協会トップ >英検IBAトップ >英検IBAの特徴

FEATURES

英検IBA® 3つの特徴

特徴 1

リーズナブルな受験料

・英検IBAの受験料は最安500円。
・RLWSの受験料は3,000円。
・英検と比べて低コストなため、手軽に英語力測定にご利用いただけます。

英検IBA RL
英検(準会場)
500円
準1級 7,600円 (本会場)、2級 5,500円、 準2級 4,900円、3級 3,900円     
英検IBA WS
英検(準会場)
2,700円
準2級 4,900円、3級 3,900円     
英検IBA RLWS
英検(準会場)
3,000円
準2級 4,900円、3級 3,900円
特徴 2

いつでも・どこでも
実施が可能

・試験の実施日は、ご都合に合わせてお好きな日を選択することができます。
・事前の団体登録などの手続きは不要で、ウェブサイトより直接お申し込みいただけます。
・学校単位だけではなく、クラス単位や、塾や、職場でも手軽にご活用いただけます。

特徴 3

英検CSEスコア・
英検級の目安が分かる

個人成績表には、CSEスコアに加え、英検級レベル測定、Can-do、得意分野・不得意分野など豊富な情報が満載。
団体成績表には、スコアの平均点、スコア分布図や英検級レベル別人数分布図などがご覧いただけます。

「個人成績表」と「団体成績表」の2種類を提供いたします。
カラーのPDFファイルで提供され、期間中は自由に閲覧・ダウンロードできます。

個人成績表

個人成績表には、英検IBA CSEスコアに加えて、英検級レベル判定(一次)を表示します。これにより、英語力を的確に把握することができるだけでなく、英検受験級を決定する際の目安にもなります。また複数回受験すると、前回、前々回スコア※も掲載されます。さらに英検級レベルに応じたCan-doや得意分野・不得意分野からの問題も掲載し、一人ひとりの学習のステップアップや目標設定の明確な指標になります。
※前回、前々回スコアは、同一団体によるお申し込みで、氏名・生年月日・性別が一致した場合に掲載可能です。

英検IBA CSEスコア

IRT(項目応答理論)に基づく絶対評価のスコアです。受験したテストのレベルや、時期、受験者の学年や年齢に関係なく、常に同一尺度上で受験者の英語力を表しています。

英検級レベル

スコアに基づく、英検級レベルを掲載します。

あなたの英語力で
できること

今回取得したスコアをもとに、英検級レベルでできることを日常的な場面設定で具体的な事例を用いて説明します。

レベル換算

TEAPとセンター試験(WS版はTEAPのみ)に換算すると何点相当の実力をお持ちか、参考スコアを掲載します。

チャレンジしてみよう!(RL版)/英検問題出題例(WS版・4技能版)

あなたの英検級レベルに応じたサンプル問題を掲載いたします。

団体成績表

団体成績表には、英検IBA CSEスコアの平均点、スコア分布や英検級レベル別人数分布などが掲載されます。
個人・クラス・学年といったさまざまなレベルでの学習の進捗状況が確認でき、学習状況の分析や学習プランの作成にあたって幅広く活用できます。さらに、団体成績表とは別に、団体成績一覧表PDFもご用意します。

HOW TO USE

成績表の活用例

学習者向け指導者向け 活用ポイント①
11 英検受験のための力試しに
英検級レベル判定が掲載されるので、自分に適した英検級を選択する目安になり、目標級の合格への学習を着実に進めることができます。
22英語力の定期チェックに
定期的に継続して英検IBAを利用することで、学習の進捗状況が把握しやすくなります。また受験者本人も、スコアの伸びを見ることで、定量的に実力の推移を実感することができます。学習の目標を立てたり、学習のモチベーションを高めたりするために役立ちます。
33学習プランの参考に
リーディング・リスニングについては受験者一人ひとりに対応した得意分野・不得意分野からの問題を掲載しています。ライティング・スピーキングについては、英検問題の出題例を掲載しています。結果が出た時がこれまでの学習を振り返る最適のタイミングですので、ここに掲載した問題を解いて今後の学習にお役立ていただけます。

指導者向け活用ポイント②

4習熟度別のクラス分けに
英検級レベルとCSEスコアが併記されているので、習熟度別クラスを導入する際にも、より的確なレベル分けができます。

5技能別指導プラン
受験者全員に対して総合及び技能別のCSEスコアが掲載されるだけでなく、以前に受験した結果※も合わせて掲載されます。さらにグラフで、スコアと各級レベル判定が掲載されるので、総合力と各技能の実力の変遷を知ることができ、指導にあたってレベル設定や技能別の時間配分の工夫などの目安になります。
※前回スコアは、同一団体によるお申し込みで、氏名・生年月日・性別が一致した場合に掲載可能です。