スピーキングテストのサンプルビデオ公開

2014年05月13日

IELTS受験希望者のご要望にお応えし、IELTSのスピーキングテストの模様をレベル別に分けた動画を公開いたしました。

スピーキングテストの流れをレベル別に確認

この度日本英語検定協会は、IELTS受験希望者のご要望にお応えし、IELTSのスピーキングテストの模様をレベル別に分けた動画を公開いたしました。動画は3レベルあり、下からCEFR*評価のB1レベル(IELTSバンドスコア4.0~5.0)、B2レベル(IELTSバンドスコア5.5~6.5)、C1レベル(IELTSバンドスコア7.0~8.0)のスピーキングテストの実施の様子がご覧いただけます。

サンプルビデオの閲覧はこちらから

B1レベル(IELTSバンドスコア4.0~5.0)は海外の大学に条件付入学の出願が可能な程度のレベル、B2レベル(IELTSバンドスコア5.5~6.5)は海外の大大学の学部に出願可能な程度のレベル、そしてC1レベル(IELTSバンドスコア7.0~8.0)は海外の大学院に出願が可能な程度のレベルとして設定をさせていただいております。

事前にスピーキングテストを知ることでIELTSを攻略

Part2の「スピーチ」受験中の様子(サンプル動画より)

IELTSのスピーキングテストは3つのパートに分かれています。Part1が「イントロダクション」、Part2が「スピーチ」、Part3が「ディスカッション」です。Part1では試験官から本人確認を受けたり、出身地や現在の職業などが聞かれたりします。続いてPart2では試験官から与えられたトピック対して、自分の意見や体験を述べます。最後にPart3では、Part2のトピックに関連した質問をさらに試験官から投げかけられますので、それに対して答えていただきます。

それぞれのパートで求められる内容が異なってきますので、サンプルビデオを確認いただき、テストご受験前の参考としてください。

 IELTS編集部トップへ戻る