英検S-CBT

従来型の英検と同じ出題形式を取りつつ、1日で4技能測定が可能

従来型英検との併願も可能、年間で6回同じ級を受験可能

システムメンテナンスの予定について

お知らせ

学校や公開会場で受験する従来型の英検はそのままに、2021年4月より、テストセンターで受験する2つのCBT、「英検S-CBT」と「英検CBT」が1つになり、よりシンプルに、より分かりやすくなります。
「英検S-CBT」の平日実施分をお得に受けられるキャンペーンを実施中です。
キャンペーンの内容については下記ボタンよりお進みいただきご覧ください。

「英検S-CBT」とは?

英検S-CBT は、スピーキング、リスニング、リーディング、ライティングを1日で測ることができる試験です。
従来型の英検は一次試験、二次試験と2日間の試験です。(対象級:1級~3級)

英検S-CBTは 1日で4技能を測ることができる試験ですが従来型の英検と同様の級・スコアとして扱われます。
また従来型英検との併願も可能で、原則毎週実施の試験です。

スピーキングはヘッドセットを装着し解答を録音する吹込み式です。
リーディング・リスニングは、PC(コンピューター)画面上でマウス操作することで解答していただきます。

ライティングはお申込み手続きの際に以下の2つの解答方式から選択することができます。
 ・筆記型:PC画面の問題を読み、手書きで解答用紙に記入していただきます。
 ・タイピング型:PC画面の問題を読み、キーボードで入力していただきます。

英検S-CBT の特徴

受験対象者

  • 各級とも年齢・職業・学歴などは問いません。ただし、PCの基本的な操作(マウスクリック等)ができることが必要です。

実施方式

  • 問題内容はPC画面上に表示されます。

  • スピーキングはヘッドセットを装着し解答を録音する吹込み式です。

  • リスニングは、ヘッドセットで音声を聞き、マウスで選択肢をクリックして解答します。

  • リーディングは、マウスで選択肢をクリックして解答します。

  • ライティングは、選択方式となります。
      ・筆記型:解答用紙に記述します。
      ・タイピング型:キーボードを使って解答を入力します。 

  • 出題内容、難易度、採点基準は従来型の英検と変わりません

  • 英検S-CBTでは、必ず4技能全てを受験いただきます。特定の技能のみ受験することはできませんので、ご注意ください。

  • 英検S-CBTは、全ての受験者が1日で4技能を受験するテストのため、一次試験免除申請をして英検S-CBTにお申し込みいただくことはできません。

試験画面・操作方法

  • 下記の各テスト画面をクリックすると形式ごとの操作方法を見ることができます。

~2021年3月実施
  • こちらは2020年度~2021年3月実施の英検 S-CBTの実施形式です。

  • 表示される画面は、実際の受験時に見ていただく画面とは若干異なる場合があります。

英検 S-CBTを本番の試験さながらに受験体験できる「体験版」をご用意しました。

2021年4月実施~
  • こちらは2021年度(4月実施~)から実施する英検 S-CBTの実施形式です。

  • 表示される画面は、実際の受験時に見ていただく画面とは若干異なる場合があります。

原則、毎週土日実施

  • 従来型の英検は年間3回の実施ですが、「英検S-CBT」は試験日が多く、部活動の予定やご自身の都合にあわせて受験日を選択できます。

    ただし、同回次(第1回/第2回/第3回)で同じ級をお申込みできる回数には上限があります。

2021年4月実施以降は検定期間内に2回まで受験可能です。

      受験環境

      • 受験席全てにパーテーションを設置

      • 受験席は最低でも幅80cmを確保し、メモ用紙を用意

      • スピーキング・リスニング用にヘッドセットを完備

      「テストセンター」イメージ

      ×
      アンケートを確認する
      Thank you! Your submission has been received!
      Oops! Something went wrong while submitting the form.