研究対象別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

D:その他

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

能力記述文による自己評価と実際のスピーキング能力の関係
―英検 Can-do リストと CEFR-J を使って―

茨城県/筑波大学大学院 在籍 横内 裕一郎

▼研究概要
本調査は、英語スピーキング能力を英検Can-doリストやCEFR-Jの記述文を用いた自己評価が、再話課題への回答で得られた実際のスピーキングパフォーマンスとどのような関係があるかを調査したものである。近年、英語スピーキング能力の評価を大学入試でも行おうという動きがある中、実際に中・高等学校でスピーキング能力を評価する機会は多くない。また、各中・高等学校が学習指導要領に基づいた学習到達目標をCANDOリストの形で具体的に設定するよう文部科学省が提言したことにより、今後CAN-DOリストの開発と妥当性の検証を行うことが多くなると考えられる。本調査では、Shojima(2007a、 2007b)による潜在ランク理論を用い、自己評価と再話課題のパフォーマンスから得られた潜在ランク推定値をクロス集計によって比較した。その結果、英検Can-doリストとCEFR-Jの能力記述文を使用した自己評価は同じ方向性を示したものの、再話課題によるパフォーマンスとの関連性は低かった。
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
スピーキング能力
研究関連テーマ
CEFR
英検 Can-do リスト
学習到達目標
自己評価
スピーキング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
スピーキングテスト
潜在ランク理論
4件法アンケート
必要技能
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級

B:実践部門

EIKEN BULLETIN vol.23 2011

英語スピーキングテストにおける対話者の存在がスピーチパフォーマンスに与える影響

兵庫県/宝塚市立御殿山中学校 教諭 柳瀬 学

▼研究概要
現在、英語学習者のスピーキング能力を測るためのさまざまなテストが実施されている。それぞれのテストの特徴の違いの1つが対話者(話し相手)の存在の有無であるが、先行研究においてスピーキングテストにおける対話者の有無は、発話者のジェスチャー頻度に大きな影響を与え、ジェスチャー頻度の違いはスピーチにおける流暢さと正確さの数値と高い相関があることが実証されている。ただ、それらのデータは母語(L1)話者やESL環境の英語話者から得られたもので、EFL環境の日本入学習者に関するデータはほとんど存在しない。そこで本研究ではスピーキングテストを行う際、対話者の存在が日本人上級英語学習者のスピーチパフォーマンスにどのような影響を与えるかを検証した。結果、対話者が目の前に存在した場合、存在しなかった場合よりも有意にジェスチャー頻度、およびスピーチの流暢さ、正確さの値が伸びていた。最後にこれらの結果から今後の英語スピーキングテストの在り方に関する提案を行っている。
▼キーワード
研究対象
日本人英語学習者
研究メインテーマ
スピーキングテスト
スピーチ
研究関連テーマ
T-unit
スピーキング能力
文法力
流暢さ
テスト・分析方法
t検定
一元配置分散分析
スピーチ
ボンフェローニ法
必要技能
スピーキング
英検 対象級
-

C:調査部門

STEP BULLETIN vol.16 2004

幼児英語学習者のコミュニケーション分析
―イマージョンスクールにおけるケーススタディー―

北海道/北海道大学大学院 在籍 田村 有香

▼研究概要
概要なし
▼キーワード
研究対象
その他英語学習者
研究メインテーマ
イマージョン
幼児英語学習者
研究関連テーマ
イマージョン
コミュニケーション能力
非言語行動
テスト・分析方法
授業観察
必要技能
リスニング
スピーキング
英検 対象級
-