事業沿革

1963年
昭和38年

創設

1961年に社会教育審議会が文部大臣に対し、社会教育拡充方策の一環として、青少年および成人に学習目標を与え意欲を高める意味で技能検定が必要である旨を答申。

これを受けて、「実用英語の普及・向上」を目的として1963年4月に財団法人 日本英語検定協会が設立され、同年8月、文部省後援のもとに第1回実用英語技能検定(1級・2級・3級)を全国47都市で実施、約38,000名が受験。

第1回検定志願者数37,663名、合格者数15,259名。

1966年
昭和41年

4級新設

社会教育的な見地から発足した英検。中学・高校など学校からの反響が大きく、基礎クラスの級として4級を導入。

1968年
昭和43年

文部省認定

英検の意義と実績が認められ、社会教育上奨励すべきものとしてこの年2月、「文部省認定の技能検定」に認定。

1970年
昭和45年

第3回検定

主に中学校関係者からの受験機会の増加を求める声に応えて、4級のみを実施する「第3回検定」を準会場形式で行い、年3回の検定へ。

1987年
昭和62年

準1・5級新設

1・2級間の程度差を適正化するための準1級と、初級学習者を対象とした5級が新設され、英検は6つの級に。

英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成制度」を発足。

1991年
平成3年

中学・高校特別準会場

中学・高校など学校での英検の利用拡大にともない、さらに受けやすい試験を目指し第1回・第2回検定の土曜日に特別準会場を設置。

1994年
平成6年

準2級新設・第1回「児童英検」実施

2・3級間に準2級が新設され英検は7つの級になり、第3回検定で4級・5級の公開会場を開設し個人の5級受験が可能となる。

第1回「(財)日本英語検定協会主催児童英検」を実施。

1997年
平成9年

リニューアル

「よりコミュニカティブ」をキーワードとして、一次・二次試験をリニューアル。とくに二次試験の試験方法・評価方法を改変し、会話能力をさらに適正に判定するテストシステムを導入。

2000年
平成12年

文部省令認定

青少年および成人の学習活動にかかわる知識・技能審査事業の認定に関する規則(文部省令)が施行され、8月、実用英語技能検定(英検)はその規定により認定。

2001年
平成13年

年3回全級実施

受験機会を増やすために、1999年に準2級と3級、2000年に2級を加えて実施してきた第3回検定。この年1級・準1級も入れて、年3回ともすべての級を実施する「フルグレード」の体制を整備。

2002年
平成14年

中学・高校特別準会場(金・土曜日実施)

小・中・高校の週5日制に沿って、中・高特別準会場に金曜日を追加。「実践場面」での英語能力をより的確に評価するため、 3級~5級の一次試験問題を改善。

2003年
平成15年

児童英検リニューアル

児童英検創設10周年にあたる2003年に「より楽しい、適切な、受けやすいテスト」を目指して内容面をリニューアル。

2004年
平成16年

1級・準1級の一次試験を改定

1級・準1級の一次試験を改定し、2002年から開始した一次試験形式改訂の全級を終了。また1級~3級の二次試験の評価分野や出題形式を一部改定。

2006年
平成18年

文部科学省後援となる

政府方針により、平成17年度に、技能審査制度における「認定」というシステムが廃止。

2009年
平成21年

児童英検オンライン版リリース

2008年に児童英検の累計志願者は100万人を突破。翌2009年、インターネットを使った新しいテストシステム「児童英検オンライン版」をリリース。

2010年
平成22年

英語運用能力試験IELTSの運営開始

日本人のさらなる英語能力向上を目的に、世界的に認められている英語運用能力試験であるIELTS(アイエルツ)を、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルと共同運営することで合意。

2012年
平成24年

公益財団法人へ移行

当協会は、公共性と公益性の高い団体として、わが国の「実用英語」の普及と日本人の英語力向上に寄与していくことを目的に「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」(平成20年12月1日施行)に基づき公益財団法人への移行に向けた申請手続きを行い、内閣総理大臣より公益財団法人として認定する旨の認定書を受理。2012年4月1日より正式団体名称を「公益財団法人 日本英語検定協会」に改めました。

2013年 英検創設50周年

「英検創設50周年 記念式典」を開催しました。

「日本の実用英語の普及・向上」を目的として1963年4月に設立された日本英語検定協会。
第1回目の検定実施以来、全国の試験会場での運営を支えていただいた実施委員・面接委員をはじめとする多くの教育関係者の皆様に支えられ、2013年で創設50周年を迎えることができました。
英検の受験者数は2012年に累計9,000万人を突破し、今後も当協会の各種テストサービスを通して「グローバル人材の育成」に全力を挙げて取り組んで参ります。
8月2日(金)に開催された「英検創設50周年 記念式典」の模様をダイジェストでご紹介いたします。

2012年に公益財団法人へと移行

新ロゴタイプ

このたびの公益財団法人への移行に伴い、新ロゴタイプに表現しました。

公益財団法人 日本英語検定協会 Eiken Foundation of Japan

ロゴに込めた想いと決意

「知性」、「信頼」、「成長」 ・「知性」 英語教育の知見を一層深めてまいります。 ・「信頼」 公益性・公共性の高い団体として社会に貢献してまいります。 ・「成長」 急速に進むわが国のグローバル化に対応するよう発展してまいります。