英検の証明書を
オンラインで確認・提出
できるようになります。

デジタル証明書でもっと便利に、簡単に。

ウェブ合否公開日
当日から提出可能!

追加発行の手間も
費用も必要なし!※1

管理がしやすく
確認も楽に!

発行対象枚数万枚840 ※2

※1 デジタル英検CSEスコア証明書は、受験者マイページから紙の英検CSEスコア証明書を購入された方を対象に、併せて発行いたします

※2 2024年6月時点 2018年度以降に受験した方は、デジタル証明書をご利用いただけます

お知らせ

  • デジタル証明書特設サイトを公開しました。

  • デジタル証明書サービスを提供開始しました。

生涯学習アカウント
「デジタル証明書」とは?

オンラインで、
英検の合格証明書・
英検CSEスコア証明書を
確認・提出できる、正式な証明書です。

2024年度から新たに「生涯学習アカウント」サービスの第2弾 として
「デジタル証明書」の提供を開始します。
従来の紙の証明書と同様の公式な証明であり、より早く、手間なくご利用いただけます。

  紙の証明書 NEW
デジタル証明書

2024年度〜
提供開始

イメージ
紙の証明書のイメージ
デジタル証明書のイメージ
用途

英検の級資格・スコアの証明
従来の紙の証明書と
同様の公式な証明書として
お使いいただけます。

デジタル証明書の利用可否や提出方法は提出先にご確認ください

費用

検定料内で
合格証明書を
1通発行
追加発行は
1通ごとに
1,100円

和文・英文で各1通発行

検定料内でご利用いただけ、
証明書が複数必要な場合も追加料金不要

提供日

ウェブ合否閲覧日
または追加申込完了から、
1週間~10営業日でお届け

ウェブ合否閲覧日の
当日から
確認・提出可能

発行対象

合格証明書英検の合格者全員※1

英検CSEスコア証明書
英検の合否を問わず、証明書を購入された方全員※2

※1デジタル合格証明書は、2018年度以降の試験のみ発行いたします

※2デジタル英検CSEスコア証明書は、2024年5月30日21時以降に受験者マイページから
紙の英検CSEスコア証明書を購入された方を対象に、併せて発行いたします

「デジタル証明書」利用のメリット

  • 発行に時間がかかって
    締め切りに間に合わない!

    MERIT01

    英検の合格証明書を
    ウェブ合否公開日
    当日から確認・提出が
    可能
    になります。

  • 複数の大学に
    証明書を提出したいけど
    再発行のたびにお金がかかる…

    MERIT02

    何度でも使い回しが
    可能なため、
    追加発行の手間や費用が
    かかりません

  • 証明書がたくさんあって、
    管理が大変…

    MERIT03

    オンラインで一元管理でき、
    証明書が多数あっても
    効率的に管理できます。

デジタル英検CSEスコア証明書は、受験者マイページから紙の英検CSEスコア証明書を購入された方を対象に、併せて発行いたします

詳しいメリットや利用方法はこちら

  • PCを操作する生徒

    証明書を確認・提出する
    受験者・保護者の方

    英検受験をした生徒がいる学校・学習塾の先生もこちらをご確認ください

  • PCを操作する教師

    証明書を受け取る
    大学・高校などの方

「デジタル証明書」の
提出・受け取りの流れ

「デジタル証明書」の確認・提出

  1. 受験者マイページにログインし、試験を確認

  2. デジタル証明書一覧ページで提出したい試験を選択

  3. デジタル証明書プレビュー画面を確認

  4. 提出するための情報を取得

    • デジタル証明書共有キーとカナ氏名
    • デジタル証明書ファイル
    • 「デジタル証明書共有キー」は特許出願中
デジタル証明書の確認提出の操作方法のアニメーション

「デジタル証明書」の受け取り

  1. 提出方法の周知

  2. デジタル証明書閲覧・検証サイト
    アクセス

  3. 情報を入力して閲覧

デジタル証明書の受取方の操作方法のアニメーション

今後の展開について

今後、英検および英検のデジタル証明書が大学・高校・中学の入試・単位認定や企業等でより広くご利用いただけるよう、
実用化の事例を生み出し、普及促進に努めてまいります。

またさらに皆様の生涯学習に寄与できるよう、生涯学習アカウントおよびデジタル証明書のサービス改善を検討してまいります。
概要がまとまりましたら、逐次速やかにお知らせいたします。

デジタル証明書の
利便性向上

特に英検をご活用いただいている大学入試において、受験生の確認・提出および大学の受け取りプロセスの簡略化を図ります。

生涯学習アカウントの
サービス拡充

生涯学習アカウントの利用者の皆様にとって、英検を活用した英語学習の利便性を高めるべく、利用できるサービスの拡充を図ります。

英検以外の学習への広がり

生涯学習アカウントを通じて、英検以外の検定試験や教育サービスにもアクセスでき、より幅広い学習支援ができるプラットフォームを目指します。

「デジタル証明書」の概要

提供開始日 2024年5月30日(木)
発行対象検定 2018年度以降に実施した、英検(従来型)・英検S-CBT・英検CBT・英検S-Interview
発行対象者

デジタル合格証明書

対象の試験に合格された方

デジタル英検CSEスコア証明書

「デジタル証明書」サービス提供開始日以降に受験者マイページから紙の英検CSEスコア証明書(有料)のお申し込みをされた方

英検CSEスコア証明書について、詳細は以下のページからご確認ください。

英検CSEスコア証明書(有料)

閲覧可能となる日時

デジタル合格証明書

各試験のウェブ合否公開と同時

英検(従来型)は受験者マイページでの合否公開と同時

各検定のウェブ合否公開日は、以下のページからご確認ください。

デジタル英検CSEスコア証明書

英検CSEスコア証明書の申込完了の翌営業日

コンビニ払いの場合は、支払いをもって申込完了扱いとなります

閲覧方法 受験者マイページの「デジタル証明書」タブから閲覧可能

対象者の方には自動的に発行され、受験者様は発行手続きや追加のお支払いは不要です

閲覧方法について詳細はこちら

注意事項 英検協会が発行するデジタル証明書に記載される氏名の漢字は、「CJK統合漢字」に準拠しています。
準拠文字一覧はこちら

ご登録の氏名に準拠外の漢字が含まれている場合、デジタル証明書作成の過程で、適切な代替漢字に変換されます。
代替漢字が存在しない場合は、「●」で表示されます。
代替漢字や「●」を別の漢字に変更したい場合は、以下のページをご確認の上、お問い合わせください。

デジタル証明書の氏名または生年月日を訂正したい場合

また、紙の証明書も発行しておりますので、変換前の漢字での証明書が必要な場合は、そちらをご利用ください。

「デジタル証明書」で利用した
技術と背景について

利用した技術とその技術を使ってできることについて

英検のデジタル証明書は、世界的なウェブ標準化団体であるW3Cが提唱するVerifiable Credentials規格に準拠して開発されました。

Verifiable Credentialsは、証明書の内容にデジタル署名を施すことで、デジタル証明書の発行元が英検協会であること、および内容が改ざんされていないことを検証できます。

受け渡し方法とその背景

英検のデジタル証明書の受け渡し方法は、個人情報をすべて含むVerifiable Credentialsデータの受け渡しだけではなく、より安全にご利用いただける「氏名カナと共有キー」を介する方法もご用意しています。
英検は近年大学入試で多く利用されており、英語の外部検定試験利用者の90.0%が英検※というデータもあります。高校生をはじめとした未成年が利用する点、そして利用する団体が短期間で大量のデータを取り扱うという特徴を鑑みて、「氏名カナと共有キー」を介した受け渡し方法を推奨します。

2023年度一般選抜に関する旺文社の調査より

Verifiable Credentialsの利用について

今後Verifiable Credentialsの利用がさらに普及する可能性を考慮して、ユーザーが自分のVerifiable Credentialsをダウンロードできるようにする仕様を採用しています。Verifiable Credentialsは、ご本人のみが「デジタル証明書ファイルをダウンロード」ボタン(プレビュー画面下部に設置)からダウンロード可能です。取り扱いには十分ご注意ください。デジタル証明書の閲覧・検証サイトでは、アップロードしたファイルに対する改ざん検証と、証明書の内容閲覧が行えます。

英検協会が発行するVerifiable Credentialsが様々な団体で検証できるように、スキームを広く公開のうえ、働きかけてまいります。

関連資料

以下のサンプルで、カナ氏名と共有キーまたはデジタル証明書ファイル(json形式)の検証・表示がお試しできます。

カナ氏名と共有キーのサンプル

エイケンタロウ
01HTP8RHGFE1E4JFP762AK8J5Y

デジタル証明書のサンプルファイル

デジタル証明書のサンプルファイルをダウンロード