受験案内

試験日程

2014年度実施

第1回検定
受付期間 3月21日~5月16日(書店は5月14日締切)
一次試験

本会場:6月8日(日)
準会場(すべての団体) :6月7日(土)、8日(日)
準会場(中学・高校のみ):6月6日(金)

二次試験 7月6日(日)
第2回検定
受付期間 8月1日~9月18日(書店は9月16日締切)
一次試験

本会場:10月12日(日)
準会場(すべての団体) :10月11日(土)、12日(日)
準会場(中学・高校のみ):10月10日(金)

二次試験 11月9日(日)
第3回検定
受付期間 12月1日~12月22日(書店は12月19日締切)
一次試験

本会場:2015年1月25日(日)
準会場(すべての団体) :2015年1月24日(土)、25日(日)
準会場(中学・高校のみ):2015年1月23日(金) 

二次試験 2015年2月22日(日)

※海外会場の日程は「海外受験会場案内」サイトをご覧ください。

級と会場

一次試験

会場区分 1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
本会場(日曜日)
準会場(土・日曜日)
中学・高校特別準会場(金・土曜日)

ニ次試験

会場区分 1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
本会場のみ

二次試験の受験資格者は、一次試験を合格された方、および1級~3級の一次免除で出願された方。4級・5級には二次試験はありません。

受験地一覧

会場について

本会場

申込時に受験地の選択はできますが、試験会場は指定できません。具体的な試験会場は申込受付後、受験票に記載して通知します。(受験地・試験会場は各回次によって異なる場合があります。)
ご希望の受験地が満員の場合は、他受験地へ移動となる場合がありますので予めご了承ください。

全国約230都市・400会場で実施する公開会場。
1級の二次試験のみ札幌・仙台・横浜・東京・新潟・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・那覇の11都市で実施。

準会場、中学・高校特別準会場

申込責任者が定めた、申込団体単位の会場。

「準会場受験」とは、受験者が所属する団体(学校・塾・企業など)が団体申込みをする場合、その団体を会場として一次試験を実施する受験方法。日程などの詳細は、所属団体の英検申込担当者に直接ご確認ください。

検定料

本会場の検定料

1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
8,400円 6,900円 5,000円 4,500円 3,200円 2,100円 2,000円

準会場実施の検定料

1級 準1級 2級 準2級 3級 4級 5級
4,600円 4,100円 2,800円 1,600円 1,500円
  • 1級、準1級は本会場のみ。
  • 一次試験免除者も同額です。

2014年度 第1回より検定料が改定になります。詳しくは下記「検定料改定のお知らせ」をご覧ください。

試験時間

一次試験

午前 午後
集合時間 終了時間(予定) 集合時間 終了時間(予定)
準1級 9:30 12:00 1級 13:00 15:50
準2級 9:30 11:35 2級 13:00 15:15
4級 9:30 11:10 3級 13:00 14:40
5級 13:00 14:20
  • 土曜日実施の準会場は上記と試験時間が異なります。(各団体による任意設定)
    各団体の英検担当者に直接ご確認ください。

二次試験

二次受験票にて指定します。(一次試験免除者も同様)

原則として、

  • 午前:準1級・準2級
  • 午後:1級・2級・3級
  • 集合時間は二次受験票にて指定されます。
  • 会場によっては午前に1級・3級を実施する場合もあります。

一次試験免除について

試験免除資格

1級〜3級の一次試験に合格した方は、合格から1年間に限り、次回受験の際に一次試験が免除され、二次試験から受験できる資格が与えられます。

例:2012年度第1回検定の一次試験合格者は2013年度第1回検定まで免除資格あり

お申し込み方法

通常の受験者と同様、申込受付期間内に、一次試験に合格した時の回次と受験番号を「願書」の「一次試験免除申請欄」に記入し、検定料を添えて申し込みます。

ダブル受験について

同じ試験日に同じ会場で実施する級の中で、隣接した2つの級を一緒に受験することができます。

お申し込みは2つの級でそれぞれ行います。団体申込の場合、志願者は2つの級でそれぞれ人数に数え、願書は2枚必要です。

  • 同一級の重複受験はできません。重複受験をした場合は両方とも無効になります。
  • 1級と準1級のダブル受験をする場合は、「1級を実施する会場」で受験します。

解答用紙の記入方法

1級・準1級の一部を除いて、一次試験・二次試験と共に解答用紙は「マークシート」です。そのため、次の筆記用具が必要です。

  • HBの黒鉛筆またはシャープペンシル(サインペン・ボールペン・万年筆などを使用すると無効になります)
  • 消しゴム
  • 試験中に筆記用具を連続して落とすなど、周囲に迷惑な音を発生させないようご注意ください。

Get ADOBE READER

PDFの閲覧にはAdobe® Reader®が必要です。
Adobe社のウェブサイトでダウンロードできます。

年少者の受験

小さなお子様が受験される際には、「よくあるご質問」ページの「試験前」のコーナーをご覧いただき、注意事項のご確認のほか、マークシートの練習など行っていただきますようお願い申し上げます。

障がい者特別措置について

目や耳・肢体などがご不自由な方には、特別措置を講じます。個人/団体でのお申し込み方法と共に、手続き前に以下より、特別措置要項・申請書をご確認ください。

  • 点字は1級〜4級の日曜日受験に限ります。(5級は実施しません)
  • 5級の特別措置は準会場受験に限ります。
  • 車椅子の方も必ず申請してください。

個人情報の取り扱いについて

公益財団法人 日本英語検定協会の個人情報の取り扱いについては、「個人情報保護方針」をご覧ください。

海外での受験

英検はイギリス(ロンドン)・アメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス)の海外3カ所の公開会場でも受験できます。試験日・検定料・申込方法などは日本国内とは異なります。詳しくは、各国の海外受験会場案内サイトでご確認ください。

英検CBTでの受験

英検CBT(Computer Based Testing)受験とは、2級・準2級の一次試験を英検CBT会場でコンピューターを使って受験するシステムです。合格すると、紙の検定と同じ資格を得ることができます。詳しくは英検CBTウェブサイトをご確認ください。