英検対象検定級別一覧 EIKEN BULLETIN 英検 研究助成 報告書

表示を絞り込む

選択条件をクリアする

キーワード検索

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.26 2014

新課程版高校検定教科書における英検 Can-do リストと関連のあるタスク【共同研究】

新潟県/長岡工業高等専門学校 准教授 田中 真由美

▼研究概要
本研究では「英検 Can-do リスト」、英語教科書に見られるタスク、そしてパフォーマンス評価の関係を明らかにし、教材、指導そして評価のあり方について示唆を得ることを目的として2つの調査を行った。調査1では、「コミュニケーション英語Ⅰ」と「英語表現Ⅰ」の検定教科書における「英検 Can-do リスト」と関連のあるタスク数を調査した。その結果、教科書内の「書く」タスクと「話す」タスクのほとんどが「英検 Can-do リスト」の「まとめ表現」と関連することがわかった。調査2では教科書のタスクが英語の授業でどのように修正されているかを調べた。教科書のタスクはそのまま使われるのではなく、話題の修正やパフォーマンス評価基準の設定により生徒の実生活や英語力に合った難易度に変えられることがわかった。
▼キーワード
研究対象
教科書
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
英検 Can-do リスト
検定教科書
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
学習指導要領(高等学校)
学習到達目標
検定教科書
コミュニケーション
テスト・分析方法
インタビュー
質問紙法(アンケート)
必要技能
ライティング
スピーキング
英検 対象級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級

C:調査部門

EIKEN BULLETIN vol.24 2012

中等教育現場に有意な資格試験のあり方に関する研究
―実用英語技能検定とTOEIC,その他資格試験との比較,および今後における課題―

三重県/日生学園第一高等学校 教諭 山西 敏博

▼研究概要
本論は以下の8点に対して分析を行い、提言をしていくことを研究目的とする。 1.英検とTOEIC.TOEIC Bridge、工業英検における中等教育現場に対する有益性 2.英検の優位性:英検とセンター試験との関連性、TOEICとの比較 3.英検のTOEIC、TOEIC Bridgeと比較しての課題 4.英検の中等教育現場への取り組み方 5.中等教育学校現場の教員が欲している資料 6.保護者に対して有益性を訴える資料 7.その他に対する意見・提言 8.総括:課題と提言 これらに関して、外部試験として定評のある資格英語試験である英検とTOEIC(Bridge)を、大学入試センター試験英語科目との獲得得点などの相関性と比較検討しながら、今後の指標としていくことをめざす。 その結果、英検は中等教育現場において、語彙や学習内容項目他の点でTOEICやTOEIC Bridge、その他の試験よりも優位性を示すことがわかった。
▼キーワード
研究対象
資格・検定試験受験者/試験問題
研究メインテーマ
資格試験
研究関連テーマ
語彙
テスト・分析方法
TOEIC
英検問題(スピーキング)
英検問題(ライティング)
英検問題(リスニング)
英検問題(リーディング)
センター試験
必要技能
-
英検 対象級
英検1級
英検準1級
英検2級
英検準2級
英検3級
英検4級
英検5級

A:研究部門

STEP BULLETIN vol.21 2009

診断テスト・学習プログラム方式 CBT のフィードバック作成と検証
―並べ替え問題の履歴分析を通して―

新潟県/長岡市立宮内中学校 教諭 姉崎 達夫

▼研究概要
本研究の目的は次の3つである。(1) 並べ替え問題において,日本人学習者の間違いに見られる特徴は何か。(2) 並べ替え問題の誤答に対して,L1のフィードバックを提示した場合に語順の理解や定着が進むか。(3) 並べ替え問題の正答と誤答は並べ替え時間に差があるか。「授業同時テスト」方式 CBT に公立中学校の3年生約55名が参加した。出題は英検4級の並べ替え問題から35問を用いた。 本研究から次の3点が示唆された。(1) 中学生に見られる誤答の原因として,日本語の語順の影響,連語の知識の不足,結びつきの強さの影響などが考えられる。(2) 並べ替え問題において,L1と L2のフィードバックも L2のみのフィードバックも語順の定着につながるが,前者のフィードバックが後者のフィードバックよりも語順の定着に結びつくとは言えないことが示された。(3) 並べ替えの時間については正答の方が誤答よりも短時間だったことから,知っている語順は迷わず正確に並べ替えることができる傾向があることが示唆された。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
オンライン学習
研究関連テーマ
フィードバック
リーディング能力
テスト・分析方法
Χ²検定
英検問題(リーディング)
語句整序テスト
分散分析
5件法アンケート
必要技能
リーディング
英検 対象級
英検4級

D:その他

STEP BULLETIN vol.20 2008

英検 Can-do リストを使った Self-access Learning リスト作り
―授業の諸活動と英検各級合格との関係を明らかにする―

東京都/狛江市立狛江第一中学校 教諭 北原 延晃

▼研究概要
英検 Can-do リストは非常によくできているが,一般の中学生では理解できない表現があちこちに見られる。そこで中学生に理解できるように記述を簡単にすると同時に授業でどんなことができればその記述に当てはまるのか具体的に示した。 目的:生徒が自分で英検のどの級に合格できるかを判断できる 期待される成果:  ① 授業と英検が直接結び付く  ② 自分の学習到達度の履歴が一目でわかる表ができる  ③ 英検に合格するための細かな項目をチェックできるため,生徒が安心して英検を受験できるようになり,ひいては受験者増につながる。
▼キーワード
研究対象
中学生
研究メインテーマ
SALL(Self-Access Language Larning)
英検 Can-do リスト
研究関連テーマ
英検 Can-do リスト
自己評価
テスト・分析方法
質問紙法(アンケート)
必要技能
-
英検 対象級
英検準2級
英検3級
英検4級
英検5級