受験者様向け

団体向け成績提供システムのご案内

適切な学習指導を受けるため、入試・就活での成績証明に

個人受験した際の成績結果に基づき、英語能力向上のための学習指導を受けられるほか、入試・就活などで英語力の証明としてスコア提出ができます。

団体向け成績提供システムでできること

BEFORE

これまでは、受験者様が個人受験した場合、希望する団体(学校・塾など)の責任者に、受験者様の成績が共有されることはありませんでした。

個人受験者とは?

団体向け成績提供システムを利用すると…

after

これからは、個人受験した場合でも、受験者様が団体識別コードを登録すれば、希望する団体(学校・塾など)の責任者も、受験者様の成績を閲覧できるようになります。

また、各技能別の成績も提供されますので成績に基づいたアドバイスや指導も受けられます。

対象試験

以下検定試験を個人申込した受験者様が「団体識別コード」を登録することにより、所属団体でも成績を確認できるようになります。

成績提供システムへの登録2ステップ

Step 1

希望する団体(学校・塾など)の責任者(先生や担当者)から「団体識別コード」を教えてもらう

団体識別コードは「8桁の数字」と「‐ (ハイフン) 」、「2桁の数字」からなる文字列です。

例:12345678-00

Step 2

団体識別コード登録ページにアクセスし、「団体識別コード」を入力する

団体識別コード登録ページにて、希望する団体に成績結果を提供する検定試験の英検IDもしくはTEAP ID・パスワードと、団体識別コードを入力する

受験者様は成績公開日の2営業日後から登録が可能です。

英検CBT、英検S-CBTの受験者様は団体識別コードでのご登録のほか、申込完了後(試験実施前)から各試験の申込内容確認画面での登録も可能です。

入力完了で成績の提供が可能になります。

団体識別コード登録ページ

団体識別コード登録ページでの「団体識別コード」の登録は、「英検CBT」・「英検2020 1 day S-CBT」に限り、申込期間中も登録可能です。「実用英語技能検定(従来型英検)」・「英検2020 2 days S-Interview」・「TEAP」は成績公開後の2営業日後となります。

よくあるご質問