導入機関等へのインタビュー

実際にIELTSをご活用いただいている、団体・学校関係者のインタビューをご紹介します。

ジーエルアカデミア株式会社

IELTSは将来の基盤づくりに最適 ジーエルアカデミア株式会社 代表取締役 塚本 亮 氏   日本人はこれまで、英語を理解することに重点が置き、論理的に自分の意見を発信する力をつけるという学習をしてきませんでした。発信をするためには、語彙力が必要ですが、従来のように1対1対応の理解のため...

タクトピア株式会社

世界へ羽ばたく準備をIELTSで 英語教育事業部長 ケンブリッジCELTA認定講師 嶋津 幸樹 氏 IELTSは世界で認められた “真の”英語力を測定するテストです。 IELTSは世界で認められた“真の”英語力を測定するテストです。その設問はアカデミ...

東京大学

IELTSの受験結果を分析して 学生の英語力を把握し発信力を高める指導に生かす 東京大学 大学院総合文化研究科 言語情報科学専攻 板津 木綿子 准教授 受験対象者の幅を広げで きるだけ多くの学生を海外へ送り出す 本学でIELTSの団体受験を導入して、5年が経ちました。初年度は1年生300名を対象と...

玉川大学

全員必須の海外留学プログラムを4年間のカリキュラムにビルトイン 留学前後のIELTSでより効果的に 玉川大学 文学部 英語教育学科 主任 松本 博文 教授 (写真右) 文学部 英語教育学科 教務担当 鈴木 彩子 准教授 (写真左) 英語教育学科を新設 高度な英語力と国際感覚を備えた教師・社会人を養成 ...

リンデンホールスクール中高学部

英語イマージョン教育と国際バカロレアの理念を取り入れ世界に通用する真の国際人を育成 リンデンホールスクール中高学部 校長 都築 明寿香 先生 (写真左) 副校長セバスチャン デイキン 先生 (写真右) 海外大学進学を視野に入れてIELTSを全校で導入 小学部から、国語以外の教科を英語で学ぶ「英語イ...

北海道大学(2017年)

国際化社会を牽引する新渡戸カレッジ ヨーロッパ・アメリカの両方をカバーするIELTSが学生の可能性を大きく拡げる (左から) 大学院メディア・コミュニケーション研究院 西川 克之 教授 国際連携機構 国際教育研究センター シニアアドバイザー 帰山 雅秀 特任教授 国際部国際交流課 石黒 公美 専門員 学務部学務企...

青山学院大学(2017年)

交換留学出願者の約75%がIELTSで出願。 団体責任者専用ウェブページで学生の英語力と可能性を 把握でき、報奨制度運営にも活用できる。 青山学院大学 学務部 国際交流課 国際交流センター 出口 裕子 さん 国際交流センターではIELTS対策講座や報奨・表彰制度などを実施し、学生のスコアアップを支援して...

中央大学(2017年)

身につけてほしいのは グローバル社会を生き抜く幅広い視野、 “World View” 国際センター副所長 スティーブン ヘッセ 法学部 教授 入学から留学まで、IELTSが「選択肢」を広げる 中央大学は、2012年度にグローバル人材育成推進事業に採択され、1カ月の短期留学から、海外...

山口大学(2017年)

IELTSは課題解決に役立つ 汎用的な“スタディスキル”も高めてくれる (左から) 国際総合科学部 レール マルク 教授 国際総合科学部 藤原 まみ 准教授 学生同士の活発な情報交換が IELTSに対する意識高揚を支えている 2015年度に新設した国際総合科学部は、1年生の...

熊本大学(2017年)

旧制五高“剛毅木訥”の 精神を受け継ぐ人材を 世界に送り込みたい 副学長(国際交流担当) グローバル教育カレッジ長 高島 和希 教授 教育内容の充実と環境整備によって 「世界から熊本へ。KUMAMOTOから世界へ」 熊本大学では、「熊本から世界に輝く研究拠点大学」として、国際化戦...

トビタテ!留学JAPAN(2017年)

留学は自分や日本を客観視する機会になる ~留学前には多様な英語にも触れていただきたい~ 文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト ディレクター 船橋 力さん 日本の高校生や大学生の留学を促進する「トビタテ! 留学JAPAN」の中心的な取り組みが、2014年度に開始した「官民協働海外留学支援制度~...