在り方の研究
―PCPP法による英語で行う授業への英検 Can-do リストの活用―

石川県/石川県立金沢桜丘高等学校 教諭 前田 昌寛

▼研究概要
平成25年度より、新高等学校学習指導要領が施行される。新指導要領では、(1)授業は英語で行うことを基本とすること、(2)4技能の総合的、統合的指導を行うことが特徴とされる。(1)については、EFLの環境において、JTEが無理なく行える教授法としてPCPP法を本研究では採用し、(2)については、英検Can-doリストを用いた4技能総合・統合タスク型授業を実践した。つまり、PCPP法による英語で行う授業へ英検Can-doリストを到達目標、評価の道具として活用することで、到達目標、指導、評価の一体化の在り方を本研究では扱っている。PCPP法による英検Can-doリストを活用した授業を実践した結果、生徒の4技能に対する運用能力の自信の度合いは向上し、特に読むことのタスク達成率が向上した。PCPP法による英検Can-doリストを活用した英語で行う授業の1つのモデルとして提案したい。
▼キーワード
研究対象
高校生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
英語運用能力
学習指導要領(高等学校)
自己評価
テスト・分析方法
プリテスト/ポストテスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

D:その他

STEP BULLETIN vol.21 2009

英検 Can-do リストのスピーキング分野における Can-do 項目の妥当性検証

北海道/函館工業高等専門学校 准教授 臼田 悦之

▼研究概要
財団法人日本英語検定協会(以下,英検)は2006年に「英検 Can-do リスト」を発表し,それぞれの級取得者が4技能の領域で実際にどのようなことができる可能性があるのかをわかりやすく示した。これは,大規模アンケート調査による結果に基づいて作成されているため,信頼性はあると考えられる。しかし,英検合格者がそのリストの内容を実際にできるかどうかはほとんど調べられてはいない。  本研究では,級取得者が「英検 Can-do リスト」に書かれている内容を,実際にできるかどうかを調査することによって,その妥当性の検証を試みた。  対象は準2級の「話す」分野に的を絞り,合格通知後1か月以内の準2級合格者73名に対して,4つの Can-do 表現を基にして作成したタスクを1対1の面接形式で実施した。そして,各タスクにおける被験者の達成率を調べることにより妥当性検証を行った。  その結果, 1つのタスクを除いて数値上妥当性があるということがわかった。その1つのタスクとは,自分の将来の夢や希望について話すというタスクであったが,できる可能性が低いというわけではなく,他のタスクの出来具合から考えて,本人に話す内容があればきちんと応答できた者もいたのではないかと推察された。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
自立学習
スピーキング指導
テスト・分析方法
t検定
英検問題(リーディング)
分散分析
4件法アンケート
5件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準2級

D:その他

STEP BULLETIN vol.20 2008

英検 Can-do リストを使った Self-access Learning リスト作り
―授業の諸活動と英検各級合格との関係を明らかにする―

東京都/狛江市立狛江第一中学校 教諭 北原 延晃

▼研究概要
英検 Can-do リストは非常によくできているが,一般の中学生では理解できない表現があちこちに見られる。そこで中学生に理解できるように記述を簡単にすると同時に授業でどんなことができればその記述に当てはまるのか具体的に示した。 目的:生徒が自分で英検のどの級に合格できるかを判断できる 期待される成果:  ① 授業と英検が直接結び付く  ② 自分の学習到達度の履歴が一目でわかる表ができる  ③ 英検に合格するための細かな項目をチェックできるため,生徒が安心して英検を受験できるようになり,ひいては受験者増につながる。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
SALL(Self-Access Language Larning)
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
自己評価
テスト・分析方法
質問紙法(アンケート)
必要技能
-
英検 対象級
英検準2級
英検3級
英検4級
英検5級

D:その他

STEP BULLETIN vol.20 2008

英検 Can-do リストによる Writing 技能に関する妥当性の検証【共同研究】
―準2級と3級のリストを用いて―

北海道/函館工業高等専門学校 教授・代表者 竹村 雅史

▼研究概要
本研究は,2006年に英検が発表した「英検 Can-do リスト」に基づき,英検取得者がそのリストに挙げられた項目に即したタスクに答えてもらうことで,「英検 Can-do リスト」の妥当性を検証するものである。  調査対象は, 3級,準2級の取得者で,「書く」技能のリストに挙げられた項目に対するライティング・タスクに答えてもらった。調査方法として,本調査に入る前にパイロット調査を実施し,リストに挙げられたタスクを精選し,本調査のタスクを作成した。また,自信の度合いも見るために,「英検Can-do リスト」に基づくアンケート調査も行った。 採点方法は, 2人の日本人が採点者になり,同時期に1つの答案を検討し,採点者間の信頼性を保った。また,英語母国語話者にも比較参考資料のため採点に加わってもらった。  結果は,その級で挙げられているリスト項目に関して,自信がある場合には,実際にある程度のライティングの performance を発揮できることがわかったが,項目によっては発揮できないものもあった。
▼キーワード
研究対象
高専生
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
ライティング能力
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
英語運用能力
正確さ
タスク
ライティング能力
テスト・分析方法
分散分析
ライティング・タスク
5件法アンケート
必要技能
ライティング
英検 対象級
英検準2級
英検3級