研究対象別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

データマイニングの手法を用いた英語ライティングへのアプローチ
―日本人英語学習者のエッセイ評価に影響を与える文法的誤りパターンの検討―

東京都/早稲田大学大学院 在籍 石井 雄隆

▼研究概要
本研究の目的は,データマイニングの手法を用いた日本人英語学習者のエッセイ評価と文法的誤りパターンの関係性についての検討である。日本人英語学習者のエッセイ評価において,文法的誤りがどの程度関係しているかというのは,まだ十分に明らかにされていない。本研究では,その関係性について検討するため,2つの調査を行った。1つは,文法的誤りを20個のカテゴリーに分類し,エッセイ評価別の共起関係についてデータマイニング手法の1つであるアソシエーション分析を用いて,日本人英語教師がライティングを評価する際に寄与する文法的誤りについて検討した。もう1つは,文法的誤りの頻度情報からエッセイ評価の予測をするため,画像処理などによく用いられる手法である最近傍法を用いてエッセイ自動評価の可能性について検討した。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ライティング評価
研究関連テーマ
評価(指導者による)
テスト・分析方法
アソシエーション分析
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

テスト項目と英文読解ストラテジーの関係
―正誤答時の視線データを基に―

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 吉川 りさ

▼研究概要
本研究は,読解力テスト解答中における認知プロセスを明確にするため,日本語を母語とする英語学習者が読解テストに解答する際の眼球運動を計測し,⑴ テスト項目の認知的妥当性の検証と,⑵ 解答者の内的要因と認知プロセスの関連を調べた。具体的に,大学(院)生が英検の読解問題を解答する際の眼球運動の計測と,アンケート・インタビュー調査を実施した。主な結果は以下のとおりである;⑴ 項目正答者は,誤答者に比べて,解答時のテキスト注視時間が短く注視回数が少ないことから,解答該当箇所をより迅速にかつ的確に認識している;⑵ テスト項目正答に至るまでの認知プロセスには読み手のメタ認知ストラテジーが関与している;⑶ 解答時の認知プロセスを解明する上で,研究方法論間のトライアンギュレーションは有効に機能する。⑴を通して,英検問題項目への認知的妥当性が示された。これらの結果は,新たな視点からテスト評価と英語力評価の実現可能性を示唆している。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
視線データ
研究関連テーマ
リーディング能力
テスト・分析方法
インタビュー
英検問題(リーディング)
空所補充テスト
読解テスト
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

バックグラウンドノイズがリスニング理解度に与える影響の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 藤田 亮子

▼研究概要
本研究は,リスニング音声に付加されたバックグラウンドノイズが日本人英語学習者のリスニング理解にどのように影響を与えるかを,ノイズのレベル,学習者の熟達度,リスニング問題の難易度に焦点を当て検証した。協力者102名は,3種類の難易度で異なる度合いのノイズが付加されたリスニング問題に回答した。その結果,ノイズのついた音声は,ノイズの度合いが小さい場合,学習者の熟達度を測定することに適していることが明らかになった。第二に,ノイズの影響は熟達度や問題の難易度により異なるものの,ノイズのレベルが大きいほど,学習者のリスニング理解度が低くなった。第三に,熟達度の影響としては,熟達度が高い学習者であっても,ノイズのレベルにかかわらず,ノイズが付加されていない音声と比較して,ノイズが付加された音声では理解度が低下した。最後に,リスニング問題の難易度によってもノイズがリスニング理解度に与える影響は異なっていた。学習者にとって低い難易度でもノイズがあることでリスニング理解度が低下した。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニングテスト
研究関連テーマ
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(リスニング)
三元配置分散分析
重回帰分析
リスニングテスト
4件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

質問応答モデル QUEST に基づく錯乱肢の作成
―解答収束メカニズムを利用して―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 細田 雅也

▼研究概要
人が質問に答えるとき,候補となる解答から最適なものを決める「解答収束メカニズム」が働く。QUEST はこの解答収束メカニズムによって,質問に対する最適解を生成する質問応答モデルである。本研究は QUEST による解答収束メカニズムを,英文読解テストにおける錯乱肢の作成に利用することを目的とした。調査1では,錯乱肢作成の基盤を築く目的で,QUEST の3つの解答収束メカニズム(i.e., リンク検索,構造距離,因果強度)がどのような順番で働くのかを検証した。調査2では,調査1から示された収束メカニズムの段階性(解答収束ステージ)を利用して,収束メカニズム上最適解に近い,および遠い錯乱肢を作成し,テキスト理解度が異なる受験者の弁別にどの程度有効かを調べた。その結果,最適解に近い錯乱肢は,テキスト理解度の低い受験者をより多く引きつけることがわかった。これらの調査を通し,もっともらしい錯乱肢の性質に対する示唆と,質問応答モデルの言語テストへの利用可能性が示された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
多肢選択式問題
研究関連テーマ
テスト・分析方法
一元配置分散分析
重回帰分析
多肢選択式テスト
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

個別カンファレンスを通しての「自立した書き手」の育成と「学び」の観察

アメリカ/ハワイ大学マノア校博士課程 在籍 今井 純子

▼研究概要
本研究は,個別ライティング・カンファレンスプログラムを,アメリカの大学の第二言語としての英語教育(ESL)課程において試験的に導入し,第二言語として英語を学ぶ大学・大学院生と,チューターとの間のやりとりを,学期を通して経時的に観察した。また,各カンファレンスの後,研究者とともに録画したビデオを見ながら,実践への参加者がカンファレンスについて振り返る時間を設けた。本紙では,チューターの1人(英語母語話者)と日本の大学からの交換留学生の1学期間(全4回)のライティング・カンファレンスへの参加の様子を観察し,事例として紹介する。また,この事例を,同チューターが受け持った他の学生との事例と比較し,ストラテジーへの言及,学習者の気付き,カンファレンスにおける共同作業,研究者の介入という点からその特徴を挙げる。また,プログラムを通して,「自立した書き手」の育成を目的とした支援や「学び」がどのように行われていたか,今後の研究の方向性も含めて考察する。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ライティング指導
研究関連テーマ
自立学習
テスト・分析方法
ライティングタスク
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.27 2015

医学英語CAN-DOリストの開発【共同研究】

東京都/東京外国語大学大学院 在籍・代表者 高橋 良子

▼研究概要
本研究の目的は,医学英語 CAN-DO リストを開発し,その開発過程を詳細に記述することである。現在,ヨーロッパ共通言語参照枠( Common European Framework of Reference for Languages: Learning, Teaching, Assessment, CEFR)や CAN-DO リストの概念は日本の英語教育にも広く応用されているが,その多くが一般英語(English for General Purposes)教育に関連してであり,特定の目的のための英語(English for Specific Purposes, ESP)に関して十分とは言えない。医学英語という高度に専門的な分野において CAN-DO リストを開発し,その開発過程を克明に記録すれば,CEFR やCAN-DO リストの ESP への応用可能性を明らかにできる。本研究における医学英語 CAN-DO リストの開発は,開発目的の明確化→提示方法の明確化→タスクの選定→能力記述文の特徴の明確化→能力記述文の作成,という手順を踏んで行われた。能力記述文の作成過程では,英語圏で出版されている医療コミュニケーション関連の書籍や,医学英語に関する資格試験など,さまざまな資料を参考にした。今後は,本研究で開発された医学英語 CAN-DO リストを実際の授業で活用しその妥当性を検証することによって,より進歩した医学英語 CAN-DO リストを開発したり,他分野の ESP における CAN-DO リストの作成を試みることが必要である。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
CAN-DO
研究関連テーマ
ESP(English for Specific Purposes)
テスト・分析方法
-
必要技能
-
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

読みの流暢さを測定する Moving-Window 版テスト
―コンピュータ利用の新たな視点―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 田中 菜採

▼研究概要
本研究では、コンピュータベースのチャンク提示読解タスクを応用したテストを試案し、日本人英語学習者の読みの流暢さの能力の検証を試みた。このテストでは各チャンクに対し個別に読解制限時間が定められ、自動的に進む。読み手は読解後にテキストの理解度を測定するための筆記再生課題を行い、その指標によって流暢さの能力を測定するというものであった。まず調査1ではチャンク提示速度の参考とするため大学生を対象にチャンクごとの読解時間を測定した。その結果、1分間におよそ100語、130語、170語の提示速度を決定した。また、調査2ではこの読みの流暢さを測定するテストを別の協力者に実施したところ、熟達度上下群で理解度の違いが見られた。熟達度の低い学習者は英文の内容よりも処理速度に困難を抱えていたため、このテストが流暢さの能力を測定していると考えられる。この他に、チャンク提示読解で制限時間を設定する場合の示唆が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
流暢さ
研究関連テーマ
多読
読解熟達度
読解速度
流暢さ
テスト・分析方法
一元配置分散分析
質問紙法(アンケート)
読解テスト
二元配置分散分析
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

スピーキング能力と語順知識の関連性における調査

茨城県/筑波大学大学院 在籍 佐瀬 文香

▼研究概要
本調査は、スピーキングと語順についての関連性を調査することを目的とする。現行の中学校学習指導要領において、語順指導の重要性が明記されている。また、語句整序問題は、英検や大学入試センター試験などさまざまな試験に採用されているが、語句整序問題が何を測定するものなのか明らかにされていないのが現状である。本研究では、予備調査と本調査の2種類の調査を実施した。 予備調査では、本実験において焦点を当てる文法項目を選定した。その結果から本調査でのマテリアルを作成し、協力者83名に再話課題と語句整序問題、そしてSentence Buildsの3課題を課した。語句整序問題の結果から、協力者は上中下の3群に分けられ、それぞれの得点の結果を比較した。その結果、語句整序問題における得点が高ければ高いほど、再話課題において高得点を獲得したことがわかった。これらの結果から、文脈提示の重要さが支持され、さらに質的な調査の結果から、協力者の発話において簡易化という特徴的な産出が見られた。これより、語順指導は語順単体で指導するよりも、文脈を伴った語順指導の重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
スピーキング能力
文法力
研究関連テーマ
スピーキング能力
パラフレーズ
文法力
文法指導
テスト・分析方法
語句整序テスト
質問紙法(アンケート)
重回帰分析
スピーキングテスト
多変量分散分析
ピアソンの積率相関係数
リスニングテスト
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

英語リスニング不安とリスニングの下位技能の関係
―リスニング不安の概念の細分化によるリスニング指導への具体的提案―

広島県/広島大学大学院 在籍 山内 優佳

▼研究概要
本研究の目的は、学習者がリスニング時に抱く不安とリスニング力の下位技能の関係を詳細に明らかにすることである。リスニング不安は6種類の要因(実生活におけるリスニング、学習場面におけるリスニング、学習者の不十分な知識、テキストの難易度、ボトムアップ処理、メタ認知的活動)、リスニング力は4つの下位技能(単語、音変化、推測、ワーキングメモリ)の観点から、それぞれの概念がどのように関連しているのかを調査した。調査の結果、「学習場面におけるリスニング」に対する不安はすべての下位技能と負の相関があり、本研究で対象としたリスニング力と最も関連が強いことが示された。不安軽減のための示唆としては、音変化を聞き取る力をつけること、そして適切なレベルの教材を使用することが挙げられた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リスニング能力
研究関連テーマ
ボトムアップ処理
メタ認知
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
ディクテーション
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

Coh-Metrix によるテキスト理解に必要な語彙熟達度の数値化
―語彙知識の広さ・深さ・アクセス速度を中心に―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 濱田 彰

▼研究概要
本研究は、テキストに含まれる単語の特性を数値化するCoh-Metrixを用いて、英検テキストの読解に必要な語彙熟達度を予測した。 2つの調査を行い、語彙知識の広さ、深さ、およびアクセス速度を要求する語彙特性(e.g.,頻度・多義性・親密度)とテキスト理解度とのかかわりを検証した。 調査1では、英検1級から3級までのテキストを対象とし、各語彙特性が受験級によってどのように異なるのかを分析した。その結果、上位の受験級になるほど(a)低頻度語、(b)下位概念に位置する名詞と動詞、(c)意味を想起しにくい単語の割合が増加することがわかった。 学習者のテキスト理解度とテキストに含まれる単語の特性とのかかわりを検証した調査2では、単語の頻度・多様性・心像性が英検テキストの理解度に影響を与えることが示された。 さらに、これらの指標を組み合わせた回帰モデルを利用することで、一定のテキスト理解度に到達するのに求められる語彙熟達度を予測できることが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
Coh-Metrix
語彙力
研究関連テーマ
コロケーション
語彙知識
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
一元配置分散分析
語彙テスト
重回帰分析
テューキー法
読解テスト
筆記再生テスト
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

マクロルールに基づくメインアイディア理解能力の検証

茨城県/筑波大学大学院 在籍 木村 雪乃

▼研究概要
要約課題の評価に用いられるマクロルール(削除、一般化、構成)の観点から、日本人英語学習者のメインアイディア理解能力を検証した。 調査1でリーディングテストに含まれる設問を分類した結果、英検ではテキスト中の詳細情報を削除する項目が多く見られた。一方で、TOEFLでは下位命題を上位命題に置き換える一般化が、センター試験では書かれていないメインアイディアを推論する構成の設問が含まれていた。 調査2Aでは調査1で分類した項目を大学生に解答させた結果、3つのマクロルール間で正答率に差は見られなかったが、メインアイディア理解問題よりも詳細情報問題の正答率が有意に高かった。 最後に調査2Bで英検のテキストを用いて要約課題を行った結果、一般化や構成よりも削除の使用が多くなっていたが、テキストの性質によっては一般化や構成が使用されやすいものもあった。得られた結果について、多肢選択式テストと要約課題の差異という観点から考察を行った。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
マクロルール
メインアイディア
研究関連テーマ
Can-do リスト
EFL(English as a Foreign Language)
語彙知識
リーディング能力
テスト・分析方法
TOEFL
t検定
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
読解テスト
二元配置分散分析
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.25 2013

英語の試験における語用論的能力を問う問題の出題傾向調査とその指導
―発話行為の指導―

東京都/上智大学大学院 在籍 深澤 英美

▼研究概要
本研究は大学入試センター試験、実用英語技能検定、Test of English for International Communication(TOEIC)に出題された問題の中から、正解するために語用論的な知識が必要となると考えられる問題を取り上げ、どのような発話行為が出題されているのかを分析した。また、それをもとにTOEICに関する語用論的内容を学生に指導し、効果を検証した。 その結果、上記の英語の試験には語用論的知識が必要な問題が出題されており、特に依頼や提案などの発話行為が出題されていた。それをもとにTOEICについての語用論的内容の指導を行った結果、TOEIC新公式問題集のリスニング問題の正解数には貢献しなかったが、指導後には指導前には使えなかった新しい依頼の表現を使えるようになった学生もいた。また、授業中に学生同士のグループワークや教員からのフィードバックをすることによって、学生に語用論的な気づきが生まれている可能性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
語用論的能力
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
語用論
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(リスニング)
スピーキングテスト
センター試験
フィードバック
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検1級
英検準1級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

OCの授業におけるメタ認知指導が日本人大学生に与える影響
―自律した学習者の育成に向けて―

大阪府/関西大学大学院 在籍 香林 綾子

▼研究概要
本研究では日本人大学生を対象としたオーラル・コミュニケーションの授業において、メタ認知指導を実施し、その指導の影響を自己調整学習理論の観点から考察した。指導後では実際のオーラル・コミュニケーションの会話にどのような影響が現れるのかを見るために、インタビュー、および、会話分析を行った。さらに、指導に対する学生の意見を分析することで考察を深めた。結果、インタビューからは、指導後、学生はコミュニケーションのためのメタ認知方略とコミュニケーション方略をより使用するようになったことが明らかになった。また、会話分析からは、指導後、学生の英語使用者としてのオートノミー(自律性)が高まったことが観察された。さらに.学生の意見より、メタ認知の働きが自己効力感(学生の目標や課題を達成できるという感じ)の高まりに影響し、メタ認知方略やコミュニケーション方略を実践することが、それらの意義を知ることにつながるという知見が得られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
コミュニケーション方略
メタ認知
研究関連テーマ
オーラル・コミュニケーション
コミュニケーション能力
自律性
メタ認知
テスト・分析方法
インタビュー
プリテスト/ポストテスト
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

語彙運用能力の測定における読解イメージの利用可能性

茨城県/筑波大学大学院 在籍 長谷川 祐介

▼研究概要
学習課題後に行われる文脈内語彙テストの成績が、文脈の質や学習者の能力とどうかかわるかを検証した。特に、文脈の質として「文脈内で記述された状況のイメージしやすさ」という要因に注目した。 実験の結果、イメージしやすい文脈を用いた条件ではすべての学習者群が高い得点を挙げたのに対し、イメージしづらい文脈を用いた場合は、語彙熟達度の低い群の得点だけが低下した。 つまり、語彙力の低い学習者にとって読解時のイメージを語彙知識の習得に活用することは難しく、イメージしづらい文脈が弊害効果をもたらしていた。 さらに、語彙力の他に読解力や学習方法を観点とした検証も行ったが、語彙力以外の要因はイメージしづらい文脈による弊害効果を予測できなかった。このことから、文脈から得られたイメージを語彙習得に生かすという能力は、語彙力と最も深く関係すると想定できる。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙力
研究関連テーマ
語彙力
リーディング能力
テスト・分析方法
語彙テスト
分散分析
ボンフェローニ法
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検準1級
英検2級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

海外留学は学習者の何を変えるのか
―英語圏長期留学が学習者の情意面に与える影響を探る―

大阪府/関西大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC・在籍 植木 美千子

▼研究概要
本研究では、海外留学前・後に収集した質問紙データを用いて、大学生英語学習者のL2学習にかかわる情意(L2動機、L2不安、自己効力感)の変化を、L2 Motivational Self Systemの枠組みを用いて調べ、海外留学の効果を情意面から検証した。 本研究の参加者は、1年間の海外留学プログラムに参加した日本人大学生英語学習者151名。彼らに、留学前・後において質問紙調査を実施し、データを得た。これらのデータをもとに多母集団同時分析を行った結果、 1)留学前においては、理想L2自己(L2学習者としてこうなりたいと思う理想自己像)がL2動機の主な原動力だったのに対し、留学後は自己効力感もあわせて原動力として作用すること、 2)留学前は、義務L2自己(L2学習者としてこうならなければならないと思う義務自己像)はL2不安に強い正の影響を与えていたが、留学後では、L2不安ではなく、L2動機づけの方に正の影響を与える傾向があること、 3)留学前は、L2不安がL2動機づけに負の影響を与えていたが、留学後には、ほとんど影響がなくなったこと、そして 4)留学後にL2動機が有意に向上し、また、多くの要因によって、より安定した状態で支えられていることなどが、本研究から明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
海外留学
研究関連テーマ
コミュニケーション
自己効力感
情意面
動機づけ
テスト・分析方法
共分散構造分析
質問紙法(アンケート)
必要技能
-
英検 対象級
-

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

多肢選択式問題は公平か
―記憶保持の強さから―

茨城県/筑波大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC・在籍 高木 修一

▼研究概要
多肢選択式問題における錯乱肢の重要な役割として、正答する能力のない受験者が当て推量により正答選択肢を選ぶのを防ぐことがある。そこで、本研究は、より効果的に機能する錯乱肢について、錯乱肢情報の記憶保持の観点から現状の調在および実証研究を行った。まず、現在運用されている読解テストの中から英検、センター試験およびTOEICを対象とし各テストにおける錯乱肢に記憶への保持のされやすさの観点がどの程度反映されているのかを調査した。その結果、いずれのテストにおいても記憶保持の観点はほとんど反映されていないことが明らかとなった。その上で、記憶に保持されやすい錯乱肢と保持されにくい錯乱肢を含んだ読解問題を作成し、日本人大学生に解答させた。その結果、記憶に保持されにくい錯乱肢は効果的に機能していなかったが、記憶に保持されやすい錯乱肢は特に得点が低い受験者に対して従来の錯乱肢よりも効果的に働くことが明らかとなった。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
多肢選択式問題
研究関連テーマ
語彙力
テスト・分析方法
TOEIC
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級
英検準2級

A:研究部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

どうして「つながりのある文章」が書けるのか
―文法処理速度に焦点を当てて―

東京都/東京学芸大学大学院 在籍 鈴木 祐一

▼研究概要
高校英語教育のライティング指導では「正確さ」にのみ重点が置かれ、「流暢さ」という側面の重要性の認識が欠けている。そこで、「単文」レベルで言語処理の流暢さがつながりのある文章を書くために重要であることを証明するべく本研究を実施した。大学生を対象に、単語並び替えテストで単文の文法処理速度を測定し、漫画のストーリーを書くライティングタスクを行わせた。ライティングタスクでの結束詞の使用を分析し文法処理速度と比べた結果、文法処理速度が速い学習者は文と文の関係に注意を向けて結束詞を多く使い、語数も多い文章を書くことができることが明らかになった。また、長い英作文を書いた経験の頻度によって、結束詞の使用の追いを調べた結果、ライティング経験が特に重要な役割を果たす部分がわかった。同時に、長い英作文を書いた経験より、文法処理速度が多くの語数を書けるようになるために必要だということが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
高校生
大学生
研究メインテーマ
ライティング能力
研究関連テーマ
文法力
ライティング能力
流暢さ
テスト・分析方法
クラスカル・ウォリスの順位和検定
スピアマンの相関係数
ピアソンの積率相関係数
文法テスト
マン・ホイットニーのU検定
ライティング・タスク
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

テキストマイニングによる学習者作文における談話能力の測定と評価

大阪府/大阪大学大学院 在籍 小林雄一郎

▼研究概要
本研究では,日本人中学生,高校生,大学生の英作文を集めた「学習者コーパス」を解析し,(1) 中学生,高校生,大学生と学年が上がるにつれて,談話標識の頻度や使用傾向はどのように変化するのか,(2) 学習者(中学生,高校生,大学生)と母語話者の間には,談話標識の頻度や使用傾向にどのような違いがあるのか,という2 点に光を当てて,量的分析と質的分析を行った。また,談話標識に関して,先行研究ではさまざまな定義や構成要素が提案されているが,本研究では Hyland(2005)の metadiscourse markers の定義とリストに準拠した。  その結果,接続表現(transitions, frame markers),視点(self-mentions),心的態度(hedges, boosters)といった多くの点において,習熟段階の異なる学習者の間,そして学習者と母語話者の間に頻度や用法に関する大きな差異が見られた。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
ライティング能力
研究関連テーマ
コーパス
語彙力
ライティング能力
テスト・分析方法
対応分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英文読解におけるテキスト間情報統合能力の検証

茨城県/筑波大学大学院 日本学術振興会特別研究員DC 清水 遥

▼研究概要
本研究は,複数テキストを同時に提示した際の日本人英語学習者の読解パフォーマンスを検証した。3つの調査の結果,次の3点が明らかになった。 (1) 6つの英文読解テストを調べた結果,3つのテストにおいて複数テキストを用いた問題が出題されていた。しかし,複数テキストを受験者に提示していても,テキスト間情報統合能力を測定する問題の出題率はテスト間で異なることが示された。 (2) 学習者の英語読解熟達度によって,テキスト間の情報統合を必要とする問題の正答率に差が見られ,熟達度の高い学習者ほど正答率が高かった。特に,テキスト間の情報統合能力を問うことで,中級および上級レベルの英語学習者の読解力の違いが明らかになった。 (3) 熟達度の高い学習者は熟達度の低い学習者よりも複数テキストの内容をより理解していたが,情報源の理解に関しては熟達度による差は見られなかった。  本研究から,英文読解テストに複数テキストを利用することによって,テキスト間情報統合能力というより高次レベルの読解スキルの測定が可能になることが示唆された
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
リーディング能力
研究関連テーマ
読解熟達度
リーディング能力
テスト・分析方法
ACE(Assessment of Communicative English)
TOEIC
英検問題(リーディング)
読解テスト
筆記再生テスト
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

英語授業における教師の考えとコミュニケーション志向との関連
―教師をめざす大学生が行った模擬授業の分析を中心に―

北海道/旭川実業高等学校 教諭 志村 昭暢

▼研究概要
本研究では教師をめざしている教員養成課程の大学生が行った中学校と高等学校での授業を想定した模擬授業について,Frölich,Spada and Allen(1985)で開発された授業分析手法である,Communicative Orientation of LanguageTeaching Observation Scheme(COLT)を用いて分析し,それぞれの授業におけるコミュニケーション志向の特徴を分析した。その後,分析結果をもとに授業者に面接調査を行い,授業の背景にある授業者のビリーフ(考え)を明らかにした。  結果は授業分析により活動形態,活動内容,学習者の使用技能,教師・学習者の言語使用の観点により,それぞれの学生教師(教育実習生)が行った授業のコミュニケーション志向の特徴を明らかにできた。また,面接調査の分析により,学生教師のビリーフが模擬授業のコミュニケーション志向の特徴に反映されていることが明らかになった。また,各教師が行った模擬授業の背景にあるビリーフも明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
授業研究
研究関連テーマ
コミュニケーション
スピーキング能力
ビリーフ
テスト・分析方法
COLT(Communicative orientation of Language Teaching Observation Scheme)
グラウンデッド・セオリー・アプローチ(GTA)
スピーキングテスト
必要技能
リーディング
リスニング
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.22 2010

大学入試英作文の語彙分析
―異なるコーパス間の比較から―

新潟県/長岡工業高等専門学校 教諭 占部 昌蔵

▼研究概要
本研究は,入試英作文の中で出題されることの多い和文英訳問題に的を絞って英文を収集し,それをコーパス化したものを分析し,その特徴を明らかにすること,および,高校生の書いた自由英作文コーパスと比較することによって,それぞれどのような相違点があるのかを探ることであった。主な分析に使用したソフトはAntConcとRangeである。主な分析結果は,次の4点である。 (1) 入試英作文の方が,多くの種類の語を使用しているということ。 (2) 頻度順で上位30位までの分析では,自由英作文の方が,わずかに内容語の使用が上位に来ているということ。 (3) 語彙難度分析では,大きな違いは示されなかったが,入試英作文の方が,難度の高い語をより多く使用しているということ。 (4) 特徴語分析では,自由英作文に比べて入試英作文では what が顕著に使用されており,その品詞が関係代名詞であったということ。  最後に,データ収集の方法やタグ付けなど今後の課題を提示した。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
語彙分析
大学入試
研究関連テーマ
異なり語数
コーパス
語彙力
産出量
テスト・分析方法
コンコーダンス分析
和文英訳テスト
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

日本人学習者の英語語意知識測定テストの開発と検証
―正答率および応答自信度による評価―

東京都/東京大学大学院 博士課程・在籍 中田 達也

▼研究概要
本研究では,L2における語意知識(語の意味に関する知識)を測定するためのテストである再認式文章完成課題において,応答自信度を得点に反映することで,テストの1)信頼性,2)妥当性,3)実用性が改善されるかどうかを調査した。98人の日本人大学生を対象とした調査の結果,自信度を語意テスト得点に反映することで,信頼性と妥当性の構造的側面に関しては改善される可能性が示唆された。しかし,妥当性の一般化可能性および外的側面に関しては,差が見られなかった。また,テストの実用性に関しては,自信度を用いない従来の採点方式の方が優れていた。本研究の結果から,再認式の語意テストにおいて自信度を用いることは必ずしも必要ではないものの,高い信頼性が望ましい場合には,自信度を採点に取り入れることが1つの選択肢になり得ることが示された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語意知識測定テスト
研究関連テーマ
リーディング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
一元配置分散分析
項目応答理論(IRT)
語彙テスト
多肢選択式テスト
テューキー法
ピアソンの積率相関係数
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

ランゲージングが第二言語学習に与える効果

カナダ/トロント大学大学院 在籍 鈴木 渉

▼研究概要
本研究は,日本の大学教育機関で学ぶ日本人英語学習者が,英語の語彙や文法について考えたことや理解したことを自分の言葉で自分自身に説明することが,どのような効果を与えるかについて検証したものである。実験に参加した学習者は,まず特定のトピックについて英作文を書き,次に英語の母語話者から筆記でのフィードバック(直接訂正)を受け,それに対して考えたことや理解したことを自分の言葉で書いて説明(「ランゲージング」と定義)する。その後,学習者は,フィードバックを受ける前の元の英作文を見ながら,書き直しをする。分析の観点は,ランゲージングの内容の深さのレベルによる分類(① 半信半疑,② 単純な気付き,③ 理由を伴った気付き),及び,ランゲージングのレベルと書き直しの関係の2 点である。結果,(1) 日本人英語学習者が英作文のフィードバックを理解する際のランゲージングは理由を伴った深いレベルが多いこと,(2) ランゲージングは,そのレベルにかかわらず,学習に効果を与えることが明らかになった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ランゲージング
研究関連テーマ
フィードバック
ライティング指導
テスト・分析方法
Χ²検定
実験群/統制群
自由英作文
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

英文読解テストとしての再話課題の有効性の検証
―テキストタイプ、産出言語、採点方法の妥当性を中心として―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 甲斐 あかり

▼研究概要
本研究は,再話課題の実施や採点に関する複数の手続きを重要度評定とテキストの再生率を用いて比較検証することにより,日本人英語学習者に適した再話課題の手続きを明らかにすることを目的とした。主な結果は次の3点である。 (1) テキストタイプの影響を検証した結果,物語文の方が説明文よりも再生率が高いことが示された。また,テキストタイプによって再生される情報の質や重要度が異なり,物語文では登場人物や設定に関する情報の重要度や再生率が高く,説明文では主題に沿った情報の重要度や再生率が高いことが示された。また,物語文では場面が変わる部分(登場人物の行動の変化)や時間的な経過がある部分が多く産出される傾向があることが示された。 (2) 産出言語の影響を検証した結果,重要度の高低にかかわらず日本語での再生率が英語での再生率よりも高いことが示された。 (3) 採点方法(重み付けあり・なし)による再生の傾向に違いがないことから,簡便性を考慮すると重み付けなしの採点で十分であることが示された。  本研究によって,再話課題に適したテキストタイプ,産出言語,採点方法が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
再話課題
研究関連テーマ
産出量
熟達度
スピーキング指導
評価(指導者による)
テスト・分析方法
t検定
英検問題(スピーキング)
英検問題(リーディング)
クラスター分析
三元配置分散分析
読解テスト
二元配置分散分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.20 2008

コーパス分析とラッシュ・モデルを用いたライティング・テストでの困難度比較

茨城県/筑波大学大学院 在籍 長橋 雅俊

▼研究概要
本研究は,作文テストで与えるトピックの違いから評価への影響を調べ,教育現場での公正な作文評価がどこまで可能か検証する。  予備調査では,極めて熟達した ESL学習者によるTOEFL Test of Written English( TWE)の練習作文を,コーパス分析し,作文の長さ,語彙的特徴を測定した。この結果から対象のトピックを選び,本調査で日本人学習者のパフォーマンスを調べる。本調査1では予備調査でのコーパス分析を引き継ぎ,トピックごとに書かれた語彙的特徴を比較した。また6段階の全体的評価で採点し,得点に深刻な差がないか調べた。本調査2では,同一の学習者に2回テストを実施し,どの程度採点結果が一貫するのか調べた。  結果,異なるトピックによる作文は,高度な語彙の使用頻度に違いをもたらした。一方,全体的評価の平均点には差がなく,トピックの違いがパフォーマンスに与える影響は小さいと言える。ただし評価者の採点基準は常に一定とは限らず,厳しさの違いが確認された。この違いが得点に誤差をもたらす可能性から,現場教師のパフォーマンス評価には独断に陥らないための採点手続きが求められるだろう。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ライティングテスト
研究関連テーマ
異なり語数
コーパス
語彙力
タスク
評価(指導者による)
テスト・分析方法
t検定
一元配置分散分析
クラスカル・ウォリスの順位和検定
テューキー法
マン・ホイットニーのU検定
ラッシュ・モデル
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.19 2007

基幹部と選択肢の関連強度が語彙テストパフォーマンスに及ぼす影響

茨城県/筑波大学大学院 在籍 中川 知佳子

▼研究概要
本研究は,語彙知識の有無によって語彙ネットワークの関連強度(リンク強度)がどのように変化するのかを検証する実験1と,多肢選択式語彙テストにおける基幹部(stem)と選択肢の関連の強さがテストパフォーマンス(正答率,選ばれる選択肢の種類)に及ぼす影響を検証する実験2から構成されている。 実験1においてはパラディグマティック(paradigmatic),シンタグマティック(syntagmatic),音韻(phonological)の3種類のネットワークの発達を学習者の反応時間をもとに検証し,以下の2点が明らかとなった。(a) 語彙知識が深まることによりパラディグマティック,シンタグマティックネットワークが発達する。また,(b) 語彙知識がない場合には音韻関連を中心としたネットワークが構築される。 実験2においては基幹部の影響を,(a) 基幹部として与えられる文の種類,(b) 基幹部に含まれる目標語と正答選択肢のリンク強度,そして,(c) 基幹部に含まれる手がかり(目標語の同義語)と正答選択肢のリンク強度,以上の3つの観点から分析を行った。 主な結果は以下の3点である。(1)基幹部が例文の場合,定義文を与えた場合よりも正答率が高くなる。(2)目標語や,基幹部に含まれる同義語と正答選択肢のリンク強度は正答率に影響を及ぼさない。また,(3) 目標語が未知語である場合には,音韻的な類似性を持つ錯乱肢が選択されやすい。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙テスト
研究関連テーマ
語彙知識
テスト・分析方法
TOEIC
t検定
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
三元配置分散分析
多肢選択式テスト
単純主効果検定
テューキー法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

指導と評価の一体化をめざした信頼性の高い英作文評価基準表の作成: 多変量一般化可能性理論を用いて

東京都/津田塾大学 演習助手 大久保 奈緒

▼研究概要
本研究においては,英作文評価基準表を作成し,その評定項目及び,評定者に関する信頼性の検討を多変量一般化可能性理論や評定者フィードバックを用いて検討した。この評価表は,ジャンル分析研究を参考に作成された。内容,構成,語彙,言語使用の4観点から成立し,各観点に,3から4の下位項目が設置されている。3人の英語母語話者である英語教師が,41人の大学生が書いた英作文を,この評価表を用いて評定した。多変量一般化可能性理論を用いた分析では,信頼性の高い結果が導き出された。しかし,語彙と言語使用の多変量一般化可能性係数,多変量信頼度指数が,内容及び構成に比べ信頼性の低い結果となり,前者2観点については改善が示唆された。また,評定者フィードバックから,内容・構成の採点の際に,評定者が過去の経験から構築された内的基準と本評価表との間で,すり合わせを行っている様子が浮かび上がった。2003年に発表された「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」(文部科学省, 2003)の中では,実践的コミュニケーションが強調され,英語をコミュニケーションの手段として使用し,4技能の育成を図ることが推進されている。このような流れとともに,2004年には英検において1級に自由英作文が,準1級に記述式問題が導入されるなど,和文英訳や一文単位の英作文に限らない,まとまりのある英文を書く能力が求められる傾向が強まっている。しかし,英文ライティングの評価は評価観点が多岐にわたり,複雑であるため敬遠されがちである。本研究においては,英文ライティングの指導内容を反映した英作文評価基準表(以下,評価表)を作成し,その採点項目及び,評定者に関する信頼性の検討を多変量一般化可能性理論や評定者フィードバックを用いて検討する。
▼キーワード
研究対象
大学生
教師・教職者
研究メインテーマ
評価者トレーニング
研究関連テーマ
フィードバック
メタ言語能力
テスト・分析方法
CASEC
一般化可能性理論
共分散構造分析
質問紙法(アンケート)
信頼性指数
分散分析
ライティング・タスク
必要技能
ライティング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

学習者の口頭によるオンラインと訳出によるオフラインのパフォーマンス比較
―産出量・複雑さ・文法的正確さ・カバー率の4指標を用いて―

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 松原 緑

▼研究概要
英語学習者が産出を行う際にどれほど自分の持ち合わせている英語能力を発揮できているのだろうか。これまで学習者のパフォーマンスを測定するには,主として流暢さ・複雑さ・正確さの3つの指標が用いられてきた。しかしこれら3つの指標だけでは,最終的に産出されたデータを表面的に評価することしかできない。本研究では「正確さ」の指標を,「文法的正確さ」と,意図したことをどれほど意味的に表出できているかを示す「カバー率」に分け,分析することを提案する。日本人英語学習者のオンライン・モードとオフライン・モードにおけるパフォーマンスを産出量・複雑さ・正確さ・カバー率の4指標を用いて分析した結果,学習者の持ち合わせている英語能力レベルにかかわらず,オフライン処理であれば表出できるものも,オンライン処理を必要とする口頭産出では表出できていないことがわかった。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
パフォーマンス比較
研究関連テーマ
産出量
正確さ
文法力
テスト・分析方法
インタビュー
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

ゲーティング法を応用した英語リスニング能力の要因分析

愛知県/名古屋大学大学院 在籍 村尾 玲美

▼研究概要
本研究では,日本人英語学習者と母語話者が,英語を聞き取る時に利用する手がかりについて,プロソディ情報と表現の知識という観点から分析を行った。結果として,次の2点が明らかになった。 1)母語話者とリスニング上級者は分節音素を聞かなくても,プロソディを手がかりとして使ってなじみ度合いの高い定型表現を認識することができた。リスニング中級者はこの能力に劣っており,定型表現を韻律的なまとまりとして記憶していないことが示唆された。 2)母語話者は,なじみ度合いの低い非定型表現でも,プロソディの手がかりを使って文構造や弱音節を認識することができた。学習者はプロソディの手がかりを非定型表現の認識に利用する能力に劣っていた。 本研究により,プロソディの手がかりを表現認識にどのように使うかが,リスニング能力に関与しているということが示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
ゲーティング法
リスニング指導
研究関連テーマ
定型表現
リスニング指導
リスニング能力
テスト・分析方法
二元配置分散分析
ボンフェローニ法
リスニングテスト
5件法アンケート
必要技能
リスニング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.18 2006

語彙テストの形式が語彙知識と読解能力の測定に及ぼす影響

茨城県/筑波大学大学院 在籍 森本 由子

▼研究概要
本研究は文脈が手がかりにならない言い換え形式のテスト(Type A),文脈が手がかりになる言い換え形式のテスト(Type B),そして文脈が手がかりになる空所補充形式のテスト(Type C)という3タイプの多肢選択式語彙テストと,単語の意味にかかわる知識,コロケーションの知識,読解能力との相関関係が異なるかどうかを調べた。この結果,言い換え形式のテストは空所補充形式のテスト(Type C)より単語の意味にかかわる知識を測定しており,文脈が手がかりになるテスト(Type B)は手がかりにならないテスト(Type A)よりも読解能力を測定している割合が大きかった。しかしコロケーションの知識については相関係数間に有意差が現れなかった。したがって,単語の意味にかかわる知識と読解能力については同様の文脈内語彙テストでも測定している能力の割合が異なることが示されたため,目的に応じて文脈内語彙テストを使い分ける必要があることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
語彙テスト
テスト形式
研究関連テーマ
コロケーション
語彙知識
語彙力
テスト形式
テスト・分析方法
TOEIC
語彙テスト
ピアソンの積率相関係数
偏相関分析
必要技能
リーディング
英検 対象級
-

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.17 2005

リーディングテストにおける質問タイプ
―パラフレーズ・推論・テーマ質問と処理レベルの観点から―

茨城県/筑波大学大学院 博士課程・在籍 清水 真紀

▼研究概要
本研究ではリーディングプロセスの観点から,英検,TOEFL,大学入試センター試験のテスト構成を明らかにし,さらに上位・下位レベルの処理の概念も加え,これら異なるレベルの処理間にどのような関係があるかについて調べた。 まず,各テストの質問を,内容の観点から「パラフレーズ質問」,「推論質問」,「テーマ質問」,「指示質問」,「語彙質問」,「文章構造質問」の6種類に分類した結果,TOEFL が多様な種類の質問から構成されているのに対し,英検は明示的な情報について問う質問が多く,また,センター試験はこれらの中間とも言える特徴をなしていることがわかった(調査1)。さらに,「推論質問」,「テーマ質問」,「文章構造質問」を上位レベルの処理,そして「パラフレーズ質問」を下位レベルの処理とした場合,上位レベルの処理は下位レベルの処理よりも難しいことが示された。また上位・下位レベルの処理の相関は中程度であることがわかった(調査2)。 これらの結果から,質問内容は項目困難度に影響を及ぼす重要な要因の1つであると考えられること,そして幅広い技能を含めたリーディング能力を測定する場合にはさまざまな内容の質問をテストに含めることの重要性が示唆された。
▼キーワード
研究対象
大学生
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
テスト形式
リーディング指導
研究関連テーマ
テスト形式
パラフレーズ
リーディング指導
テスト・分析方法
TOEFL
一元配置分散分析
英検問題(リーディング)
センター試験
多肢選択式テスト
テューキー法
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検2級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

日本人英語学習者の読み方とチャンキング単位の関係
―速読と精読における効果的なチャンクの比較―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 土方 裕子

▼研究概要
英文の読解速度を上げるために広く行われている指導法の一つが,チャンク(意味単位,センス・グループ)ごとに語順に沿って読む読み方(=チャンキング,フレーズ読み,スラッシュ・リーディング)である。 チャンキングを用いた指導が効果的になるためには,前もって読み手自身がどのようなチャンキング単位で処理しているのかを知ることが重要である。しかし,目に直接見えない心内過程を測定することは難しく,確立された測定方法もない。 本研究では読み手のチャンキング単位を測定するのに,速読と精読の2つの読み方を設定した。これは,読む目的に応じて,同一個人であっても異なるチャンキングを行うと考えられたからである。更に複数の観点からチャンキング能力を測定するため,ペーパー形式(実験I)とパソコン形式(実験II)の2つの方法から読み手がより速く正確に読めるチャンキング単位を調べた。
▼キーワード
研究対象
大学生
研究メインテーマ
チャンキング(スラッシュリーディング)
研究関連テーマ
速読
チャンキング(スラッシュリーディング)
読解熟達度
読解速度
テスト・分析方法
TOEFL
一元配置分散分析
三元配置分散分析
ピアソンの積率相関係数
必要技能
リーディング
英検 対象級
-