FAQ

よくあるご質問・お問い合わせ

お問い合わせの前に、このページ内の「よくあるご質問」をご覧ください。

当ウェブサイトの使い方に関するご質問

  • PDFが閲覧できない場合は
  • PDFの閲覧には
    Get ADOBE READER
    Adobe® Reader®が必要です。
    Adobe社のウェブサイトでダウンロードできます。 PDFファイルを開こうとすると、一部のパソコンでは見られない場合があります。
    そのような現象が起こってしまった場合は、お手数ですが以下のいずれかの方法をお試しいただきますようお願いいたします。
    PDFファイルをハードディスクに保存してから開く
    1.ダウンロードしたいPDFファイルのリンク箇所で、マウスを右クリックします。
    2.表示されたポップアップメニューから、「対象をファイルに保存」や「名前を付けてリンク先を保存」を選択します。
    3.ファイルを保存したい場所を指定し「保存」をクリックします。
    4.保存したPDFファイルを左ダブルクリックして、開いてください。
    その他の解決方法
    Adobe社のサポートページに解決方法が掲載されています。
    Internet ExplorerでPDFファイルを表示するための設定(Windows版 Acrobat8/Adobe Reader 8)
    WebブラウザでPDFが表示できない場合のトラブルシューティング(Acrobat 9/Adobe Reader 9)
  • 音声ファイルの再生ができない場合は
  • パソコンをご利用の方
    音声ファイルをお聞きいただくにはためには、
    Get ADOBE FLASH PLAYER
    Flash Player(無料)が必要です。
    Adobe社のウェブサイトでダウンロードできます。
    Google Chromeをご利用の方は、ブラウザの仕様により、Flash Playerでの音声がうまく再生されない場合があります。
    その際は、別のブラウザで閲覧してください。
  • スマートフォンをご利用の方
    スマートフォンの対象OSは以下になります。
    andoroid 2.3以上、iOS 4.2以上
    対象OSの端末をお使いの場合でも、一部ブラウザでは音声再生をサポートしていない場合があります。 その際は端末に標準で搭載されているブラウザをご使用いただくか、最新のAdobe Flash Playerがインストールされたパソコンで閲覧してください。

よくあるご質問

  • 2016年4月開講以降の方(産能大の受講シートをお持ちの方)
  • 2016年4月開講以降の方は、委託先の産業能率大学のウェブサイトをご覧ください。
    ※ここから先は通信研修を共同運営をしている(学)産業能率大学のサイトへ移動します。
    プロカレッジ:よくあるご質問
  • 2016年3月開講以前の方(英検の受講証をお持ちの方)
  • 下記の「よくあるご質問」をご覧ください。

お申し込み方法について

  • どのように申し込めばよいでしょうか。
  • 個人のお客様
    各講座ページの「お申し込み」ボタンから、お申し込みフォームへお進みください。(送料無料)
    お申し込みについて:個人のお客様(ここから先は、通信研修を共同運営をしている(学)産業能率大学のサイトへ移動します。)
  • 企業(団体)の社(職)員の方
    教育ご担当窓口経由でお申し込みいただいております。詳しくは、御社教育ご担当者様までお問い合わせください。
  • 申込締切日はありますか。
  • 申込締切日は、特に設けておりません。「その気になったとき」がチャンスです。

学習全般について

  • 復習テストに提出期限はありますか。
  • 提出ペースを「1ヵ月に1回の提出」としてご案内していますが、毎月○日までと、各提出テストに提出日時や提出期限は設けておりません。ご自身の学習スケジュールに沿って提出してください。在籍期間内であれば全ての復習テストをまとめて提出していただくことも可能です。
  • 復習テストの合格点を教えてください。
  • 合格基準は平均得点が60点以上です。60点未満の場合は「基準点以下」と判定されて、修了と認められません。
  • 学習中に疑問点ができた場合、質問はできますか。
  • 提出テストの「質問欄」から質問ができます。また、往復ハガキや封書(返信用封筒を同封)でも受付けます。
  • 復習テストの返却期間について。
  • テストをご提出いただいてから10日から2週間前後でご返却します。

通信教育受講者特典のBULATS Onlineについて

  • 2017年3月開講までの受講者様に対して、受講期間中の特典として提供させていただいておりましたBULATS Onlineは、対象となる受講者様全員の特典期間が満了いたしましたので、提供URLをクローズさせていただきました。 ご利用有難うございました。

講座修了について

  • 修了するための基準を教えてください。
  • 修了基準は次の2点を満たしている必要があります。
    1.指定期間内に全ての復習テストが受け付けられていること。なお、答案受付日は答案が当協会に到着した日となります。
    2.復習テストの平均点が60点に達していること。
  • 修了証はいつごろもらえるのでしょうか。
  • 2016年3月開講までの方
    最後の復習テストを提出した月の、翌月20日頃に当協会から発送します。なお、会社を通して申し込まれた場合などのあて先は御社ご担当者様あての場合と、受講者ご本人様あての場合があります。
  • 2016年4月開講以降の方
  • 受講期間と在籍期間の違いがよくわかりません。また、標準学習期間とは何ですか。
  • 受講期間とは標準的な学習期間のことで、復習テスト回数×月数を目安に設定しています。1ヵ月間の学習量として標準的と考えるところから「標準学習期間」と呼んでいます。受講期間はあくまでも目安ですので、ご自身のペースで短縮することも可能です。

    在籍期間は、原則として受講期間の2倍の長さに設定されています。復習テストや質問の提出は、在籍期間内であればいつでも可能です。
  • 通信講座を修了したら、資格が取得できるのですか。
  • 残念ながら、講座を修了しただけでは資格は取得できません。認定試験を受験していただくことになります。詳細はそれぞれの試験実施団体へお問い合わせください。
  • 復習テストの再試験は可能ですか。
  • 申し訳ございませんが、当協会の全コースに復習テストの再試験の制度はありません。在籍期間内に全復習テストを提出して、平均が修了基準未満の場合には、残念ながら未修了(除籍)になってしまいます。

講座の選び方・ワンポイントアドバイス

  • 学校を卒業以来、英語にはほとんど触れていません。おすすめの講座はありますか。
  • 英語に長く触れていないのでしたら、入門・基礎レベルからのリスタートをおすすめします。なかでも、「スタート英会話(リニューアル版)」がおすすめです。80の基礎的なフレーズをマスターするだけで英語がぐんと身近になります。社会人の英語ビギナーのために作られた、超特急メニューの入門講座です。1日に10分間「聞きっぱなし」するだけのコンパクトなテキストで、英会話の初歩的な能力をムリなくマスターできます。英語に長く触れていない方や英会話を基礎から学びたい方に最適です。
    スタート英会話(リニューアル版)
  • どの講座を受講するか決めかねています。選択のポイントを教えてください。
  • 講座選択のポイントは次の3点です。
  • 1.何を目的にして学習するのですか
  • まず、英語を学ぶ目的を明確にしましょう。「ペラペラと英語を話せるようになりたい」「ビジネス上、英語が必要」など、英語学習を始めようとしたきっかけと目的、身に付けたい英語力をはっきりとさせましょう。
  • 2.どのような学習スタイルが合うのでしょうか
  • 自分に適した学習スタイルは千差万別です。これまでの学習経験を振り返ってみましょう。たとえば、会話学校に通学したことや通信教育を受講したことはありますか。そして、そのときの効果やうまくいかなかった原因などを分析して、ご自分にあった学習スタイルの講座を選択しましょう。
  • 3.どのくらいの学習時間を取れますか
  • 日常生活や休日の過ごし方、また、1日の勤務時間や通勤・通学時間、睡眠時間などを総計して、確保できる学習時間を確かめましょう。そのうえで、「移動時間を利用する」「週末に学習時間を確保する」など、実行可能な学習スケジュールを立ててみましょう。なお、試験対策を目標にしている方で、過去に受験経験のある方は、講座選択にそのときのスコアと目標スコアを参考にするのがよいでしょう。
  • どのレベルの講座を選んでいいかわかりません。簡単な実力チェックはできますか。
  • おおよその実力がわかっていればレベルチャートで選んでみましょう。だいたいの実力と、おすすめの講座がわかります。
    レベルチャート
  • 基礎力の不足を感じます。ベースとなる英語力をつけるにはどの講座がお薦めですか。
  • 「基礎力」養成に必要なことは、「読む」「書く」「聴く」「話す」の4つのスキルをバランスよく身に付けることです。短期間にこれらの4技能をバランスよく学習したいのでしたら、「実用英語講座」がお薦めです。

    「実用英語講座」は英語総合力の養成を目的にしていますので、コミュニケーションに欠かすことのできない4つの技能をバランスよく、効率的に学べるように工夫されています。英語力のレベル別に6つの講座を用意していますので、学習予定時間、カリキュラムなども参考にして、選択してください。
    実用英語 一覧
  • 英会話を学ぶには、通信講座より英会話学校に通学した方がいいと聞きましたが…。
  • 通学する回数が週に1~2回程度であれば、英会話学校は「話す実践の場所」と考えたほうがよいでしょう。英語学習は日々の積み重ねの結果です。基礎知識がコンパクトにまとまっていて、学習のペースメーカーにもなる点は、通信講座のほうが効果的です。通信講座で蓄積した語いや表現を、会話学校など実践の場で使ってみることをおすすめします。
    瞬発スピーキング レベル1
    瞬解リスニング レベル1
    スタート英会話(リニューアル版)
  • 複数の講座を同時に受講しようと思っていますが、大丈夫でしょうか。
  • 複数講座の同時受講に、特に制限はありません。しかし、学習時間に余裕があるか、どうしても複数の講座を同時に受講する必要があるかなどを検討してからお申し込みください。なぜなら、負荷が大きくなり過ぎた場合、両講座とも学習が不十分になってしまうからです。同時受講よりも受講中の講座が修了間近になったときに、次の講座にお申し込みいただくほうが、「英語の継続学習」として効果的です。
  • 海外旅行や海外出張の機会が増えています。役立つ講座はありますか。
  • 海外旅行や海外出張は、英会話学習をスタートする、英会話力を伸ばすきっかけです。そこでおすすめの講座は、ずばり「今日からはじめる!旅行英会話」「今日からはじめる!出張英会話」です。「今日からはじめる!旅行英会話」は、中学から高校レベルの英語力を中心に、8週間という短期間で、海外旅行で必要とする英会話表現をマスターします。「今日からはじめる!出張英会話」は海外旅行や海外出張にそのまま使える英会話表現をコンパクトにまとめてあります。また、アジア圏を中心にした「とっておき5か国語表現集」で、英語以外の言葉も学ぶことができ、海外旅行・海外出張の枠をぐっと広げます。
    今日からはじめる!旅行英会話
    今日からはじめる!出張英会話
  • 英語で文章が書けるようになりたいのですが、ライティング力を身につけるのは難しそうですが…。
  • 書く英文の内容・目的によって講座を選びましょう。Eメールを初歩から学ぶには「12の鉄則で始める英文Eメール初級講座」がおすすめです。またすでに業務上の文書を書く必要のある方は「英語で文書作成 ビジネスレター・eメール」がおすすめです。 なお、「オフィスワークの基礎英語」にはテキストの半分がライティング対策になっており、来客応対・電話での英会話などと合わせ、「英文文書」「英文Eメール」のライティングスキルを学ぶことができます。
    12の鉄則で始める 英文Eメール初級講座
    英語で文書作成 ビジネスレター・eメール
    オフィスワークの基礎英語

お問い合わせ・資料請求

TOPに戻る