TEAPにおける新型コロナウイルスへの対応

【重要】
・試験当日の来場前にヘルスチェックを実施してください。
・欠席する場合も必ず実施してください。
・試験会場ではマスクを正しく着用してください。

  • 受験者の皆様の安全確保のため、試験会場でおこなう感染予防対応

  • 試験会場に来場するすべての受験者、Examiner並びに試験監督スタッフには以下のことをお願いしています。

  • 試験当日の来場前、もしくは会場でのヘルスチェック(チェック項目に該当した場合の来場・受験はお断りさせていただきます。)
    ※受験者の皆様は試験当日、自宅を出る前に実施してください。
    ※回答の誤入力や、回答後の体調変化などがあった場合には再度回答してください。

※回答可能期間:試験当日の午前10時30分まで

  • マスクの正しい着用

  • 来場時の手指の消毒(会場入り口付近に消毒液を設置しています。)

  • 試験会場内では試験時間中を含めて換気や空調の使用をおこないます。

  • 会場内での混雑を緩和するため、受験者お一人での来場をお願いいたします。
    ※受験上の配慮等で、事前に協会より同伴が許可されている場合を除きます。(同伴者もヘルスチェックを実施してください。)

  • Examinerは原則マスクを着用の上、面接を行います。

  • 試験会場にお越しになる受験者様へのお願い事項

試験日前に、ヘルスチェック専用サイトのURLを、TEAP IDにご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
受験者の皆様は試験当日、試験会場に来場される前に、URLにアクセスしてヘルスチェックを実施してください。
欠席する場合も必ず実施してください。

所属する学校・企業・団体等で新型コロナウイルス罹患者、または濃厚接触者に指定された方等がいらっしゃる場合でも、原則ご本人が濃厚接触者や健康観察の対象者でない場合につきましては、受験可能です。ただし、当日のヘルスチェックでひとつでも該当がある場合は、受験をお断りさせていただきます。

  • 試験当日の来場前にヘルスチェックを行っていただき、1つでも該当する場合は来場・受験をご遠慮ください。

  • □ 現在、新型コロナウイルスの陽性者である
    □ 試験日前日から7日以内に濃厚接触者になった疑いがある、または保健所や医療機関等の公的機関から自宅待機・外出制限の対象と指定されている(その後、PCR検査で陰性が確認できている場合を除く)
    □ 直近で所属学校・企業・団体等で新型コロナウイルスの感染者が出て、自身が濃厚接触者かどうかまだ判明していない
    □ 海外渡航歴があり、現在、宿泊施設や自宅での待機を指示されている
    □ いつもの体温に比べて発熱がある
    □ 咳がある・息苦しい(喘息やアレルギー等の持病や新型コロナウイルス感染症の後遺症の症状の場合を除く)
    □ 下痢をしている(持病や食あたり、新型コロナウイルス感染症の後遺症の症状の場合を除く)
    □ のどの痛みや、強いだるさがある(新型コロナウイルス感染症の後遺症の症状の場合を除く)
    □ 味がしない・においがしない(新型コロナウイルス感染症の後遺症の症状の場合を除く)
    □ 風邪の症状が続いていたり、その他、体調が悪い
    □ 同居する人が以上の各項目にあてはまる

※厚生労働省や文部科学省の発表を参考にしています。

  • 回答の誤入力や、回答後の体調変化などがあった場合には再度回答してください。

  • 会場内では原則マスクを正しく着用してください(マスクはご自身でご用意ください)。

  • 原則、受験者お一人での来場をお願いいたします。
    ※受験上の配慮等で、事前に協会より同伴が許可されている場合は、同伴者もヘルスチェックを実施の上でご来場ください。

  • その他、以下の点にご注意ください。

  • 来場時の混雑緩和のため、一時的に会場への入場を制限し、お待ちいただく場合があります。
  • 会場におけるエレベーターの混雑対策のため、階段での移動をお願いする場合があります。
  • 会場内では換気や空調の使用をおこないますので、寒暖の調整ができる服装でお越しください。スタッフは、夏季はクールビズにて、冬季は防寒着を着用して勤務する場合があります。
  • 会場におきまして、手洗いやアルコール消毒をおこなってください。
  • 飛沫飛散防止のため、受験会場での不要な私語はご遠慮ください。
  • 感染防止の観点で、アルコールティッシュや消毒液の持ち込みと、ビニール手袋(透明)の着用を許可します。
    ※不正行為防止のため、中身を確認させていただくことがあります。
    ※消毒液・消毒シート等をご持参された方は、試験監督者の指示により、試験開始前にカバンにしまっていただきます。
  • 熱中症予防やマスクの着用により体調不良等のおそれがある場合、受験者の責任においてマスクを外すことも可とします。マスクを外している間は発話をしないでください。スピーキングテストなど、発話が必要な時は必ずマスクを着用してください。
  • 解散時の混雑緩和のため、順番に退室のご案内をする場合があります。