教員研修・セミナー情報

英語研究、英語教育、英語学習などに興味をお持ちの方への研修・セミナー情報です。日本英語検定協会主催の学会・セミナーだけでなく、各教育関係者様より投稿いただいた情報も掲載しています。実施内容の詳細については、それぞれの主催者に直接お問い合わせください。

また、日本英語検定協会では教育関係者の皆様へ広く、学会・セミナー情報を募集しています。教育現場の参考となるよう、全国の皆様と共に研修・セミナー情報を共有していければ幸いです。投稿は、「全国の学会・セミナー情報を募集中」よりお願いします。

  • こちらに掲載の内容に関しては、当協会では責任を負いかねますのでご了承ください。

各団体主催の研修・セミナー

一般財団法人語学教育研究所 2018年度研究大会

  • 日時 :2018年11月18日(日)
  • 場所 :東京家政大学板橋キャンパス
  • 内容 :◎協議会A 指導法研究(1)文法指導「数(単数・複数)」(2)「英語表現」の指導
    田島 久士(東京都大田区立糀谷中学校)千田 享(埼玉県立浦和西高等学校)
    ◎協議会B 授業研究:高校2年生 日サ・由美子(東京都立立川国際中等教育学校)
    佐川 美香(東京都立北園高等学校)小菅敦子(東京女子大学 他)
    ◎協議会C 小学校英語教育研究:ここが大切! 3・4年生の外国語活動
    佐藤 玲子(明星大学)浅井 麻衣子(さいたま市立尾間木小学校)
    石田 裕子(東京学芸大学附属世田谷小学校)町田 協子(東洋英和女学院小学部)
    ◎協議会D パーマー研究:効果的なインプットとは?
    久保野りえ(筑波大学附属中学校)浅野 伸子(東京都立小山台高等学校)
    栖原 昂 (筑波大学附属中学校)
    ◎協議会E 中学高校英語研究:中高4校、授業で実践!主体的な表現をうながす指導
    曽根 典夫(筑波大学附属高等学校)石川 ひろみ(埼玉県所沢市立山口中学校)
    砂谷 恒夫(東京都立蔵前工業高等学校)中山 健一(桐朋中学・高等学校)
    矢田 理世(筑波大学附属高等学校)
    ◎協議会F 発表者:9月以降に本研究所のウェブサイトでお知らせいたします。
    ◎公開授業(ビデオ):k高校2年生「異文化理解」四方雅之(成蹊中学高等学校)山崎勝(埼玉県立和光国際高等学校)
  • 主催 :一般財団法人語学教育研究所
  • 参加費 :語研会員…無料 一般…3,000円 学生…1,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :事務室℡03-5901-9214
    責任者名:石田
    ウェブサイトURL:http://www.irlt.or.jp/
    プログラムが「入校証」となります。以下のサイトよりプログラムをプリントアウトして、
    大会当日正門守衛所で提示してください。
    研究大会についてのお問い合わせは語学教育研究所まで。
    会場の東京家政大学にはお問い合わせにならないようお願いいたします。

詳細を見る

ELEC同友会英語教育学会奇数月例会(9月例会)

  • 日時 :2018年9月23日(日)
  • 場所 :工学院大学 新宿キャンパスA-0514教室
  • 内容 :研究発表[13:00-14:00]
    大塲 貴志(昭和女子大学)「文法を使えるようにするための効果的な練習方法」
    木幡 隆宏(秋田大学)「大学入試改革の英語指導への波及効果研究の第一歩」
    ビデオによる授業研究(第213回)[14:10-16:30]
    中学3年生「即興性を高める指導手順とポイント~主体的・対話的で深い学びを目指して~」
    授業者 田所 毅(小平市立小平第五中学校)
  • 主催 :ELEC同友会英語教育学会
  • 後援 :ELEC同友会英語教育学会
  • 参加費 :会員 無料、一般 1000円、学生 500円(資料代として)
  • お問い合わせ・お申し込み :odd_month_meeting@elecfriends.com
    責任者:和田朋子

詳細を見る

Oxford Day 2018: Global and Local Trends in Language Education

  • 日時 :2018年10月21日(日)
  • 場所 :慶應義塾大学 三田キャンパス 南校舎
    東京都港区三田 2-15-45
  • 内容 :オックスフォード大学出版局は、教育関係者の皆様への継続的なサポートの一環として、日本の英語教育の現状と課題、そして将来の展望を多様な視点から考察することを目的としたフォーラムイベント「Oxford Day」を毎年開催しております。
    今年は、英文法参考書の定番『Practical English Usage』の著者マイケル・スワン氏や、オックスフォード大学で教鞭を執る言語学者キャサリン・ウォルター氏をはじめとする国内外の専門家を招聘し、語学教育における課題解決のヒントを探ります。

    お席に限りがございますので、お早めのご予約をおすすめいたします。
    詳細は弊社ウェブサイトをご覧ください。
    www.oupjapan.co.jp/events/od2018/index.shtml?eiken
  • 主催 :オックスフォード大学出版局株式会社
  • 後援 :共催:慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート/後援:駐日英国大使館
  • 参加費 :お一人様1,000円(学生 無料)※学生の方は、当日学生証をご提示ください。
  • お問い合わせ・お申し込み :オックスフォード大学出版局株式会社
    TEL: 03-5444-5454 Email: newsletter.japan@oup.com
    責任者名:丹羽
    ウェブサイトURL:www.oupjapan.co.jp/events/od2018/index.shtml?eiken
    研修・セミナー用e-mailアドレス:elt.japan@oup.com

詳細を見る

公開研究会『学びの共同性づくりを考える』

  • 日時 :2018年11月23日(金) 8:00~16:30
  • 場所 :明星学園小学校・中学校
    井の頭キャンパス:東京都三鷹市井の頭5-7-7
  • 内容 :あなたの授業で「英語のコミュニケーション力」は育てられていますか?
    ~学習者にとって ”meaningful” な活動ってどんなもの?~
    「コミュニケーション力の育成」は、「聞くこと」「読むこと」「話すこと(やり取り)」「話すこと(発表)」「書くこと」の全領域を通して目指す目標です。しかしながら、実際の授業はどうでしょうか?その力が育つ授業になっているでしょうか?未だにメカニカルな反復練習や形式先行の活動も多いのではないでしょうか?では、いったい「コミュニケーション力が育つ授業」とはどのようなものなのでしょうか?本分科会では、改めて、”meaningful”ということに焦点をあて、活動内容や活動方法のポイントについて皆さんと一緒に考えていきます。
    <提案授業>:6年生「過去形」(入江潤)、9年生「間接疑問文」(工藤圭輔)
  • 主催 :明星学園小学校・中学校
  • 参加費 :無料※資料をご希望の方のみ資料代1,000円、当日受付にてお支払いください
  • お問い合わせ・お申し込み :公開研究会事務局:剛力正和
    小学校TEL:0422-43-2197
    申し込み方法:本校のホームページの「申し込みフォーム」に必要事項を入力してお申し込みください。
    https://www.myojogakuen.ed.jp/elementary_school/koukaikenkyukai
    ウェブサイトURL:http://www.myojogakuen.ed.jp

詳細を見る

基礎講座2018「英語の授業は英語で-中学でも高校でも-」 第1回「授業づくりの基礎・基本」

  • 日時 :2018年11月3日(土・祝) 13:00~16:00
  • 場所 :一般財団法人語学教育研究所研修室
  • 内容 :講師:浅野 伸子(東京都立小山台高等学校)
    英語の授業を英語で進める際に、どのような原則があるのでしょうか。また、英語の授業を効果的に組み立てていくためには、どのような点に注意しなければならないのでしょうか。このような、授業づくりの基礎・基本について考えます。4回にわたるシリーズの「導入・概論」にあたる講座です。
  • 主催 :一般財団法人語学教育研究所
  • 参加費 :会員3,000円(※学生で会員1,000円)/一般5,000円学生2,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :一般財団法人語学教育研究所http://www.irlt.or.jp/
    事務室 月火木金11:30~16:30Tel:03-5901-9214
    責任者名:石田
    ウェブサイトURL:http://www.irlt.or.jp/
    申込は語研ホームページhttp://www.irlt.or.jp/の「語研基礎講座」からお願いいたします。
    定 員20名

詳細を見る

基礎講座2018「英語の授業は英語で-中学でも高校でも-」 第4回「音読から話す活動へ」

  • 日時 :2018年10月7日(日) 13:00~16:00
  • 場所 :一般財団法人語学教育研究所研修室
  • 内容 :淡路 佳昌(大東文化大学)
    本文の導入と説明のあと、どのように変化を持たせて繰り返し音読をさせるか、どのような点について指導を加えるか、さらに、音読の成果を土台として、いかにして発表活動につなげていけばいいかについて考えます。
  • 主催 :一般財団法人語学教育研究所
  • 参加費 :会員3,000円(※学生で会員1,000円)一般5,000円学生2,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :一般財団法人語学教育研究所http://www.irlt.or.jp/
    事務室 月火木金11:30~16:30Tel:03-5901-9214
    責任者名:石田
    ウェブサイトURL:http://www.irlt.or.jp/
    申込は語研ホームページhttp://www.irlt.or.jp/の「語研基礎講座」からお願いいたします。
    定 員20名
    参加費:会員3,000円(※学生で会員1,000円)/一般5,000円学生2,000円

詳細を見る

ア・ラ・カルト講座⑨「発音指導の心技体」

  • 日時 :2018年9月30日(日) 13:00~16:00
  • 場所 :一般財団法人語学教育研究所研修室
  • 内容 :講師:靜 哲人(大東文化大学)    
    効果的に発音指導を行うためには、World Englishesの時代においてなぜ発音が重要なのかについての確信[心]、 授業中に他にスキルと絡めて指導する技術[技]、そしてそれを支える自らの発音力[体]が不可欠です。文節要素を支配するとも言われるプロソディも含めて発音指導の心技体を実習します。
  • 主催 :一般財団法人語学教育研究所
  • 参加費 :会員3,000円(※学生で会員1,000円)/一般 5,000円学生 2,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :一般財団法人語学教育研究所http://www.irlt.or.jp/
    事務室 月火木金11:30~16:30Tel:03-5901-9214
    責任者名:石田
    ウェブサイトURL:http://www.irlt.or.jp/
    申込は語研ホームページhttp://www.irlt.or.jp/の「語研基礎講座」からお願いいたします。
    定 員20名

詳細を見る

ア・ラ・カルト講座⑧「『定期試験の常識』の非常識」

  • 日時 :2018年9月29日(土) 13:00~16:00
  • 場所 :一般財団法人語学教育研究所研修室
  • 内容 :講師:根岸 雅史(東京外国語大学)
    みなさんは「定期試験」をどう作っているでしょうか。自分が受けた定期試験や先輩の先生方の定期試験をモデルに作っているかもしれません。確かに、こうしたアプローチは、テスト作りの学びとしては効率がいいのでしょう。しかし、そうして受け継がれている「定期試験の常識」には、テストとしての大きな問題が含まれていることもあります。この講座では、こうした常識について見直してみたいと思います。
  • 主催 :一般財団法人語学教育研究所
  • 参加費 :会員3,000円(※学生で会員1,000円)/一般5,000円学生2,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :一般財団法人語学教育研究所http://www.irlt.or.jp/
    事務室 月火木金11:30~16:30 Tel:03-5901-9214
    責任者名:石田
    ウェブサイトURL:http://www.irlt.or.jp/
    申込は語研ホームページhttp://www.irlt.or.jp/の「語研基礎講座」からお願いいたします。
    定 員20名

詳細を見る

ELEC同友会英語教育学会第24回研究大会

  • 日時 :2018年10月28日(日)
  • 場所 :拓殖大学文京キャンパス
  • 内容 :◆講演「授業でも教えたい大切なこと」講師:井上逸兵(慶應義塾大学)
    ◆研究部会発表
    ・小学校英語教育研究部会
    「言語活動での「学び」を支援する児童と教師のための足場作り」
    ・音声指導研究部会
     「音読学研究と実践の、一歩先へ」
    ・評価研究部会
    「中高における「話すことのパフォーマンステスト」の実態調査」
    ・実践研究部会
    「話すこと[やり取り]における会話技術と表現」
    ・リーディング研究部会
    「学習者の思考力・分析力を深化・発展させる『推論活動』を取り入れた読解テストの作成法・指導法・留意点」
    ・オーラルアプローチ研究部会
    「授業パッケージ・中学校・復習編」
    ・語彙指導研究部会
    「L22択注とL14択注~その長所と短所から学ぶ未知語の推測活動への示唆~」
    ・ライティング研究部会
    「入試や民間の資格・検定試験で求められるライティング力を授業でどう育むか」
    ◆ビデオによる公開授業
    「新学習指導要領に向けた授業を考える」授業者:太田裕也(品川区立鈴ケ森中学校)
  • 主催 :ELEC同友会英語教育学会
  • 参加費 :会員 無料  学生 1,000円  一般 3,000円
  • お問い合わせ・お申し込み :elec_taikai2018@elecfriends.com
    責任者:高瀬ひとみ
    ウェブサイトURL:http://elecfriends.com/

詳細を見る

◆地震のため延期開催◆英語の語順トレーニングと音声教育 ~4技能の向上を見据えて~

  • 日時 :2018年10月20日(土) 14:00~17:00 (受付 13:30~)
  • 場所 :ACU札幌【ACU-A】16階 1604研修室
  • 内容 :音声トレーニングを用いた授業の研究者である飯野厚先生をお招きして、音読や
    シャドーイングなどのスピーキング練習が、英語の語順の定着にどのような
    役割を果たすのかについてお話しいただきます。
    ■講師:飯野厚 (法政大学教授)
    ■定員:25名
    ■対象:中学校・高等学校の先生 /英語教育関係者
  • 主催 :NPO法人 英語運用能力評価協会
  • 参加費 :500円
    ■駐車場あり 有料
  • お問い合わせ・お申し込み :03-3230-0571 責任者名:橋本志保
    http://npo-elpa.org/seminar/seminar_20181020/
    elpa@english-assessment.org

詳細を見る

言語・身体・情動を統合した第二言語(英語)習得:シンポジウムとBeauty and the Beastミュージカルワークショップ

  • 日時 :2018年9月30日(日)
  • 場所 :関西学院大学 大阪梅田キャンパス10階 1004教室/1005教室
  • 内容 :言語・身体・情動を統合した英語など第二言語習得へのアプローチとして、これまでの研究成果をもとに学術的・理論的に検討するシンポジウムと、美女と野獣(Beauty and the Beast)のミュージカルを活用した英語学習・指導の実践をめざしたワークショップ。英語教員志望の学生・院生、現職の小・中・高・大の英語教員、英語学習・教育に関心を持つ一般の参加者を対象としております。奮ってご参加ください。
  • 主催 :関西学院大学教務機構事務部言語教育研究センター
  • 後援 :ことばの科学会(JSSS)、外国語教育メディア学会(LET)関西支部基礎理論研究部会、大学英語教育学会(JACET)リーディング研究会、コスモピア株式会社
  • 参加費 :無料
  • お問い合わせ・お申し込み :関西学院大学 教務機構事務部(TEL 0798-54-6180)
    責任者:今井 嘉一
    ○ウェブサイトURL:
    (https://www.kwansei.ac.jp/c_language/event/2018/event_20180930_011702.html )
    ○研修・セミナー用のe-mailアドレス:
    (lc_seminar@kwansei.ac.jp)
    ※第二部のワークショップのみ先着50名で申込みを受け付けいたします。(定員外でも見学は可能です)申込詳細につきましては、案内Webサイトをご参照ください。

詳細を見る

全国の学会・セミナー情報を募集中

全国の先生方に利用していただくため、英語教育に関する「研究会」「セミナー」などの情報をお寄せください。英検ウェブサイトに掲載させていただきます。

各県、地域の英語教育団体が行う研究会、セミナーなどの活動で、原則として営利を目的としないものに限り、募集しています。

毎回、大変多くの情報が寄せられており、掲載ができないこともありますので、あらかじめご了承願います。

  • 投稿を頂いてから掲載まで、1週間ほどお時間を頂きます。
  • 「主催団体名」「お問い合わせ先」は必ず明記してくださるようお願いします。
  • スペースに制限がございますので、掲載内容はできるだけ短くまとめてお送りください。

掲載内容

「主催団体名」「研究会などの名称」「日時」「会場」「内容」「講師」「参加費」「お問い合わせ先(電話番号、FAX番号、Eメール アドレス、ご担当者名など)」(上記、掲載内容をご参考ください)

申込方法

下記の投稿フォームより原稿をお送りください。
※セミナー参加希望の方は、各セミナー情報の「詳細を見る」よりお申し込みください。

投稿フォーム

過去に実施の研修・セミナーをレポートでご報告

研修・セミナーへご参加いただけなかった方のために、ご参加いただいた方へ振り返りとまとめのために、過去の学会・セミナーをレポートでご報告します。教育の現場でご活用ください。