毎週土日、英検が受けられます しかも1日で4技能を測定
自分のスタイルで受験できる!

原則、毎週実施だから、仕事や部活動の予定にあわせて「いつでも」受験日が選べる!

従来型の英検は年間3回の実施ですが、「英検 S-CBT」は試験日が多く、部活動の予定やご自身の都合にあわせて受験日を選択できます。

  • 各月の申込受付期間はそれぞれ異なります。受付期間についてはこちらでご確認ください。
受験スケジュールイメージ

英検 S-CBT は「どなたでも」受験可能に!

2020年4月より、英検 S-CBT はご年齢や、ご職業を問わず、受験していただくことが可能になりました。

部活や大会があるから、たくさんある試験日の中から受けたい日を選べるのは良いね!

入試で活用する大学がこんなに多いんだ!
あっ!自分の志望校もあった!

一人暮らしで、アルバイト代も多くないから
受験料が安いのは助かる!

社会人

昇進・海外赴任に使われる資格。毎日忙しいので、1日で4技能受験できるのはうれしい!

CBTは我々世代でも意外とカンタン。生涯学習の継続にとっても便利。

社会人

英語教員に求められる「準1級」も受験できるんだね!1日で4技能受験できるから、忙しい私たちには助かるな。

「英検 S-CBT」とは

正式名称「英検2020 1 day S-CBT」

従来型の英検と同じ出題形式を取りつつ、スピーキングテストを吹込み式として1日で4技能を測ることができる試験です。実施級は準1級、2級、準2級、3級です。
「英検 S-CBT」に合格すれば、従来型の英検と同じ資格を得ることができます。

「英検S-CBT」についての情報を簡潔にまとめた資料(A4版)をご用意しました。
ご友人などにリンクを共有するなどご活用ください。
団体(学校・塾・予備校・英会話教室)の先生方は、印刷して配布するなどご活用ください。

「英検S-CBT」資料
「英検S-CBT」はこんなにカンタン!
まずはこちらで受験体験
体験版

技能別のテストの流れはこちらから

英検S-CBTのテストセンターは全国に80エリア以上!

英検S-CBTテストセンター一覧(2020年8月の場合)

「英検 S-CBT」を受験する 10 のメリット

1

級認定、英検 CSE スコアは従来型英検、英検CBT同様、生涯有効

「英検 S-CBT」は従来型英検、英検 CBT と同様に、一度取得した級、英検 CSE スコアは生涯有効です。

  • 提出される機関(大学入試で大学へ、就職試験で企業へ)によって、取得期間を定めている場合がございますので、提出先の条件を必ずご確認ください。
2

従来型英検や英検 CBT と同じ資格価値として、「級認定」・「英検 CSE スコア取得」ができる

「英検 S-CBT」は、従来型の英検と実施方式の違いはありますが、問題形式や難易度、級認定、合格証明書発行、英検CSEスコア取得等はすべて同じです。

級の合否の他に、技能別に「英検 CSE スコア」で結果が表示されるため、自分の今の英語力や伸長度が一目でわかり、英検級のステップアップはもちろんのこと、生涯学習にも最適な指標として活用いただけます。

3

英語民間試験活用大学のうち、推薦・AO入試で99%,一般入試で95%の大学が「英検」を採用

「大学入試英語成績提供システム」の利用は延期となりましたが、多くの私立大学を中心に、来年度も従来型の英検と同様、「英検 S-CBT」の試験結果を入試に活用していただけます。

英語民間試験利用大学数推移 3か年比較(2018年度入試~2020年度入試)

推薦・AO入試

759大学中
354大学(46.6%)が
英語民間試験を活用

一般入試

759大学中
199大学(26.2%)が英語民間試験を活用

引用:旺文社教育情報センター

英語民間試験採用率(2020年度)

推薦・AO入試

英検 99%

一般入試

英検 95%

引用:旺文社教育情報センター

全国400以上の大学・短大が2020年度入試で英検を利用

※2020年度入試実績(日本英語検定協会調べ)。下図は、一般入試、推薦・AO入試のいずれかあるいは両方で、英検を入試の一部として活用した大学となります。2021年度入試においても、活用状況については大きく隔たった変更はないものと予想しております。最新の情報は各大学の入試情報サイト、または募集要項をご確認ください。

北海道エリアで英検を活用している大学

東北エリアで英検を活用している大学

関東エリアで英検を活用している大学

甲信越・北陸エリアで英検を活用している大学

東海エリアで英検を活用している大学

近畿エリアで英検を活用している大学

中国エリアで英検を活用している大学

四国エリアで英検を活用している大学

九州・沖縄エリアで英検を活用している大学

4

原則、土日実施だから、部活の予定や自分の都合に合わせて受験日が選べる!

他の試験よりも試験日が多く、部活動の予定やご自身の都合に合わせて受験日を選択していただけます。

5

同一検定回内で、「他の英検方式(従来型の英検・英検CBT)」との併願が可能となり受験機会が増える

同一検定回内(第1回検定:4月~7月実施)で受験される場合、併願を活用してお申し込みいただくことで、同じ級を最大3回受験することができ、受験機会が広がります。

  • ただし一度申し込んだ検定はキャンセルできませんので、成績提供のタイミングをよくご確認いただきお申込み願います。
6

一日で英語の4技能すべてが受験できる(二次試験不要)

従来型の英検はRLW(一次試験)とS(二次試験)が分かれており、4技能すべてを受験するには2日を要しますが、「英検S-CBT」は1日で4技能すべてが測れるので交通費や宿泊費等も節約できます。

7

ライティングテストは手書きで解答、リーディング・リスニングテストはマークシート方式

コンピュータの操作に自信のない方は、長い文章を短時間でタイピングすることが課題とされますが、「英検S-CBT」はライティングの解答が従来型の英検と同様、解答用紙に手書きでおこなうことから、ITリテラシーに自信のない方も違和感なく受験していただけます。

各テストの試験の流れをチェック!

下記の各テスト画面をクリックすると形式ごとの試験の流れを見ることができます。

スピーキングテストの操作

リスニングテストの操作

リーディングテストの操作

ライティングテストの操作

8

入試に対応し得る、高いセキュリティレベルにあるテストセンターで受験できる

厳正な実施体制(不正行為防止等)の構築

  • 受付で受験者の入室および本人確認の管理
  • 私物の管理(ロッカー、またはクリアバック等の使用)
  • 監視カメラの設置
  • パーテションの設置(不正行為防止)
  • 試験用の環境整備(掲示物等、試験に関係しうる情報の排除)

受験に適した試験会場の構築

  • パーテションの設置(隣席を気にせず試験に集中できる環境づくり)
  • 特注の専用ヘッドセットを全国共通で使用(長時間装着しても違和感のない作り)
  • 室温管理の徹底(常に快適に試験を受けていただけるよう温度設定等の管理)
  • 会場により一部設備が異なりますことをご了承ください。
9

全国47都道府県、80エリア以上にテストセンターを設置

都市部に会場が集中することなく、全国一様に会場を設置しますので、入試を目的とする受験者はもちろん、英語能力向上を目的とする全国の英語学習者の皆様にも、比較的に遠方まで行かずに受験していただけます。

10

従来型英検(本会場受験)よりも安価な検定料で受験できる

「英検S-CBT」は、従来型の英検(本会場受験)よりも安価で受験していただけます。
さらに、従来型の英検のように試験日程が2日間に分かれず、どなたも1日で4技能を測定できることも、メリットと言えます。

2020年度従来型英検と、英検 S-CBT の検定料

従来型
英検 S-CBT
準1級
8,400円
7,900円
2級
7,400円
6,900円
準2級
6,900円
6,400円
3級
5,900円
5,400円

一般申込はこちら

※4月・5月の試験延期に伴う振替手続きはこちら