事業内容   実用英語の習得及び普及向上に繋がる研究
及び事業に対する助成事業

研究助成制度

英語教育の発展に寄与する研究をサポートする制度

「英検 研究助成制度」は、英語教育の普及・発展と英語能力テストの質的向上を目的に1987年にスタートしました。全国の小学校・中学校・高等学校・高等専門学校の先生方、大学院生の方から研究テーマ(企画)を募集。英語教育やテスティングの専門家による選考を経て、入選者に助成金を交付して、研究を支援しています。例年、2月に研究テーマ(企画)の募集を開始し、7月に入選者が決定します。その後、入選者は約1年をかけて、専門家の助言を得ながら、報告書を完成させます。この制度は広く長く英語教育関係者の間で活用され続けています。

募集テーマ

研究部門
<英語能力テストに関する研究>

英語学習者の英語能力向上に資する基礎及び応用研究または英語能力の測定と評価等の研究の報告とする。

実践部門
<英語能力向上をめざす教育実践>

小学校、中学校、高等学校の英語教育現場の中で児童・生徒の英語学習を促進させるための効果的な英語指導法等に関する実践の報告とする。

調査部門
<英語教育関連の調査・アンケートの実施と分析>

小学校、中学校、高等学校の英語教育をより充実させ、効果的に推進するために必要な調査の報告とする。

研究助成金

  • 助成金交付額 …… 各部門30万円以内
  • 入賞対象件数 …… 15件以内(全部門あわせて)

※いずれの部門も、助成交付額に相当する研究内容であることを選考の条件とします。

応募資格者

  • 小学校・中学校・高等学校・高等専門学校で英語教育に携わる教員の方
  • 英語教育に関わる研究を専攻する大学院に在籍する方

※応募条件の詳細は、下記英検 英語教育研究センターのページにてご確認ください。

第34回 「英検」研究助成 入選テーマ(敬称略)

【研究部門 3件】
「マクロルールの階層性に基づく英文読解問題の提案:詳細情報理解から概要把握まで」

筑波大学大学院 在籍 佐藤 連理

「 日本語を母語とするEFL学習者の自動化された言語知識の測定:SPRTを用いた実験を通して」

東京大学大学院 在籍 田中 広宣

「英文要約採点への自動英文解析ツールCRATの利用可能性の検証」

筑波大学大学院 在籍 丹藤 慧也

【実践部門 4件】
「児童の読み書き能力を成長させるシステマティック・フォニックスの効果検証」

百合学院中学・高等学校 教諭 阿部 友美

「高校生の英語リーディング能力の伸長における協同的なリーディング活動の効果 -対話による英語読解方略の獲得を通して-」

名古屋女子大学中学校高等学校
教諭 サルバション 有紀

「CLIL授業におけるassessment as learningの効果」

横浜女学院中学校高等学校 教諭 白井 龍馬

「中学生(A1-A2レベル)へのturn-takingのストラテジー指導が、生徒間でのやり取りの量と質に与える影響」

富山大学人間発達科学部附属中学校
教諭 吉崎 理香

【調査部門 2件】
「英語の音読に関する認識と読解の流暢さの関係―音読のメタ認知に焦点を当てて―」

筑波大学大学院 在籍 江田 博之

「動機づけ方略に関する英語教員と英語学習者の認識の考察」

大阪府立大学工業高等専門学校 講師 川光 大介

英検 英語教育研究センターのページへ