>
>
団体責任者様へのご案内(概要)

2021年度第1回「英検®」 団体責任者様へのご案内

Page Top
①金土日の3日程だった一次試験の準会場に、新たに4日程を追加!
2021年度よりA~Gの7日程より1日程を選択いただけます。(ただし、受験上の配慮および海外準会場はD~Fの3日程となります)
②金曜日実施が塾・英会話教室等を含むすべての団体様で選択可能!
これまでは塾・英会話教室等は金曜日実施をご選択いただけませんでしたが、2021年度より金曜日実施も選択可能となります。
③二次試験本会場にC日程を追加!
2021年度より、二次試験本会場はA~C日程の3日程となります。A日程では1~3級、B日程では2~3級、C日程では1・準1級のみ実施します。
④一般受験者を受け入れ可能な団体様のご案内・公開を2021年度も継続!
2021年度も継続して、一般受験者を受け入れ可能な団体様を募集・公開いたします。自校で受験ができない受験者様がいらっしゃいましたら、是非ご案内ください。(詳細は下部参照
⑤二次試験準会場実施を2021年度も継続!
2~3級の準会場志願者数が100名以上の団体様に限り、二次準会場を実施いただけます。A・B日程のうち、いずれかの日程をご選択いただけます。
⑥第1回検定でも引き続き準会場の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策経費をお支払い。
準会場の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策経費申込人数に応じた金額をお支払いします。(詳細は下部参照
⑦一次試験準会場の「金曜・土曜両日実施」は2020年度をもちまして終了。

2021年第1回 申込受付期間・申込方法

申込受付期間
45日(月)
430日(金)
書店申込締め切り 423日(金)
※書店申込書類協会必着日 427日(火)
申込方法
インターネット申込(団体責任者用ログインサービス・団体サポートシステム)
郵送申込 FAX申込 特約書店申込

<本会場>2021年度第1回 試験日程 1級~5級

本会場
試験日(2021年度 第1回)
ウェブ合否結果公開日
成績表必着日
一次試験
530日(日)
※海外は5月29日(土)
614日(月)
622日(火)
二次試験
A日程: 627日(日)
(1級~3級)※海外含む
B日程: 74日(日)
(2級・準2級・3級)
C日程: 711日(日)
(1級・準1級)追加!
76日(火)
713日(火)
720日(火)
713日(火)
720日(火)
727日(火)

ご注意事項
二次試験 本会場に関すること

※二次試験(本会場)の日程は、申込方法、受験級、年齢等によって指定します。原則として日程の選択はできません。
 A日程では1~3級、B日程では2~3級、C日程では1・準1級のみ実施します。
※海外での受験、離島などでの受験、障がい等のある方への受験上の配慮での受験はA日程のみとなります。
※学校教育法に定める学校については、事由等の条件を満たした申請をすることで、日程変更が可能となります。
 詳細はこちら 2021年度より検定回毎に日程変更申請をしていただけるようになりました。

<準会場>2021年度第1回 試験日程 
(一次試験:A~Gの7日程から1日を選択/二次試験:A日程またはB日程のいずれかを選択)

準会場
試験日(2021年度)
ウェブ合否結果公開日
成績表必着日
一次試験
団体がA~Gの7日程
から1日を選択
A日程:521日(金)

B日程:522日(土)

C日程:523日(日)

D日程:528日(金)

E日程:529日(土)

F日程:530日(日)

G日程:612日(土)
(4・5級限定)

※障がい等のある方への受験上の配慮・海外会場はD~F日程から選択可
A~F日程
614日(月)


G日程
629日(火)
A~F日程
622 日(火)


G日程
76日(火)
二次試験
A日程:627日(日)
準会場:2級・準2級・3級
(A日程の本会場では1~3級を実施)
B日程:74日(日)
準会場:2級・準2級・3級
(B日程の本会場では2~3級を実施)

76日(火)
713日(火)
713日(火)
720日(火)

ご注意事項
一次試験 準会場に関すること

※A~Gの7日程から団体ごとに1日程のみ選択可能です。
※G日程は4級・5級のみの実施です。
※障がい等のある方への受験上の配慮・海外会場はD~F日程から選択可能です。
 障がい等のある方への受験上の配慮での受験は、日程により対応可能な配慮内容が異なります。
 詳細は受験上の配慮のページをご確認ください。
※準会場の「金曜日実施」(A・D日程)をすべての団体様が選択可能になりました。
※2020年度をもちまして、「金曜・土曜両日実施」は終了しました。
※F日程(本会場試験日と同日の準会場日曜日実施)は、全国一律で級別に試験開始時間が決まっています。
 変更は一切認められません。
※A~E,G日程の試験は午前9時以降の任意の時間に実施してください。

二次試験 準会場に関すること

二次準会場のお申し込み条件  
以下の条件を全て満たす団体は二次試験準会場の選択が可能です。
  • 学校教育法に定める学校と官公庁
    または準会場登録が完了している団体(私塾・企業など)
※合同実施の場合は親団体・子団体ともに準会場資格または準会場登録が完了している必要があります。
  • 自団体単独で2級・準2級・3級の一次試験志願者数が100名以上
    または、合同実施で2級・準2級・3級の志願者数が100名以上(志願者数は一次試験免除者を含む)
  • 当日の実施運営全般を自団体で行える
  • 準会場規定や実施マニュアルに沿って厳正に試験運営できる
  • 二次試験実施責任者を含む、運営スタッフ(少なくとも3名)を手配することができる(下記表を参照)
  • 面接室や受験者控室など、試験運営に適した教室(少なくとも3部屋)を必要数用意できる(下記表を参照)
二次試験受験者数
(2~3級合計)
スタッフ数
(実施責任者含む)
教室数
~40名
3~4名
3~4室
41~100名
4~5名
4~5室
101~140名
5~6名
5~6室
以降40名ごと
+1~2名
+1~2室
※上記は目安です。二次試験受験者数や級の組み合わせによって、必要人数や教室数は変動します。
※面接室数は級別の二次試験受験者数に応じて協会が指定します。
(例)一次試験受験者100名、二次試験受験者50名の場合
 必要監督者人数‥4名(実施責任者1名、受験者控室1名、面接室2名)
 必要教室数‥4部屋(面接室2部屋、受験者控室1部屋、本部教室1部屋)
※二次進出者数に応じた準会場実施経費をお支払いします。(経費の詳細は「団体受験申込の手引き」参照)

二次準会場実施の特徴

こちらは、準会場において二次試験を実施される責任者の方向けの、運用方法概要のご説明を目的とした動画です。
あくまで概要となりますので、詳細は二次試験準会場実施責任者用マニュアルをご覧ください。
※2020年度第3回検定より、面接委員はフェイスシールドの着用は行わないこととします。 詳しくは こちら
上記PDFより必要な人員や部屋の詳細などをご確認いただけます。

検定料

実施会場
一次試験
二次試験
1級
準1級
2級
準2級
3級
4級
5級
団体
のみ
準会場
(新方式)
準会場
(現行方式)
準会場
(新方式)
準会場
準会場
本会場
準会場
本会場
準会場
6,100円
6,500円
9,300円
5,400円
5,800円
8,800円
4,400円
4,800円
7,500円
2,900円
2,900円
4,900円
2,500円
2,500円
4,500円
個人/
団体
本会場
本会場
本会場
12,600円
10,700円
9,700円
9,200円
7,900円
4,900円
4,500円

※検定料は税込みです。
1級、準1級は本会場のみです。
※一次試験免除者も同額です。詳細は一次試験免除についてのページからご確認ください。
※海外本会場では1~3級のみご受験いただけます。また、検定料が国内と異なります。詳細は、各国の海外受験ウェブサイトをご確認ください。

2021年1月の準会場一次試験日程では実施できない団体様への救済措置として、代替日程(12月・2月)をご選択可能に

※代替日程であり、追加日程ではございませんので、あらかじめご注意ください。

◎第1回・2回検定で団体申込予定だったが、コロナ禍で申込できず、1月の第3回検定は学校行事等で準会場実施ができない。
◎第3回検定を実施予定だったが、コロナ禍の影響で1月の試験日に学校行事等を入れざるを得なくなった。
→ 救済措置として、12月18日(金)・19日(土)に2級~5級限定で試験日を設定します。

◎4級・5級を年度末の学習成果として、児童・生徒等に受験させたいが、1月実施では時期が早く、なんとか年度内に受験させたい。
→ 救済措置として、2月13日(土)に4・5級限定で試験日を設定します。(準会場の受験対象者が4級・5級のみの団体に限ります)

また、二次試験につきましても、「二次準会場」実施の場合は、二次試験をA~Cの3日程(C日程を追加)からご選択いただけます。(第1回検定・第2回検定からの継続)

代替日程での申込や二次準会場実施を希望される場合は、「第3回英検特別対応申請フォーム」での申請が必要です。
(詳細は、後述の2020年度第3回準会場試験に関する特別対応ページにてご案内しております。)

<準会場>新型コロナウイルス感染症拡大防止対策経費のお支払い(変更点⑥の詳細)

2021年度第1回「英検®」「新型コロナウイルス感染症拡大防止経費(継続・変更)」のご案内
平素より実用英語技能検定(英検)をご活用いただき誠にありがとうございます。 

お陰様で、3月21日に昨年度(2020年度)の英検の試験が無事にすべて終了いたしました。試験実施に携われた皆様には、コロナ禍の状況下におきまして、受験者様の安全確保を第一に、ヘルスチェックの徹底、ならびに感染防止策を万全に整えていただき、無事に終了いただきましたことにつきまして、改めまして御礼申し上げます。また、一部の準会場実施団体様におかれましては、近隣の一般受験者を受け入れていただき、実施をいただきましたことも重ねて御礼申し上げます。

2021年度の英検につきましては、第1回検定の申込受付を開始しております。
個人申込:3月25日(木)~5月6日(木)17時まで  団体申込:4月5日(月)~4月30日(金) 

標題におきまして、昨年度は緊急事態宣言が発令され、学校が休校等になり、外出自粛要請が出される状況でございました。またマスクをはじめとする感染防止の衛生資材の価格が高騰し、また確保も難しい状況に見舞われ、弊協会としまして、皆様に2020年度に限り、準会場実施団体様に『新型コロナウイルス感染症拡大防止対策経費』として1団体あたり一律2,000円をお支払いさせていただきました。 

今般、コロナの状況は先行きが見えず、第4波が到来するといった情報もございます。
また、今年度も先のご案内の通り、準会場実施団体様には、一般の受験者様をひとりでも多く皆様の会場内で受験いただけるようなご依頼もさせていただいております。

 つきましては、2020年度に限り対策経費をお出しさせていただくご案内をさせていただきましたが、今年度につきましても同様、こうした状況も考慮し、「新型コロナウイルス感染症拡大防止経費」を弊協会から準会場実施団体様にお支払いさせていただきます。
ただし、コストの面や諸状況が変わっていることもあり、2021年度の経費算出基準につきましては変更がございまして、別紙「2021年度第1回「英検®」『新型コロナウイルス感染症拡大防止対策経費』のご案内」をご高覧いただきますよう宜しくお願い申し上げます。 今年度も受験者一義に立ちまして、安全を最優先に実施を行ってまいります。皆様におかれましても引き続き受験者のためご尽力いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

<準会場>一般受験者を受け入れ可能な団体の公開(変更点④の詳細)

自校で受験ができない一般受験者を受け入れ可能な準会場実施団体(塾など)をあらかじめ募り、一覧でウェブサイトに公開します。
以下のような受験者様(生徒等)がいらっしゃいましたら、是非ご案内ください。

団体申込手続き

『必読』団体でのお申し込み前に必ずご確認ください。
【2021年度の団体申込の際の注意事項】
「団体でのお申し込み」に進む
団体申込受付は4月30日に締め切りました。