団体責任者様向け

団体向け成績提供システムのご案内

個人で受験した成績を学習指導に活用

児童・生徒が入学前や在学中に受験者本人が承諾をした場合、個人で受験した成績を希望する団体に提供できる。成績に基づく学習指導や入試での成績証明にお役立ていただけます。

新型コロナの影響で団体受験が実施できず、個人受験をされた受験者様の成績結果も閲覧でき、成績に基づいた指導にお役立ていただけます。

団体向け成績提供システムでできること

BEFORE

これまでは、受験者様が個人受験した場合、団体(学校・塾など)の責任者様に、受験者様の成績が共有されることはありませんでした。

団体向け成績提供システムを利用すると…

after

これからは、個人受験した場合でも、受験者様が団体識別コードを登録すれば、団体の責任者様も、受験者様の成績を閲覧できるようになります。

成績閲覧画面イメージ

成績閲覧画面では、受験者様の合否はもちろん、英検バンド、英検CSEスコア、4技能CEFRスコアなどが掲載されています。受験者様の成績を把握し、不足している技能の向上、指導にお役立てください。

英検(従来型英検)・英検CBT・英検S-CBTの成績閲覧画面サンプル

  • 画像をクリックするとサンプル画像を確認できます。

TEAPの成績閲覧画面サンプルはこちら

対象試験

以下の検定試験を個人申込された受験者様が「団体識別コード」登録することで、団体の責任者は成績を確認できるようになります。

成績提供システム活用に向けた4ステップ

Step 1

貴団体の「団体識別コード」を入手する

団体識別コードは「団体サポートシステム」からご確認いただけます。

  • 英検申込時に使用する団体番号とは異なるコードです。必ず団体サポートシステムからご確認ください。

Step 2

貴団体の受験者様に「団体識別コード」と「団体識別コード登録ページ」のURLを伝える

団体サポートシステムで確認いただいた「団体識別コード」を受験者様にお伝えいただき、下記URLをご案内ください。

【 団体識別コード登録ページ】

https://seisekidl-e.eiken.or.jp/examinees/EX011/index

団体サポートシステム内に、配布に便利なPDFをご用意しております。どうぞご活用ください。

受験者様は成績公開日の2営業日後から登録が可能です。団体識別コード登録のタイミングは試験によって異なりますのでご注意ください。

英検CBT、英検S-CBTを受験の方は、各試験申込完了後(試験実施前)から申込内容確認画面での登録も可能です。

以下URLをコピーし、メール、学級向けプリントなどに掲載し、受験者様向けへのご周知にご活用ください。

https://ec.eiken.or.jp/eikencbt/entry/login.php

https://s-cbt.eiken.or.jp/scbt/entry/login.php

step 3

貴団体の受験者様が個人申込した成績結果提供申請を行う

受験者様ご自身にて、「団体識別コード登録ページ」にアクセスの上、「団体識別コード」の登録をしていただきます。

Step 4

団体向け成績提供システムにて成績閲覧が可能

団体サポートシステムにログインいただき、「団体向け成績提供システム」へのリンクボタンから「成績閲覧ページ」へ遷移すると、受験者様の成績がご覧になれます。

団体サポートシステム
ログインはこちら
  • 各成績は、各試験の成績公開の2営業日後より閲覧いただけます。

生徒様配布用資料

生徒様にご案内の際は、下記配布用資料をご活用ください。

よくあるご質問