1. Linguaskill Business HOME
  2. BULATSのご案内

BULATS のご案内

BULATSは2019年12月をもって試験終了となります。
2020年1月よりLinguaskill Businessへ完全移行いたします。

BULATSの特徴

グローバルビジネスで求められる英語力を測定

BULATSは、欧州のみならず、東南アジアや中国など世界中で採用されており、現在、国際的なビジネス環境におけるコミュニケーションの英語力を評価する柔軟なオンラインテストツールとして、47ヵ国の企業や団体で、採用における評価やグローバル人材育成として人材の長所と短所の把握のために活用されている、世界各国に認められたテストです。

公益財団法人 日本英語検定協会 Cambridge English Language Assessment Authorised BULATS Agent

  • 英語研修効果測定
  • 活用方法

BULATSは、ビジネスシーンで求められる英語でのコミュニケーションスキルを測定するテストとして、出題内容は、広範囲な職種に対応可能な、ビジネスに特化したコンテンツで構成されています。

出題テーマとタスク(テスト課題)の内容
オフィス、一般ビジネス場面
  • 約束(会議)のアレンジ・承諾を出す(受ける)指示を出す(受ける)・意見を求める(述べる)賛成(不賛成)・要望表明・討論・推薦・決断の正当性の説明など
顧客の接待、同僚や顧客との 関係
  • 趣味や余暇の話題・接待を受ける(断る)・感謝表明・謝罪表明など
売買
  • 値段交渉・納品交渉・申し入れ・合意など
製品、サービス
  • 製品やサービスに関する情報を求める(提供する)・比較する・意見や意向を述べる、苦情処理など
成果、業績
  • 業務成果の説明・傾向・変動など
健康
  • 健康/職場の安全・余暇の過ごし方など
その他
  • 一般的な話題(教育、価格、時事問題、天気など)

グローバルスタンダードのCEFRに基づく評価

BULATSは、グローバルスタンダードであるCEFRに基づき評価を行っております。海外留学などの基準として広く活用されています。CEFRは、欧米の大学における基準となっているほか、商社をはじめとする日本の大企業で、昇進、昇格基準や、海外赴任、海外留学などの基準として広く活用されています。

CEFR(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assesment)

CEFRは、語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、分かりやすく包括的な、透明性の高い基盤を提供するものとして、20年以上にわたる研究を経て策定されました。現在、広く欧州域内外で使用されてます。

時間と場所を選ばない測定

オンラインテスト形式により、ネットワーク接続可能なPCがあれば、世界中のどこからでもビジネスに求められる英語スキルの測定が可能です。場所も時間も選ばす組み合わせ自在なテスト形式で、より短時間で的確に、低コストで判定が実現します。

Speaking (15分)、Writing(45分)、Reading & Listening(Max85分)

Reading & Listeningは、受験後その場でスコアを確認することが可能です。Speaking Writingは、ご受験後に認定試験官(※1)による採点を行い5~10営業日以内にスコアをお知らせします。
※1:ケンブリッジ大学英語検定機構が規定する厳しい基準・トレーニングをクリアーした試験官(例:母語を英語とする、第二言語の教育者としての資格等)。

テスト内容

Speaking テスト内容

商品名

Online Speaking Test

テスト形式
  • マイク付のヘッドセットを用いて、スクリーンに表示される指示に従って解答
所要時間
  • 約15分
試験内容
  • Part1:インタビュー
  • Part2:音読
  • Part3:プレゼンテーション
  • Part4:グラフを用いたプレゼンテーション
  • Part5:ロールプレイ
評価
  • CEFRレベル
結果通知
  • 試験実施後、10営業日以内にスコアレポートを発送

Writing テスト内容

商品名

Online Writing Test

テスト形式
  • タイピングによる入力形式
所要時間
  • 45分
試験内容
  • Part1:Eメールや手紙、メッセージ
  • Part2:報告書/企画書の作成
評価
  • CEFRレベル
結果通知
  • 試験実施後、10営業日以内にスコアレポートを発送
Cambridge Write & Improve Movie

Reading & Listening テスト内容

商品名

Online Reading & Listening Test

テスト形式
  • Computer Adaptive Test
    (受験者の能力に合わせて出題レベルが変化。正解すれば、より難度の高い問題が、不正解なら、より易しい問題が出題。)
  • 4/3肢択一式
    (一部語句の入力式)
所要時間
  • 受験者の能力が確定するまで。
    通常60分程度(最大85分)
試験内容

ListeningおよびReading and Language Knowledge

評価
  • スコア表示(0~100)とCEFRレベルの併記
結果通知
  • 試験終了と同時に表示。
    後日、スコアレポートを発送
  • CEFR(The Common European Framework of Reference for Languages)は欧州評議会(Council of Europe)のプロジェクトのひとつとして作成された、ヨーロッパ各国における外国語教育の向上を目的とした包括的なガイドラインです。このガイドラインは外国語教育に関わる様々な分野の専門家による長年の調査・研究に基づいています。

オンライン版デモサイト

BULATSオンライン版のデモテストを体験することができます。採点はされませんので、あらかじめご了承ください。
以下に沿ってデモサイトをご利用ください。

以下のチェックツールで受験可能かご確認ください。
いずれかの項目に「NO」が表示された場合は、ハード・ソフトを増設またはインストールしてください。

テスト環境チェックツール

回線環境のチェックを行ってください。回線速度が512kbbs以上であればご受験可能です。

回線速度チェックツール

BULATS Onlineテスト 推奨システム要件
CPU:PentiumⅢ800Mhz以上 メモリ:512MB以上 ハードディスク空き領域:4GB以上
ブラウザ:IE10以上
※ MacOSには対応しておりません。
音声システム:サウンドカード、ヘッドフォン
回線速度:512kbbs以上
Adobe Flash Player v15.0.0.167以上 Java v1.5.1以上 マイクロソフトエクセル2003以上
Adobe Acrobat v8.0以上

token number
デモサイトは3つのテストが体験できます。後ほど、「token number」(パスワード)の入力が必要になります。
以下の「token number」をコピーまたはメモしてください。

Test token number
BULATS Online Reading and Listening DEMBULE1
BULATS Online Speaking DEMBULE1SP
BULATS Online Writing DEMBULE1W
  • 3つのテストタイプ(BULATS Online Reading and Listening、BULATS Online Speaking 、BULATS Online Writing)から体験するテストタイプを選択し、次の言語選択画面で「English」を選択します。
  • 「TUTORIAL」をクリックするとテストの解答方法の案内(英語)の動画を見ることができます。
  • 「TEST」をクリックするとデモテストの受験に進みます。「token number」の入力を求められるので、「token number」を入力してください。入力後、「take test」をクリックし、個人情報を入力したら、テストがスタートします。

オンラインデモサイト

  • デモサイトに採点機能はありません。あらかじめご了承ください。

BULATS Score Report

BULATS Score ReportはOnline Reading & Listening Testでは終了後すぐにご確認いただけます。また、試験実施後10営業日以内に結果を発送いたします。

BULATS Score Reportの見本

BULATS Score Report

拡大する

Can-Do Statementについて

  CEF レベルの説明
熟達した言語使用者

C2

聞いたり、読んだりしたほぼ全てのものを容易に理解することができる。
いろいろな話し言葉や書き言葉から得た情報をまとめ、根拠も論点も一貫した方法で再構成できる。自然に、流暢かつ正確に自己表現ができ、非常に複雑な状況でも細かい意味の違い、区別を表現できる。

C1

いろいろな種類の高度な内容のかなり長いテクストを理解することができ、含意を把握できる。
言葉を探しているという印象を与えずに、流暢に、また自然に自己表現ができる。
社会的、学問的、職業上の目的に応じた、柔軟な、しかも効果的な言葉遣いができる。
複雑な話題について明確で、しっかりとした構成の、詳細なテクストを作ることができる。その際テクストを構成する字句や接続表現、結束表現の用法をマスターしていることがうかがえる。

自立した言語使用者

B2

自分の専門分野の技術的な議論を含めて、抽象的かつ具体的な話題の複雑なテクストの主要な内容を理解できる。
お互いに緊張しないで母語話者とやり取りできるくらい流暢かつ自然である。
かなり広汎な範囲の話題について、明確で詳細なテクストを作ることができ、さまざまな選択肢について長所や短所を示しながら、自己の視点を説明できる。

B1

仕事、学校、娯楽で普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば主要点を理解できる。
その言葉が話されている地域を旅行しているときに起こりそうな、たいていの事態に対処することができる。
身近で個人的にも関心のある話題について、単純な方法で結びつけられた、脈絡のあるテクストを作ることができる。
経験、出来事、夢、希望、野心を説明し、意見や計画の理由、説明を短く述べることができる。

基礎段階の言語使用者

A2

ごく基本的な個人的情報や家族情報、買い物、近所、仕事など、直接的関係がある領域に関する、よく使われる文や表現が理解できる。
簡単で日常的な範囲なら、身近で日常の事柄についての情報交換に応ずることができる。
自分の背景や身の回りの状況や、直接的な必要性のある領域の事柄を簡単な言葉で説明できる。

A1

具体的な欲求を満足させるための、よく使われる日常的表現と基本的な言い回しは理解し、用いることもできる。
自分や他人を紹介することができ、どこに住んでいるか、誰と知り合いか、持ち物などの個人的情報について、質問をしたり、答えたりできる。
もし、相手がゆっくり、はっきり話して、助け船を出してくれるなら簡単なやり取りをすることができる。

  1. 各レベルの冒頭に「Research has shown that typical candidates at this level can:」とありますように、ここに示されている4技能別英語能力はCEFR(※1)とALTE(※2)の調査・研究に基づき、受験者が該当するレベルの「典型的な英語力」を説明しています。
  2. 「典型的な英語力」とは、そのレベルに該当する方がどのようなことができる可能性が高いのかを示しています。従って、実際にはご本人の英語能力が部分的にそれを上回ったり、あるいはやや下回ったりする場合もあります。
  • CEFR(The Common European Framework of Reference for Languages)は欧州評議会(Council of Europe)のプロジェクトのひとつとして作成された、ヨーロッパ各国における外国語教育の向上を目的とした包括的なガイドラインです。このガイドラインは外国語教育に関わる様々な分野の専門家による長年の調査・研究に基づいています。
ページトップへ