「英検」研究助成制度

日本英語検定協会では、1987年より、英語能力テストおよび英語教育に関する研究企画を広く募集し、優秀な企画に対して助成金を交付しています。
研究後に提出された研究成果は、当協会発行の研究報告書および、本サイトで広く公表いたします。

英語教育・英語能力テストに関わる独創的な企画、有用な企画をお持ちの方からの多数のご応募をお待ちしています。

募集テーマ

A:研究部門 <英語能力テストに関する研究>

英語能力の測定・評価に関して、その改善向上や英語教育に役立つもの。「報告書」(研究結果)は、ある程度学術的な論文としての体裁を必要とします。

B:実践部門 <英語能力向上をめざす教育実践>

とくにコミュニカティブな英語能力を培うための斬新な、または効果的な指導法など。「報告書」は、授業における新しい試みや実験などのプロセスとその結論をまとめた実践記録で、「研究部門」で求められる論文としての体裁は不要です。

C:調査部門 <英語教育関連の調査・アンケートの実施と分析>

日常的な英語教育のなかでの小規模な調査やアンケートを内容とするもの。アンケートの単純な集計・分析ではなく、独自の研究構想にもとづく調査内容・結果を必要とします。

D:テーマ指定研究部門 <「CAN-DO」に関する研究>

第24回までは、「委託研究部門」として、約3年の歳月をかけて2万人以上に調査し作成された「英検Can-doリスト」の内容(能力記述文)に関する研究を募ってまいりました。2011年に文部科学省が発表した「国際共通語としての英語力向上のための5つの提言と具体的施策」の中でも、各学校が、生徒に求められる英語力を達成するための「学習到達目標をCAN-DOリストの形で具体的に設定・公表すると共に、その達成状況を把握する」ことが施策として打ち出されています。

これを受け、第25回からは「テーマ指定研究部門」と名称を変更し、「英検Can-doリスト」の研究に加え、「学校でのCAN-DO」に関する研究をテーマとしてとりあげます。学校内における能力記述文の作成、そのタスク化およびその評価方法などに関する研究をしてくださる方を募集します。

D-1:「英検Can-doリスト」に関する研究 <個人または共同研究>

「英検Can-doリスト」の内容(能力記述文)について、様々な角度や視点からの研究(例として、「英検Can-doリスト」によるライティング技能に関する妥当性の検証など)を募集します。級別(1つの級あるいは複数の級)、技能別(1つの技能あるいは複数の技能)ごとに研究していただくことも可能です。

D-2:学校でのCAN-DOに関する研究 <共同研究>

学校現場における、下記のいずれか、または1~4の項目を組み合わせたCAN-DOに関する研究を募集します。

  1. 1.学習到達目標の「能力記述文」化
  2. 2.能力記述文のタスク化と実施例
  3. 3.タスクの評価方法
  4. 4.「英検Can-doリスト」の活用事例
  • いずれも研究テーマ(企画内容)は、他の団体から委託されたり、すでに実質的に完了し発表されたりしたもの(修士論文なども含む)ではないものとします。

専門選考委員

池田 央 立教大学名誉教授
大友 賢二 筑波大学名誉教授
長 勝彦 財団法人 語学教育研究所参与
木村 光男 公益財団法人 日本英語検定協会 専務理事
小池 生夫 慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授
村木 英治 東北大学名誉教授
吉田 研作 上智大学言語教育研究センター教授・センター長
和田 稔 明海大学名誉教授
  • 敬称略、五十音順

選考基準

各部門とも、企画内容が独創性、有用性に優れているもの。

  • 選考基準をほぼ満たした内容で、その領域・対象が事例として少ないもの、あるいは、とくに実践的な英語教育の普及発展の観点から有用なものは、別途に「奨励研究」として選考することがあります。

研究助成応募のサンプルをご用意しました(一部)。応募の際の参考にご利用ください。

応募資格者

  • 小学校・中学校・高校・高専で英語教育に関わりを持つ教員。共同研究も認める。
  • 大学院在籍者で英語教育に関わる研究を専攻する方。
  • 研究テーマ(企画内容)が以下に該当するものは、応募できません。
    • 他の団体から委託されたもの、または委託される予定のもの
    • 過去に発表したことがあるもの(修士論文などを含む)、または発表する予定のもの
    また、報告書の著作権は日本英語検定協会に帰属します。弊協会にて発表後、内容を公表する際は、その旨を明示する必要があります。
  • 応募者および共同研究者は「研究」を主たる生業としていない方に限ります。
  • 第27回および第28回で入選された方は応募できません。

研究助成金

  • 助成金交付額

    A~C部門およびD-1部門:30万円以内
    D-2部門:10万円以内

  • 入賞対象件数

    15件以内(全部門あわせて)

    • いずれの部門も、助成交付額に相当する研究内容であることを選考の条件とします。

第29回「英検」研究助成に応募する

第29回英検研究助成の応募は終了しました。

  • 「研究助成」に応募する

お問い合わせ

公益財団法人 日本英語検定協会 英語教育研究センター「英検研究助成」担当
〒162-8055 東京都新宿区横寺町55
TEL:03-3266-6706
FAX:03-3266-6740