• 協会TOP
  • 検定・テストの特長と比較

検定・テストの特長と比較

検定・テストの特長

英検

累計9,500万人の志願者を数える人気の英語検定試験!
英検はコミュニケーションに欠かすことのできない4技能をバランスよく測定することを目的としたテストです。日常会話から社会的な題材まで、受験者の学習段階を考慮した質の高い内容は、問題を解きながら知識を深められるよう工夫されています。
英語力を把握できるだけでなく、資格を取得すると進学・就職・留学等で幅広く活用できることも人気の理由です。

※1963年度~2014年度の全級志願者数累計

  • ●実施日程
    年3回全国の主要都市部で開催
  • ●申込方法
    【個人】インターネット、コンビニ、特約書店
    【学校や塾など団体】インターネット、郵送、FAX
  • トップページ
  • 受験案内
  • お申し込み
英検 Jr.

学校や塾を中心に幼児から小学生まで多くの皆様に親しんでいただいているリスニングテストです。
英語学習を始めたばかりの子どもたちが英語や異文化への興味・関心を広げ、英語でコミュニケーションすることへの親しみや楽しさを知ることを目的としています。
3つのグレードによるテストはそれぞれ、音声を聞いてイラストを選ぶ、ゲーム感覚で受験できるリスニング形式の問題構成となっており、「正答率」で成績を表示して学習意欲の向上につなげます。

  • ●申込方法
    【ペーパー版】インターネット、郵送
    【オンライン版】インターネット
  • トップページ
  • 受験案内
  • お申し込み
英検 IBA

英検の良質な問題を利用して開発した「英語能力判定テスト」が「英検IBA」としてリニューアル!
英語力の測定ができるグローバルな指標「英検IBA CSEスコア」を新たに導入し、より使いやすく、より低価格で、充実したフィードバックを実現しました。英検IBAは学習成果の確認や目標設定、英検受験級の決定など、英語学習のステップアップを多角的・効率的にサポートします。

  • ●実施日程
    試験日程と会場は申込者が設定
  • ●申込条件
    30名以上の団体でお申し込み
  • ●申込方法
    申込用紙に必要事項を記入の上、メール、FAX、郵送
  • トップページ
  • 受験案内
  • お申し込み
IELTS

International English Language Testing System (IELTS : アイエルツ) は、海外留学や研修のために英語力を証明する必要のある方、イギリス、オーストラリア、カナダなどへ海外移住申請される方に最適なテストです。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼすべての高等教育機関で認められており、アメリカでも、アイビー・リーグを含む3,000以上の教育機関で採用されています。日本国内では、公益財団法人日本英語検定協会とブリティッシュ・カウンシルが共同で運営を行っています。

  • ●実施日程
    全国15都市以上で開催
  • ●申込条件
    パスポート(有効期限内・原本)を所持していること
  • ●申込方法
    インターネット、郵送
  • トップページ
  • 受験案内
  • お申し込み
Linguaskillビジネス

Linguaskill Business(リンガスキル ビジネス)は、イギリス・ケンブリッジ大学の語学試験機関であるケンブリッジ大学英語検定機構が開発を行ったグローバルビジネスパーソンとしての英語能力を測定するオンラインテストです。ビジネスシーンに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能すべてをCEFRに基づき評価を行っております。
また、オンライン形式により 全技能を2.5時間で測定でき、試験結果を最短3営業日で通知いたします。

  • ●実施日程
    【個人受験】   :月1回(公開会場でのご受験)
    【企業・団体受験】:ご希望日にて実施
  • ●申込方法
    インターネット
  • トップページ
  • お申し込み
GCAS

GCAS(ジーキャス)は公益財団法人 日本英語検定協会が開発したビジネスで求められる実践的な英語力を測定するスピーキングテストです。 テストはインタビュー、プレゼンテーション、ロールプレイで構成されており、「ビジネスを動かす英語力」すなわち、ビジネスに直結する英語での発信力・分析力・交渉力等を測定し評価を行っております。

  • ●実施日程
    ご希望日にて実施
  • ●申込条件
    原則企業・団体受験のみ
  • ●申込方法
    インターネット
  • トップページ
  • お申し込み
TEAP

これまでの大学入試は、受験者の「選別」を主な目的にそれぞれの大学や学部が独自に問題を作成し、受験者には合格・不合格の情報のみが伝えられていました。また、問題内容や質、選別方法にばらつきや偏りがあり、こうした背景を受けて上智大学と公益財団法人 日本英語検定協会が、共同で開発したのが4技能型英語力判定試験「TEAP」です。
日本における「大学教育レベルにふさわしい英語力」を測るうえで適切な設計となっており、テスト内容はすべて大学教育(留学も含む)で遭遇する場面を考慮して作成されています。

  • ●実施日程
    年3回、全国11都市の会場で実施
  • ●申込方法
    インターネット
  • トップページ
  • 受験案内
  • お申し込み